HG ウィンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ウィンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はジェットストライカーを装備して飛来する無数のウインダムが掲載。劇中、インド洋攻防戦やクレタ沖挟撃戦では多数のウインダムが登場しましたが、ほぼインパルスやフリーダムに撃破されるシーンのみという活躍シーンに乏しいものでした。活躍シーンと言えば、連携してインパルスを追い込んだときくらいかと。ネオ機は活躍してますね。

パッケージサイズは一般的なHGよりも0.5cm程度薄型。

横絵。黒背景はウインダムが映えますね。記載内容はアクションポーズ、武装各種、ジェットストライカーの詳細に加え、Fine Buildについてなど。近年、劇中に多数登場する量産型機はFine Buildの構造が採用されるようになりました。中には大量に組んで物量を楽しむファンもいるので、組み立てがラクなのは嬉しい要素かと。

開封。

全部で3袋分のランナーです。

説明書はA5サイズの小型説明書。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。全体的な構造は通常のHGとそんなに変わらないですが、肘や膝はパーツ数が少なめで簡略化された構造になっています。ただ、Fine Buildと言ってもマグアナックデスアーミーとは少し構造が異なり、HGACリーオーと同じタイプになります。このウィンダムは割と関節が硬そうではあるんですが、リーオーは関節がゆるゆるになったので、一応、経年劣化には注意が必要です。

カラーガイドはなかなか複雑な調色が記載されています。量産機なのにカラーリングには妥協がないですね;塗装に関しては、ウィンダム本体はパーツで色分けされているため塗装はしやすいと思いますが、ジェットストライカーは翼やMk1323無誘導ロケット弾ポッドと空対地ミサイル「ドラッヘASM」の色分けが不十分なので細かい作業が必要そうです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ブルー、ライトグレー、ブルーグリーン、イエローのイロプラランナーで、頭部や胴体部、肩部、ソール部、A52攻盾タイプE、ジェットストライカーパーツなど様々。

↑B1ランナー。ホワイト成型色で、頭部や胴体部、腕部、脚部、A52攻盾タイプEなどの各部外装パーツ。

↑C1ランナー。グレー成型色で、胴体内部や各部関節、足裏パーツ、M9409Lビームライフルパーツなど。

↑B2はB1の一部、C1はC2の一部と同じです。

↑ポリキャップ(PC-.002)、SB-13(クリアーピンクのサーベル刃)、ホイルシールです。ランナーは全体的に少なめ。

以上です。ネオ機はそのままカラバリで済みそうですが、もしニュートロンスタンピーダーで撃破された核攻撃部隊がキット化されるなら、核ミサイル搭載マルチランチャーパックが別途新造されそうです。ウィンダムが完成度の高いキットなので、HGBD:Rのエルドラウィンダムが近日中にプレバンで予約開始予定など、このキットからどこまでバリエーション機が登場するか楽しみですね。

⇒楽天でHG ウインダムを探す
⇒駿河屋でHG ウインダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ウインダムを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す