HG エルフ・ブルック(マスク専用機)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/44 エルフ・ブルック(マスク専用機)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は各部からビームを乱射するエルフ・ブルック(マスク専用機)の姿が掲載。四方に量産機も掲載されていますが、劇中シーンのイメージっぽいですね。これだけ各部からビームが放出できればある意味最強のような気もしますが、モンテーロはサーベルを回転させて防いだんですよね、確か。G-セルフもどこかで回転させてましたし、富野監督はサーベルを回転させるのが好きですね;

パッケージサイズは一般的なHGよりも1cm程度高さがあります。縦横は同じ。そんなに武装類が多いキットではないですが、大きめの台座が付属している分、ボリュームアップしています。

横絵は片側が一通りのギミックで、反対は機体やパイロット、ストーリーについての簡単な記載がされています。マスク大尉は髪型を崩すことはあっても、素顔は最後まで明らかにされませんでした。劇場版ではどうなんでしょう。

開封。包装ビニールは一番上こそ白化気味ですが、他はきれいなクリアーでした。(新品です。)

全部で5袋分のランナー。

説明書はGレコのフォーマット。表紙はパケ絵イラストがデカく描かれたものです。特殊な形状で好みが分かれそうなところですが、個人的には割と好きかも。AGE系の敵MS(UE:アンノウン・エネミー)はちょっとデザインが受け入れ難いところもありますが、こちらは問題ないですね。(AGEファンの方、申し訳ないですm(_ _)m)

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。特別難しいところはないですが、あえて上げるなら頭部やエアインテークなどはパーツが小さいので少し注意が必要です。シールもビーム砲が小さいので、貼るのが難しいかも。特徴的な構造ではありますが、そんなに難しいという印象もなかったです。

カラーガイドは特別変わった塗料も無いですし、他のキットでも使用頻度が高いものが並んでいるので、手持ちの塗料で一通り揃うくらいですね。セールカラーも普通に入手が可能です。高品質なカーボン素材っぽいカラーリングなところが好みです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ホワイト成型色で、脚部や肩部、胸部パーツ類。

↑Bランナー。ホワイト成型色で、腕部や脚部パーツ。同じものが2枚あります。

↑C1ランナー。ブラウン成型色で、胴体部や関節、ハンドパーツ、変形用パーツなど。

↑C2、D、Eランナー。C2はC1の一部と同じ。Dはオレンジ成型色で、頭部や胸部パーツなど。Eはクリアーオレンジ成型色で、ビームサーベルパーツ。

↑Fランナー。ブラック成型色で、長距離航続用ブースターや頭部、台座パーツ。

↑BA2ランナー。ブラック成型色で、台座用パーツです。

↑ポリキャップ(PC-002)、ホイルシールです。

以上です。Gレコでも割と序盤に登場した機体ですが、それでもかなり迫力のあるシーンが演出されていましたし、映像美はすごかったです。富野節がなければBSじゃなくても全然いけるくらいだったような気もしますが。

エルフ・ブルックとの交戦シーンではG-セルフがトリッキーパックを装備していましたが、トリッキーパックや高トルクパックなどまだキット化されていないものもあるので、劇場版の公開に合わせてキット化されるといいですね。(まだキット化されていないのは、劇場版の公開を見越してのこと・・・?)

⇒楽天でHG エルフ・ブルック(マスク専用機)を探す
⇒駿河屋でHG エルフ・ブルック(マスク専用機)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG エルフ・ブルック(マスク専用機)を探す

コメントを残す