HGガンダムバルバトスルプスのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 ガンダムバルバトスルプスのレビューをご紹介します!

hakoe_w800

ガンダムバルバトスルプスは、機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第2期に登場するモビルスーツです。パイロットは三日月・オーガス。ガンダムバルバトスがテイワズからオーバーホールを受け一新されました。HGガンダムバルバトスルプスはシリーズ史上最高峰のMS再現度を実現しているキットです。発売日は2016年10月1日。価格は1,080円です。

1

トリコロールカラーでまとめられたガンダムバルバトスルプスです。全体的に鋭利なデザインで、ガンダムバルバトスと比べて気品のあるデザインに変化しました。ガンダムフレームは『ガンダムフレーム4』を使用。これはガンダムバルバトス第6形態と同じものです。

2

第6形態のようなハイヒール脚部はそのまま採用され、肩部の甲冑や腰部ブースターユニットなど、ガンダムバルバトスの面影を少し残すものになっています。

3

肩部の甲冑を外した状態。ガンダムバルバトス最終決戦仕様のようなスタイルも再現可能。

4

やや脚長ですが、バランスのいいスタイリングに仕上がっています。裏表共にシンメトリー。

5

左右から。こちらも左右対称です。

6

頭部とフェイスはパーツ数が増し、さらに色分け箇所が増えました。細かく分離されたことでリアリティーも増しています。細かいパーツが増えたので、組立時になくさないよう注意が必要です。

7

バストアップ。ガンダムバルバトスと比べ、脇のガードが肉厚になり、各部の細かいディティールが増えています。よりデザイン性が高まりました。胸部の青いパーツは、何度もキットをいじっているとたまにポロリするパーツです。

8

腰部。腹部のガンダムフレームシャフトは健在。腰部サイドには第6形態用のブースターユニットのような大型ユニットを装備。膝部のロゴは緑色に。

9

脚部は比較的ガンダムバルバトス第6形態に近いものになっています。脹脛のアーマーとアンクルガード、足首から下の形状が少し変化した程度。かかとと脹脛のディティールはシールによる色分けです。

10

直立は第6形態よりも安定していて倒れにくくなっています。足裏は先端に少しだけ肉抜き穴があります。

11

腕部は肘部のガンダムフレーム可動パーツが一部変更になりました。全体的に流線型のフォルムに進化。デザインセンスの高いモールドも多く追加されています。合せ目が少し気になる組み合わせです。

肩部甲冑は色分けパーツにより鉄華弾ロゴが完全再現されています。肘部には別売りのオプションセット5&鉄華弾モビルワーカーに付属する腕部200mm砲などが装備可能。

11_2

ガンダムフレームにパーツを継ぎ足し、腕部の長さを延長した形になっています。

12

ガンダムバルバトス第4形態、第6形態と。バルバトスルプスは両方をミックスさせたような形状に。

13

バックパックと肩部甲冑の形状が進化し、全体的にまとまりと華やかさを演出しています。バックパックは一部シールでの色分けとなります。

14

顎の長さが延長、襟部が強調されたため、首部の上げ下げはガンダムバルバトスと比べるとやや狭まりました。

15

この襟形状ながらも左右へは180度可動。

16

肩部甲冑があるため、腕部上げはこの程度。

17

肘は外装パーツ干渉が少ないので、90度以上は曲がります。

16_2

肩部甲冑は赤いパーツを引き出し可能。

16_3

肩パーツの引き出しにより、多少腕部の可動に柔軟性が出ています。

18

腰部はアーマー類が多く、干渉により狭い可動域に収まっています。

19

腰部サイドユニットは前後への展開が可能。横への可動はできないようになっています。ポリキャップで接続されていますが、やや組み合わせが甘いため、ポロリが比較的多い箇所でもあります。一部シールによる色分け。最中割ですが、合せ目が内側に向くような仕様になっています。

21

付属のアタッチメントをアクションベースに設置し、ガンダムバルバトスルプスを固定します。

22

アクションベースに設置するとまずまず安定しています。

23

前後への開脚は、外装パーツが大型で干渉するのでやや狭め、後方へはかなり広く可動します。膝の可動はしっかりとしたものになっています。

24

足首の可動はやや狭いです。つま先は他のHG鉄血のオルフェンズシリーズと同様にかなり広く可動します。

25

腿のパーツが大きくなり、内股は難しくなりました。がに股は180度展開可能。

30

左右への開脚は水平に可動。足首も90度角度を変えることができます。ガンダムバルバトスと比べ、脚部の柔軟性は健在。

26

腿や腰部のアーマーに柔軟性がないため、立膝は難しくなっています。

27

付属品は角度選択用握り手、肘部予備パーツ(ガンダムフレーム4に付属するもの)、バックパックアーム(左右)、ソードメイス、武器用アタッチメント☓2。

28

武器用アタッチメントにより、ソードメイスをバックパックにマウント可能。

29

ソードメイスにはそれほど重みがないので片手でも十分保持可能です。

31

バックパックを展開し、バックパック用アタッチメントを接続。

32

33

別売りのオプションセットなどに付属する滑空砲をマウントすることもできます。HGガンダムバルバトスコンプリートセットに付属している滑空砲を装備させてみました。ただし、バックパックと滑空砲との接続がやや軽く、すぐに外れてしまいます。規格としては少し合っていないような感じです。

32_2

肘部にも設置させることができました。こちらは割りとしっかりと固定されています。

34

ソードメイス。最中割ですが、合わせ目は目立たないような組み合わせになっています。モールドもまずまず入れられています。

35

角度を変化させる握り手が付属しているので、ソードメイスなどをバラエティ豊かにポージングさせることができます。

36

アクションポーズもダイナミックに演出可能。

では適当に何枚かどうぞ。

37

38

39

40

41

42

43

新規造形ということで、多少新しい形状箇所にポロリが見られますが、そこまで抵抗はないかと思います。ポリキャップなので全体的に可動もしっかりと固定され、ポージングも安定。ガンダムバルバトスと比べて装甲に厚みがました分、可動域が狭まりましたが、その他のパーツや造形で豪華さが演出されているのは見ていて楽しめるところです。

腰部のユニットや肩部甲冑、頭部、腕部といったデザインもよく、貴族っぽいスタイルに変化。このあたりはテイワズの色が少し出ているのかもしれません。ポージングも決まりやすいので、演出もディティールも楽しめます。主役機として確保しておきたいキットです。

⇒楽天でHGガンダムバルバトスルプスを探す
⇒駿河屋でHGガンダムバルバトスルプスを探す
⇒ヤフーショッピングでHGガンダムバルバトスルプスを探す

コメントを残す