HGブグ(ランバ・ラル機)のレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 ブグ(ランバ・ラル機)のレビューをご紹介します!

hakoe_w800

HGブグ(ランバ・ラル機)は、機動戦士ガンダム THE ORIGIN 第4話に登場するモビルスーツ『ブグ(ランバ・ラル機)』の1/144スケールモデルキットです。ブグ(ランバ・ラル機)はジオニック社試作機のヴァッフ後継機として開発された、高い運動性能を持つ機体です。生産コストが高いため量産化されませんでした。HGブグ(ランバ・ラル機)の発売日は2016年12月3日。価格は1,836円(税込み)です。

1

ヴァッフよりも軽量化され、よりザクに近いディテールに進化しています。ザクと比べると肩部のディテールや首周りの動力パイプが特徴的。ランバ・ラル専用機ということで青色のカラーリングになっています。

2

接地面が広く、直立はかなり安定しています。関節もポリキャップ仕様なのでしっかりとしていてポロリ箇所もありません。

3

ザクに似た機体ですが左右対称の形状です。肩にシールドは無く、装甲のみの仕様です。

4

5

頭部。ヴァッフと似ていますが口元には排気口のようなダクト型ディテールとゲルググのようなとさか、そして隊長機特有のツノが再現されています。ところどころに細かいモールドがあり、リアルなディテールが楽しめます。

6

首を動かすと、動きに合わせてモノアイが左右に可動するようになっています。

7

バストアップ。胸部からバックパックに伸びる動力パイプが特徴的。本編では、動力パイプを外に配置することで関節駆動が向上し、運動性能を向上させたとのこと。ショルダーアーマーにあるはしごのようなディテールも試作品感があって面白いです。

8

腹部。どことなくグフのような見た目も持つのが特徴的。ランバ・ラルの好みなどが反映されているのでしょうか。胸部、腰部にも細かいモールドが追加されていて、塗装するとよりリアルなキットが再現できそうです。

9

腕部。こちらも細かいモールドが入っています。各パーツの組み合わせによって合わせ目が出ないようになっています。前腕の表面に合わせ目がありますが、凹みディテールでわからなくなっています。

10

脚部。ヴァッフと比べて軽量化された印象。こちらも動力パイプが外に露出していて、ザクに似た感じがあります。膝下の一部ディテールがパーツによって色分けされています。脚部も合わせ目がでないような組み合わせになっています。

11

足首から下の部分。ヴァッフやザクなど、この時期の機体によく見られる楕円形状です。足裏には細かいモールドがあり、肉抜き穴もありません。こちらも合わせ目が出ないような組み合わせになっています。

12

HGガンダムバルバトス、HGユニコーンガンダムデストロイモードと。HGの中では比較的小柄の部類に入ると思います。

13

首の可動は狭めです。多少上下する程度。

14

首周りの動力パイプの影響により、左右への首振りも低範囲です。

15

胸部に一部、わずかながらも展開収縮するギミックがあります。

16

ショルダーアーマーや首周りの動力パイプの影響により、45度程度しか腕部を上げることが出来ません。

17

肘の可動はまずまず。外装アーマーがそれほど影響すること無く可動してくれます。

18

腹部の前後可動はまずまずかと。

19

腰の回転は、動力パイプなど情報量の多い腰部周りの影響でほとんど可動出来ません。

20

股関節に設置箇所はなく、付属のアタッチメントを使用してアクションベースに固定させます。

21

アタッチメントが差し込みタイプではないので、差し込みタイプと比べると不安定さがあります。ディスプレイしているだけだと問題ないですが、アクションポーズのために動かしたりするとはずれることもあります。

22

前後への開脚もまずまず。腰部フロントアーマーは左右が独立して可動し、水平まで移動します。このため脚部の開脚に干渉せず、脚部をしっかりと可動させることが出来ます。膝曲げも外装パーツがそこまで干渉しないのでまずまず動いてくれます。

23

足首の前後への可動はそこまで広くはありません。脚部のアーマーが干渉するので微量の可動範囲となります。

24

内股がに股はどちらも180度可動。ただし、股関節のシャフトが半分程度抜けた状態でのスタイリングです。股関節シャフトに脚部をしっかりと差し込んでいると、太もものアーマーが干渉してここまで展開させることはできないかもです。

25

腰部サイドアーマーが干渉するので脚部の横への開脚はかなり狭めです。片側45度程度。

26

足首の左右への可動も脚部アーマーが干渉するのでこの程度。

27

立膝はかなりしっかりとしていていいですね。

28

バックパックには胸部や腰部から動力パイプが伸びています。スラスターはボールジョイント型のポリキャップにより、少し角度をつけることが出来ます。

29

武器類はMS用マシンガン、シールド、ヒート・ホーク×2が付属します。その他、マシンガン用持ち手、平手、シールド用アタッチメントなども付属。

30

余剰パーツも多数あります。頭部を組み替えると隊長機ではないブグも再現可能です。

31

MS用マシンガン。全体的に最中割ですが、合わせ目はあまり見えにくい組み合わせにしてあります。サブグリップや先端は別パーツ。

32

サブグリップは展開可能です。

33

専用の持ち手でMS用マシンガンを保持させることが出来ます。

34

サブグリップを掴むことで両手持ちも可能。スムーズに保持させることが出来ました。

35

シールドには細かいモールドが再現されていて、リアルな印象。

36

専用のアタッチメントを使用して腕部に固定、保持させます。

37

38

39

ヒート・ホークは展開型と収納型の2サイズが用意されています。

40

41

ヒート・ホークは通常のマニピュレーターに差し込んで保持させることが出来ます。

42

収納型は腰部にマウントさせることが出来ます。説明書では縦にマウントさせるようになっていましたが、縦にマウントさせようとするとすぐに外れてしまいました。なので、横にマウントして撮影しています。

42_2

説明書に記載はありませんが、リアアーマーにもヒート・ホーク(収納型)をマウントさせることが出来ました。上下どちらの穴にもマウント可能でした。

では適当に何枚かどうぞ。

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

以上です。全体的にそこまで可動範囲が広いわけではないので、激しいポージングやアクションシーンの再現には少し不向きですね。このあたりは試作機として、あえて範囲を狭めているというのもあるかもしれません。ですがその動きの不十分さが逆に試作機としての風格を出していると思います。

可動範囲が狭い分、モノアイや胸部など、所々に細かいギミックがありますし、各部にモールドも多く、ディテールもしっかりしているのでリアルさもあります。合わせ目もほぼ目立たないので、素組みでも十分楽しめるキットになっています。ランバ・ラルファンにはたまらないキットの1つですね。

⇒楽天でHGブグ(ランバ・ラル機)を探す
⇒駿河屋でHGブグ(ランバ・ラル機)を探す


コメントを残す