icon
icon
icon

SD 三国創傑伝 馬超ガンダムバルバトスのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、SD 三国創傑伝 馬超ガンダムバルバトスのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は大禍鎚(おおまがつち)を担ぎ立つ馬超ガンダムバルバトスの姿が掲載。バルバトスの白と全身のゴールドに華やかさと清潔感を感じますね。好青年っぽさがあり、馬超がバルバトスという配役も合っているかと。ショク・エリアのキットなので、グリーンフレームのパッケージ。

パッケージサイズはHGBCなどのオプションセットパッケージよりも1cm程度横幅なSD三国創傑伝シリーズの定番サイズ。高さは諸葛亮フリーダムガンダムほどではないですが、適度な大型パッケージになっています。

横絵は大禍鎚や前腕に装備する龍脚装(りゅうきゃくそう)、ホースメモリなどの紹介。

開封。

全部で3袋分のランナーです。

説明書。劉備達がいない中、最年少ながらもドラゴンズウィッチをまとめ上げる存在で、劉備にとっては頼れる仲間といったところかと。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。バルバトスカラーのホワイトに、各部のクリアーイエロー装飾やゴールドの装甲によって豪華絢爛な容姿が再現されていますね。部分的に塗装が必要ですが、細かいパーツの組み合わせによって素組みでも十分な仕上がりになっています。このシリーズの中でも一番といってもいいくらいの見栄えの良さだと思います。

カラーガイドの記載はありません。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。グレー成型色で、SD三国創傑伝キット共通の内部フレームです。

↑Bランナー。ホワイト成型色で、頭部や胴体部、四肢各部の外装パーツ類。

↑Cランナー。ゴールド成型色で、頭部や胴体部、肩部などの各部装飾パーツ、龍脚装パーツなど。

↑D、Eランナー。Dはシルバー成型色で、頭部や龍脚装の基部パーツ。Eはクリアーレッド成型色で、顎と腰部中央のパーツです。

↑F1、F2ランナー。クリアーイエロー成型色で、頭部とさかや龍脚装パーツ、大禍鎚パーツです。

↑Gランナー。ホイルシールです。Gはブラック成型色で、腰部サイドアーマーや前垂れ、肩部パーツ。

以上です。【ネタバレ注意!!】劇中では単独でのバトルシーンは第一話のバグを蹴散らすシーンくらいでした。キャラクター数の多いシリーズの短編ということで、脇役的な位置になるドラゴンズウィッチメンバーが埋もれてしまうは残念。最後はちょっとした助太刀で全く忘れ去られたというわけではなかったのは良かったですね。外伝の蒼翔記と焔虎譚がなかなか面白かったので、ドラゴンズウィッチメンバーの活躍もWebコミックででも楽しめるといいですね。

⇒あみあみでSD 三国創傑伝 馬超ガンダムバルバトスを探す
⇒楽天でSD 三国創傑伝 馬超ガンダムバルバトスを探す
⇒駿河屋でSD 三国創傑伝 馬超ガンダムバルバトスを探す
⇒ヤフーショッピングでSD 三国創傑伝 馬超ガンダムバルバトスを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す