HG ガンダムスローネ ツヴァイのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ガンダムスローネ ツヴァイのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はGNバスターソードで斬りかかるスローネツヴァイの姿が掲載。劇中ではAEUの軍事基地襲撃のワンシーンですね。燃え盛る格納庫内で、兵士に『悪魔だ・・・・』と言わしめる場面が印象的。

パッケージサイズは一般的なHGよりも1cm程度横広で、高さも0.5cm程度大きいタイプ。HGガンダムスローネアインとは同じ大きさです。

横絵はツヴァイの各部ギミックやGNバスターソード、GNハンドガンなどが掲載。反対側はツヴァイのスペックやミハエル・トリニティの詳細など。ミハエルはスローネ兄弟の中でも一番タチが悪い感じもありますが、サーシェスにサクッとやられてしまったのはちょっと切ないかも。中の人がアルの人ですしね;

開封。なんかアインよりもボリュームが少ない感。

全部で4袋分のランナーです。

説明書はパケ絵と同シーンではありますが、少し違った形のポーズになっています。強襲ではありますが国連軍のジンクスにやられたり、サーシェスに命を奪われたり散々な結果になったトリニティ兄弟。ストーリー上、噛ませ犬的な存在でしたが、変革が進んだという意味では重要な役回りだったんでしょうね。まぁいろいろと悪いこともやっちゃってるので;

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。スローネ本体は特徴的な形状ではありますが、適度に合わせ目がモールド化されていたりして良いと思います。ただ、やっぱりサイドスカートの構造はもったいないなと。もう少しパーツでの色分けも出来たように思います。リメイクなどはほぼありえないと思うので、結局これが決定版となりそう。

カラーガイドはスローネアインと同様に色種が多めです。細かい部分に塗装が必要なので、マスキングだと手を焼きそう。サイドスカートなどは筆塗りだとムラっけが出るので、大まかな部分はマスキング塗装、細かいダクト類は筆塗りと分けるときれいに仕上がりそうです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ホワイト、ライトブラウン、クリアー、イエローのイロプラランナーで、胸部や脚部の関節、内外パーツや腕部の外装パーツなど。スローネアインからの流用ですが、上部のアンテナがアイン用からツヴァイ用に変更され、右下の大腿部マウントパーツが省かれています。

↑Bランナー。オレンジ成型色で、胴体部や腕部、脚部外装パーツ類。スローネアインと全く同じです。

↑Cランナー。ライトブラウン成型色で、脚部や腕部などの各部パーツ。関節類のパーツばかりなので、強度が必要なABS樹脂素材になっています。スローネアインに比べてGNビームライフルパーツが省かれています。

 

↑Gランナー。ホワイト成型色で、頭部やサイドスカート、GNハンドガン、GNバスターライフルなど。以下、ツヴァイ用の各部、武装用新規パーツ類です。

↑Hランナー。オレンジ成型色で、サイドスカートやGNハンドガンパーツ、頭部パーツ。

↑Iランナー。ライトブラウン成型色で、頭部やスローネアインとの連結パーツ、GNバスターソードパーツなど。

↑ポリキャップ(PC-123プラス)、リード線(エネルギーケーブル用)、ホイルシールです。

以上です。スローネツヴァイとは関係ないですが、先日新しいモニターが届きました。ただ、どうも解像度などが合わず、アイコンや文字が荒いんですよね;パソコンのスペックが追いついていないのか配線の問題か・・・。画像編集時、きれいな画像での確認が出来ないので、見栄えの悪い見苦しい画像になってしまうかもしれませんがご了承くださいm(_ _)m

まぁWindows7も2020年1月でサポート終了なので、OSの変更も兼ねてパソコンも新設するかな~といったところです。Windows7をお使いの方はOSの更新等にご注意を。それと、モニターはPCの性能とよく相談してから購入しましょうね。あ~出費がががっ・・・・_| ̄|◯

⇒楽天でHG ガンダムスローネ ツヴァイを探す
⇒駿河屋でHG ガンダムスローネ ツヴァイを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ガンダムスローネ ツヴァイを探す

コメントを残す