HG イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は隕石群の中でパルチザンを振り下ろすイオフレーム獅電(テイワズ所属機)の姿が掲載されています。このポージングはなかなかアクション性が高くでカッコいいので好きですね。かなりイラストっぽいですが、おそらく塗装済みキットを使った合成ではないかと。ちょっとイラストか合成かわからないレベルですね。まぁ何れにせよ、カッコよければ問題なしです。

箱のサイズは一般的なHGよりも薄型。HGイオフレーム獅電の箱(一般HGの箱と同じ大きさ)よりも薄型です。なぜかランナー枚数も形状も同じなのに、テイワズ所属機のほうが小さくなっているんですよね。ってことは、バンダイさんはHGイオフレーム獅電を発売したあとに、「もっと小さい箱でも入ったな・・・」って思ったんでしょうね;

では開封。箱のサイズが小さくなってもなお、スカスカ感があります。小さくまとまっている感じ。

全部で2袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。説明書は通常のHGイオフレーム獅電説明書に加え、テイワズ機用の白黒ペラ説明書が付属しています。ペラ説明書はシールとカラーガイドという簡単な記載のみです。裏面も真っ白。HGイオフレーム獅電の説明書に関しては以前ご紹介したHGイオフレーム獅電のパッケージ・ランナーレビューを御覧ください。⇒HGイオフレーム獅電のパッケージ・ランナーレビュー

カラーガイドはちょっとわかりにくい記述のような気がします。パルチザンなどはカラーガイドでは思いっきりグレーになっていますが、成形色はブルーです。ブルーで塗装するのか、グレーの違った色で塗ってしまうのか、ちょっとわかりにくいですね。

おそらくガイドの『本体等ブルー部』が胸部などの濃いブルーで、『本体等ライトパープル部』が全体のライトブルーの部分なのではないかと思います。すみれ色が使ってあるのは、爽やかさと凛とした感じが出るのでいいかもですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ダークパープルのランナーで、イオ・フレーム用パーツ類。

↑Bランナー。ライトブルーのランナーで、外装パーツ類。

↑Cランナー。ダークパープルのランナーで、一部外装や武装類。

↑Dランナー、ポリキャップ(PC-002)、ホイルシールです。Dランナーはブルーで胸部やパルチザン、脚部パーツなど。

以上、パッケージ・ランナーレビューでした。説明書は流用ですし、ランナーも少ないのでレビューとしてはかなり仕事量の少ないものでした^_^; ですがキット自体はなかなかいい色でいいものになっているので、価格もお求めやすいですし、入手して満足できるキットだと思いますよ。

icon

⇒楽天でHG イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)を探す
⇒駿河屋でHG イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)を探す

コメントを残す