HG ガズ R/Lのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ガズ R/Lのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はガズRとガズLの2体が掲載。背景は最終決戦時、グレミー軍のクインマンサやドーベン・ウルフ、量産型キュベレイと交戦しているシーンと思われます。2体セットなので、パッケージにも2機セットと記載されています。

パッケージサイズはHGとしてはなかなかのビッグサイズ。一般的なHGパッケージに比べ、縦横も少し大きく、高さはちょうど2倍のサイズになっています。

開封。この箱いっぱいにランナーが入っています。ですが同じ造形(左右対称)のキットが2体入っているだけなので、同じランナーが複数同梱された比較的単純な構成になっています。

全部で9袋分のランナー。

説明書はガズR/L専用の白黒ペラ説明書+HGUCガルバルディβの説明書です。今回はガズR/L専用の説明書のみご紹介しますので、HGUCガルバルディβの説明書はHGUCガルバルディβのパッケージ・ランナーレビューをご参考くださいm(_ _)m ⇒HGUCガルバルディβのパッケージ・ランナーレビュー

以上、説明書でした。一応ガズRとガズLで色が違いますが、ランナーを一緒にしてしまうよりは、ガズRとガズL用のランナーは別々に分けておいたほうが分かりやすいと思います。ランナーを分けた上で、1体ずつ組んでいくのがいいですね。それと、ガズRが青、ガズLが赤というのは把握しておかないと、間違えて組んでしまうこともあるので注意です。

説明書は一部に記載の誤りがあるので、修正箇所が記載された用紙が同梱されています。

カラーガイドはシルバーがそのまま使用され、ブルーとレッドも細かく調色されています。シルバーはメッキ調は合わない気がしますが、シルバー塗料は各社塗料メーカーの種類が豊富なので、一味違ったシルバーを試して見るのもいいかもですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1ランナー。ブルー(レッド)、シルバー、ダークグレーのイロプラランナーです。同じ形状の色違いが1枚ずつ(合計2枚)あります。

↑A2ランナー、シルバー成型色で、脚部パーツ。腹部パーツは余剰になります。枠の一部が色分けされていますが、基本的に2枚とも同じパーツです。

↑A3ランナー。ブルーとレッドの成型色で、胸部、バックパックパーツ。各色1枚ずつ(合計2枚)あります。

↑B1ランナー。シルバー成型色で、腕部、脚部、頭部、ハイパービームサーベル柄など。同じものが2枚あります。

↑B2ランナー。シルバー成型色で、B1の一部と同じです。同じものが2枚あります。

↑C1ランナー。ダークグレー成型色で、関節や内部パーツ類。同じものが2枚あります。

↑C2ランナー。ダークグレー成型色で、C1の一部と同じです。

↑Hランナー。シルバー成型色で、ヒートランスやガズR/L用の肩アーマー、頭部パーツといった新規パーツ類。同じものが2枚あります。

↑SB-13、SB-20、ポリキャップ(PC-002)です。それぞれ同じものが2枚ずつあります。SB-13、SB-20共にクリアーイエロー成型色で、サーベル刃、ハイパービームサーベル刃。

↑水転写デカールとホイルシールです。

以上です。2機とも護衛任務を果たすべく、身を挺してキャラ・スーンを守って散っていきます。最終的にはキャラも量産型キュベレイの物量に屈しますが、この3機はとても存在感のある機体だったと思います。このような懐かしい機体が徐々に補完されていくのは嬉しいですし、過去の作品を見返すきっかけにもなりますね。

ガズR/Lはキット化されたので、後はもちろんキャラ・スーンのゲーマルク。ファンネル等を装備し、ファミコンやスーファミのSDガンダムシリーズでも重宝した思い出がある機体をぜひキット化してもらい、劇中の印象深いシーンも再現したいですね。

icon

⇒楽天でHG ガズ R/Lを探す
⇒駿河屋でHG ガズ R/Lを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ガズ R/Lを探す

コメントを残す