HGムーンガンダム連動ロング・ライフル(ガンダムエース2018年11月号付録) レビュー

今回は、HGムーンガンダム連動ロング・ライフル(ガンダムエース2018年11月号付録)のレビューをご紹介します!

HGムーンガンダム連動ロング・ライフルは、月刊ガンダムエース2018年11月号限定ガンプラ付録です。HGUCムーンガンダムやRGサザビーに装備させることで、射撃ポーズや『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』イメージボードのシーンなどが再現可能。MGサザビーVer.Kaには標準で付属していたロング・ライフルですが、HGサイズはガンダムエースの付録としてアイテム化されています。

ロング・ライフルは複数パーツの組み合わせで構成され、HGサイズとしてはまずまずな出来になっています。モールドも標準的なボリューム。メインのロング・ライフルに加え、2種のハンドパーツが付属しています。

成型色はグレー単色。本体部分は左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができますが、上部の合わせ目は段落ちだったりモールドの一部になってわからなくなっていたりします。

上下の合わせ目を部分をアップで。

先端上部のパーツは可動式。砲口は開口してあります。ストックは伸縮可能で、押し込むとカチッと固定されるようになっています。ストックもモナカ割なので合わせ目ができます。

グリップとアーマーは可動します。砲身下部のカバーは脱着可能で、別売りのHGUCシナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)に付属するバズーカを取り付けることができます。おそらくビルダーズパーツのシステムウェポン007に付属のバズーカやRGシナンジュのバズーカも取付可能かと。(手持ちにないので確認ができず申し訳ないですm(_ _)m)

ハンドパーツ。HGUCムーンガンダムへのロング・ライフル保持に適した武器用ハンドパーツ(右)と『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』公開時のイメージボードが再現できるRGサザビー用ハンドパーツです。

HGUCムーンガンダム、RGサザビーのハンドパーツと比べて。画像上がこのロング・ライフルに付属のハンドパーツです。手甲パーツの形状やモールドは同じですが、ムーンガンダムは手甲パーツの色が異なります。サザビーのほうは成型色が少し違うのと手首が可動しますがこちらは可動しません。

HGUCムーンガンダムに保持させて。ムーンガンダムの武器ハンドパーツにはダボがなく、このロング・ライフルを持たせるとふらつきます。なので付属のハンドパーツ(ダボ付き)を使って保持させます。手甲パーツはムーンガンダムの白い手甲パーツが取付可能でした。

ストックが長いですが、脇に抱えるようにすれば苦なく保持が可能です。腕が重量に負けることもなく、浮かせた状態で保持できます。デザインに違和感はなく、相性はいいようです。(先が閉じちゃってますね;)

RGサザビーに保持させておなじみのシーンを再現。付属のハンドパーツに上部を挟み込んで保持しています。RGサザビーに付属しているハンドパーツにはダボがあるので、このような保持はできないようになっています。なのでダボなしのハンドパーツが付属しているのはありがたいところです。成型色が若干違いますがあまり気にならないですね。

RGサザビーに付属している武器持ち手でも保持が可能です。ダボがあるのでしっかりと保持が可能。

HGBDガンダムダブルオースカイに。付属のものは手甲パーツがグレーなので、ダブルオースカイのハンドパーツにそのまま差し込みました。トリガーに指をかけられませんが、問題なく保持ができました。関節強度が高いので重さも気にならず。手首が少し外れやすいので注意です。(個体差がありそうです。)

HGUCゼータガンダム[U.C.0088]に。付属の武器用ハンドパーツで持たせてみました。手甲パーツの色が違うので違和感がありますが、持たせる分には問題なさそうです。ただ、あまり手首に角度がつけられないのでストックが曲がり気味になることもあります。

HGUCガルバルディβに。手首がゆるく垂れてくるので、少し保持が難しいようです。ですがデザイン的に相性は良さそうです。宇宙世紀のキットだとどれでも合いそうな気がします。

HG ジム・ガードカスタムに。意外と相性がいいようです。保持も不具合がなく、ラクにポージングできました。

ラストはムーンガンダムとサザビーで何枚かどうぞ。

以上、ロング・ライフルのレビューでした。続いてパッケージ、ランナーレビューを簡単にどうぞ。

パケ絵は紫でロング・ライフルを保持したHGUCムーンガンダムとRGサザビーが掲載されています。箱はガンダムエース付録おなじみのダンボールパッケージ。試作型ロングレンジビーム・ライフル(ガンダムエース2018年6月号付録)に比べると小さめになっています。

裏面もムーンガンダムとサザビーです。ハンドパーツの紹介などが掲載。

開封。ランナー1枚のみが入っています。

ガンダムエースにはこのロング・ライフルをより良く見せるための楽しみ方や別のページには各キットに保持させた画像が掲載されています。いろいろと参考になるかと思います。

説明書も見開き1ページで掲載されています。説明書がなくても組み立てはできそうです。バズーカの取り付け方法も掲載されています。

Aランナーとして入っています。『HG1/144ロング・ライフル』と印字。

以上です。当然ではありますが、ムーンガンダムやサザビーには最適ないい武器になっていると思います。ハンドパーツに関しては、手甲の色が違うので塗装などして塗り分ける必要があるのはちょっと残念。ですがさすがに全キットの色に合わせることはできないので難しいところではあります。

ガルバルディβなどは若干手首のサイズが大きく、ゆるくて少し垂れたりすることもありましたが、だいたい今回試したキットの中ではどれでも保持が可能だったので、融通性は高そうです。

大型の武器なので装備させると派手めのポーズが楽しめますし、守備的なジム・ガードカスタムなども一気に攻撃機としての存在感が出てきます。そしてなんと言っても、専用の武器なのでRGサザビーにはとても良く似合います。なのでぜひ入手して組み合わせて楽しみたい一品ですね。

⇒楽天でガンダムエース 2018年11月号を探す
⇒駿河屋でガンダムエース 2018年11月号を探す
⇒ヤフーショッピングでガンダムエース 2018年11月号を探す

コメントを残す