HGブグ(ランバ・ラル機)のパッケージ・ランナーのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 ブグ(ランバ・ラル機)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!

HG 1/144 ブグ(ランバ・ラル機)の箱絵とランナー各種、説明書等のレビューをご紹介していきます。

では箱絵からどうぞ。

1

本編をまだ見ていないのでわからないですが、パッケージのイラストは機動戦士ガンダムTHE ORIGIN第4話の月面スミス海の戦闘シーンかな?黒い3連星とシャアのザクⅠがブグと共に掲載されています。

2

横絵は機動戦士ガンダムTHE ORIGIN第4話『運命の前夜』の内容やブグ、ランバ・ラルに関する情報が掲載されています。反対側はHGブグのギミックやアクションポーズなどが掲載されています。

3

箱のサイズは一般的なHGシリーズと同じ大きさ。

4

箱の中にはランナーがぎっしり入っています。

5

4袋分のランナー。まずまずのパーツ数です。

6

では説明書を見ていきます。表紙はパッケージイラストと同じような感じですが、後ろの期待の配置が中央寄りになっています。別に説明書用として書き起こされたっぽいですね。

ではササッと説明書をどうぞ。

7

8

9

10

以上、説明書のご紹介でした。全体的にはオリジン版のキットと組立工程やパーツ形状は同じ。全体的に比較的合わせ目が出ないようなパーツ構成になっています。

ではランナーを見ていきます。

11

↑Aランナー。色分けされたランナーです。ほぼ青と黒のパーツなので、このランナーもその2色で構成されたものです。脚部や胸部など、ブグ専用のパーツ類が並んでいます。ランナーには特に機体名の印字はなく、『MS-04』と記載されています。

12

↑B1、B2のランナーです。ブルーのランナー。ブグの外装パーツ類が集約されています。

13

↑Cランナーです。グレーのランナー。シールドや頭部、腕部のパーツ類です。

14

↑D1、D2ランナーです。グレーのランナー。腕部、脚部などの内部パーツ類が集約されています。オリジン版のザク系キットに流用されているランナーです。

15

↑Fランナー。グレーのランナーです。マニピュレーターやヒート・ホークなどが集められています。こちらもオリジン版のザク系キットに流用されているランナー。

16

↑G2ランナー。グレーのランナーです。マシンガン用のランナーです。他のキットにも流用できるよう、個別化されています。

17

ポリキャップとマーキングシールです。ポリキャップも他のオリジン版ザク系キットに使われているものと同じです。

以上です。組み立てに関してはオリジン版のザク系キットを組み立てたことがあればかなり馴染みのある感じだと思います。製造でも外装だけブグの形を再現されている程度のものなので、それが反映されたような組立工程。

関節はしっかりとしていますし組み立てもし易いですが、同じHGでも鉄血のオルフェンズシリーズと比べると比較的対象年齢が上かなって感じの、少しだけ複雑な組立工程になっています。機動戦士ガンダムTHE ORIGINファンが1stガンダム世代が多いということもあり、物足りなく感じさせない作りにしてあるのかもしれません。

なので、組ごたえもありつつ組みやすい、ガンプラ玄人が満足できるような仕上がりや完成度を持ったキットになっていると思いました。

⇒楽天でHGブグ(ランバ・ラル機)を探す
⇒駿河屋でHGブグ(ランバ・ラル機)を探す


2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2016年12月8日 at 12:51 - 返信

    ブグ・・・って言うんだ知らなかった

    • nori

      on 2016年12月9日 at 03:16 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ヴァッフ、ブグ、ザク、グフ、ドム、濁点をつけつつ既存の機体の試作機っぽい名前が付けられていて、なかなか分かりやすいですし覚えやすいです♪
      ひょっとしたら、ランバ・ラル機ということで、グフをひっくり返してもじっただけなのかもしれません(笑)

コメントを残す