HG ガンダムアヴァランチエクシアダッシュの組立工程 胸部の組み立て

こんにちは!今回は、HG ガンダムアヴァランチエクシアダッシュの組立工程 胸部の組み立てをご紹介します!

今回からHGガンダムアヴァランチエクシアダッシュの組立工程に入っていきます。HGのクラスはMGやRGなどど比べて色分けが十分ではないので、細かくマスキングなどをして塗装する必要があります。

これは何かと手間なんですが、組立工程に関しては細かくない分ラクに組めるようになっています。

個人的にはRGのエクシアは組んだことがあって、RGとは全くといっていいほど組み立て方が違っていたので新鮮でした。

素組みの容姿は色分けされていないので少し残念な見た目のHGアヴァランチエクシアダッシュですが、アヴァランチユニットやダッシュユニットが組めるのはこのガンプラだけなので、別バージョンのガンダムエクシアを楽しんで組んでいきたいと思います^_^

では行ってみましょう。

HG ガンダムアヴァランチエクシアダッシュの組立工程 胸部の組み立て

DSC_0072

まずは胸部のパーツ一覧です。胸の部分はRGエクシアとは形状が少し違っていますね。胸のパーツの保持力がやや弱く、はめてもふらふらしてしまうので、少し補強が必要かもです。

自分はアイアン色で塗装した腕の連結パーツの球型部分(小)に瞬間接着剤を塗って乾かし、少し厚みを出して補強しました。

GNドライブも特にパーツが分かれておらず、単体のGNドライブになっています。色分けが必要になります。(色分けしてねぇ~w( ̄▽ ̄;)w)

DSC_0073

DSC_0074

DSC_0075 DSC_0076

脇の白い部分はエナメルのフラットホワイトを筆塗りしました。ちょっとした塗装でかなり違ってくるものです。アイアン部分はスターブライトアイアンでの塗装です。これも色分けされている分美しく見えます。

それにしても全く色違いのパーツが組み合わさることでこれほど見栄えが良くなるもんですね。やっぱりガンプラスゴイです(^o^)

DSC_0078

続いて胸部の全面パーツです。クリアーパーツは本来ならクリアーグリーンで塗装すべきところですが、ここはあえてそのままにしてみました。

DSC_0079

DSC_0080 DSC_0081

DSC_0082

組立工程も少なくしてこの完成度、このデザイン。いいですなぁ。HGアヴァランチエクシアダッシュはHGフェネクスで施さなかったスミ入れをしているので、細いところのメリハリが効いています。

DSC_0083

ここがHGアヴァランチエクシアダッシュでは少し曲者の胸部パーツです。

DSC_0084

先程もお伝えしましたが、この部分が取り付けてもフラフラして浮いている感があるところです。個体差があるので、普通に組んでもフラフラしないかもしれません。もしフラフラするようなら補強しましょう。

DSC_0085

最後に背中のGNビームサーベルのパーツを取り付けます。この両脇の部分はモナカ割になっていますが、既に合わせてしまっています。

ここのパーツには、GNブレイドを取り付けるためのアタッチメントやGNソードがつくようになっています。ですがこのアタッチメントを取り付けるとモナカ割がパカっと外れてしまうので、接着剤などで補強してやる必要があるかもです。

HGアヴァランチエクシアダッシュの残念なところは、各部がふらふらしていたり、ポロリが多々あるというところです。そこを補強してやる必要があるんですね。

DSC_0086 DSC_0087

このくぼみがGNソードやGNブレイド用アタッチメントを取り付ける穴です。ここにアタッチメントを取り付けると半分に分かれてしまいます。

胸部の組み立ては以上です。

さすがガンダム系、トリコロールカラーがよく似合っていますなぁ^_^ これから各部を組み立てていくことにかなり期待感が持てるいいデザインです。

たまにモナカ割があるのは残念なところですが、あまり手間を掛けないHGの組立工程としてはなかなかいいガンプラですね。

では今回はこの辺で。よいガンプラライフを~。

ではでは。

⇒楽天でHGガンダムアヴァランチエクシアダッシュを探す
⇒駿河屋でHGガンダムアヴァランチエクシアダッシュを探す


コメントを残す