HG ガンダムアストレイ レッドフレームのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/44 ガンダムアストレイ レッドフレームのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はガーベラストレートを構えるアストレイレッドフレームの姿が掲載。背景は真っ黒なHG SEED仕様です。残像の赤は何が描かれているのかはちょっとわからないですね;ちなみに日本刀などを両手持ちする場合は、基本左手が下、右手が上というふうに握るようになります。

パッケージサイズは一般的なHGとほぼ同じ。

横絵はアストレイレッドフレームが武装したポーズが一通り掲載。現代のパケ絵からすると地味ですね。その他ロウ・ギュールの詳細やラインナップも掲載されています。ラインナップに掲載されているのはアズラエル財団傘下の国防連合企業体製造MSの3機。カラミティガンダムに搭乗しているのもオルガですね。同じ名前でもずいぶんと立場が違いますな;

開封。ヤフオクで中古で入手したものなので、ビニールは開封済みでした。しかもサーベル刃が端折られているというなんとも・・・_| ̄|◯

説明書表紙は上下ともガーベラストレートを抜刀、構えたアストレイレッドフレームの塗装済みキットが掲載。

戦場では日本刀(打刀)はほとんど使われていないようで、主に殺傷性の高い弓や槍が使われていたそう。そう言えば時代劇のいくさのシーンでも刀ってあまり使われていない印象がありますね。最後に一番えらい人がトドメを指すときに使うのは見るけど;刀はその家々での受け継がれた歴史や美しさなどを思いながら鑑賞するというのが一つの使いみちかと。(諸説あります。)構える姿はかっこいいんですけどね。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。HG SEEDの中でも比較的初期のものなので、四肢が合わせ目の出る簡単な構造だったり、組み立てはそれほど複雑なものでもなく時間を欠けずに完成させられます。今のキットに比べると完成度という部分では劣りますが、強度が高いというのが強みかな?

カラーガイドは半ページを丸々使っての掲載です。赤はイエローが混ざった少し明るめの赤。細かい塗り分け箇所が多く、マスキング塗装は鬼作業になるので、エナメル塗料などでサクッと筆塗りしたほうが良さそうです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ホワイト、レッド、グレー、クリアーピンクのイロプラランナーで、各部外装やシールドパーツなど。ご覧の通り、サーベル刃が端折られています;もし完全なものを参考にしたい場合は、申し訳ないですがブルーフレームのレビューをご参考くださいm(_ _)m

↑Bランナー。レッド成型色で、各部のフレームパーツ類。ほぼアンダーゲート仕様になっています。ゲートの切り忘れにはご注意を。

↑C、D1、D2ランナー。Cはダークグレー成型色で、シールドやビームライフル、ソール部、胸部など各部パーツ。D1はメッキシルバー加工が施されたガーベラストレート刀部パーツ。D2はホワイト成型色で、ガーベラストレートの鞘部パーツ。

↑ポリキャップ(PC-123プラス)、マーキングシール、ホイルシールです。

以上です。HGでは2013年にリメイク版がキット化されていますが、それを流用したアストレイ系キットはやや滞り気味。MGはターンレッドやレッドドラゴンなど、ハイレゾではノワールなどがキット化されています。

このアストレイ系は海外でも人気ということもあって、高額高品質なシリーズが優先されているようですね。なのでHGはそれほど優先されてはない感じ。ハイレゾだとレッドドラゴンなどのキット化も予想できますが、HGでキット化されれば、取り扱いがしやすくていいんですけどね。

あと、パソコンのモニターが電源がつかず、逝ってしまったので、新しいものを購入することに。ちょうどアマゾンプライムのセールがあったので、それなりに安く入手できて良かったです;その間作業ができませんでしたが、なんとか乗り切れて一安心でした。

⇒楽天でHG ガンダムアストレイ レッドフレームを探す
⇒駿河屋でHG ガンダムアストレイ レッドフレームを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ガンダムアストレイ レッドフレームを探す

コメントを残す