HGモビルアーマー ハシュマルのパッケージ・ランナーのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 モビルアーマー ハシュマルのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!

HG 1/144 モビルアーマー ハシュマルの箱絵とランナー各種、説明書等のレビューをご紹介していきます。

では箱絵からどうぞ。

1

パッケージは本編同様の、火星でのバトルシーンが掲載されています。大量のプルーマと超硬ワイヤーブレードなどによるハシュマルの攻撃と、それに新型太刀を持って対抗するバルバトスルプスも掲載。(HGモビルアーマーハシュマルに付属するプルーマは1機のみです。)

2

パッケージの形は正方形に近い形。厚みこそ通常のHGパッケージと同じですが、2倍ほどの大きさがあります。3

横絵はHGモビルアーマーハシュマルのアクションやギミック、プルーマのディテールなどが掲載。反対側はHGガンダムバルバトスルプス用の新型太刀付属や他のHG鉄血のオルフェンズシリーズキットとの組み合わせなどが紹介されています。

4

箱の中はある程度ゆとりがある感じ。ぎっしりというわけではないですね。もう1、2枚くらいランナーが入りそう。

5

全部で4袋分のランナーです。大きめのパーツが多く、組み立ても簡単そう。パーツが色分けされていない箇所がおおいので、シールもそれなりの分量です。HGなので致し方なしかと。

6

ではここから説明書のご紹介です。説明書は他のHG鉄血のオルフェンズシリーズのようなペライチではなく、ブックレット仕様。表面は通常通り、モビルアーマーハシュマルと随伴機のプルーマの詳細が記載されています。パイロット不要のモビルアーマーなので、パイロットの詳細はありません。

では説明書を一通りどうぞ。

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

以上、説明書のご紹介でした。説明書の中身は全て組立工程で、説明書の裏側にのみキットの詳細とカラーガイドが掲載されています。

組み立てに関してはHGなのでだいぶカンタンになっています。ただし、色分けされていない箇所も多いので、キレイに塗装して仕上げたい場合は合わせ目消しやマスキング塗装などに少し手間がかかると。

ではここから各ランナーをご紹介していきます。

17

↑Aランナー。ピンクのクリアーパーツと白のランナーです。ハシュマルの外装パーツとビームエフェクトがあります。

18

↑Bランナー。白のランナーです。肩部アーマーのパーツのみです。

19

↑Cランナー。白のランナーです。ハシュマルの腕部や胴体のアーマーがあります。

20

↑Dランナー。グレーのランナーです。ハシュマルの内部パーツや台座パーツ、付属の新型太刀などがあります。

21

↑Eランナー。ライトブラウンのような色のランナーです。肩アーマー内部や一部外装パーツなどがあるランナーです。

22

↑Fランナー。ピンク色のランナー。外装の一部パーツが並びます。

23

↑Gランナー。ダークブルーのランナーです。全てプルーマのパーツです。分解されたパーツを見るだけでも『気持ちわるっw( ̄▽ ̄;)w』って思ってしまいます(笑)

24

↑Oランナー。ブラックの台座ランナーです。MGサイコザクVer.kaなどに使われています。印字は違いますが、HGのGNアームズにも同じものが使われていますね。

25

リード線とホイルシールです。リード線は一度型がつくときれいなまっすぐには戻りにくいので、曲線でポージングやディスプレイさせておいたほうが見た目的には本物っぽくていいかもです。

以上です。お値段がそこそこするので、もう少ししっかりと作り込んであってもいいような気もしますが、プルーマやリード線などを加えるとこんなもんなのかなーという気もします。こういった少し大型のキットは、鉄血のオルフェンズ第1期では長距離輸送ブースターのクタン参型がありましたが、このハシュマルもそういった扱いなのかなと言う感じ。ストーリーではクタン参型よりも露出度は高いハシュマルですが、最後まで登場するのはちょっと考えにくいですね。

これまでのガンダムシリーズに登場したクインマンサやα・アジールほどラスボス的な存在ではないかもしれませんが、劇中であったガンダムフラウロスやレギンレイズ、バルバトスルプス、イオフレーム紫電などと複数のバトルシーンを再現するとよりハシュマルの良さが際立つかもしれませんね。

⇒楽天でHGモビルアーマーハシュマルを探す
⇒駿河屋でHGモビルアーマーハシュマルを探す

コメントを残す