MyArmor エアーブラシ用 クリーナーボトル スタンド付 レビュー

今回は、MyArmor エアーブラシ用 クリーナーボトルのレビューをご紹介します!

MyArmor エアーブラシ用 クリーナーボトルは、その名のとおり、エアブラシの洗浄用ボトルです。エアブラシの洗浄はもちろん、エアブラシ用のスタンドも付いていて、ハンドピースをスタンドしておける便利アイテムになります。

これまでエアブラシの洗浄はティッシュに吸わせて汚れを落としていたのですが、さすがにティッシュや溶剤の消費が大きく、なんとか消費を減らしたいと思って購入してみました。前々からクレオスのクリーナーボトルが気になっていたんですけど、こちらの方がスタンドが付いていますし、アマゾンの評価も高めだったのでこちらをチョイスしてみました。

なので使ってみた感想を簡単にレビューしていきたいと思います。

届いた箱を開封すると、このようなブルーのパッケージになっていました。英語表記しかなく、日本社製でないことは大体わかりますね; ちなみに発売元の「MyArmor」は中国広東省が住所のアマゾンで出品している店舗さんになります。このクリーナーボトルの他にカメラ機材やメガネ修理キット、ドラレコホルダーなども販売しているようです。

では開封。中身はプチプチにくるまれた状態で入っています。説明書は特に付属していないので、組み立てなどはアマゾンのページを見るなりして確認する必要があります。⇒MyArmor エアーブラシ用 クリーナーボトルページ

中には交換フィルター☓3(1個は本体に格納済み)、エアブラシホルダー(上側、下側)、クリーナーボトル本体が入っています。クリーナーボトルは瓶なので、どっしりとしていて安定性は高めです。

普通にフタを回すだけで開封できます。瓶の内側には目盛りのような凹凸もありますね。フタには噴射時に飛び散るのを防ぐような境が作られています。

ハンドピースをスタンドするためのホルダーを取り付けます。上側のホルダーはしっかりと差し込めて固定されますが、下側のホルダーはアマゾンのレビューにもあったとおり、フラフラでするりと抜け落ちてしまいます。接着剤で固定させるのもありですが、マスキングテープを2重に巻いてハメるとしっかりと固定されました。

下側のホルダーは無くてもそれほど困らないですが、ハンドピースをスタンドした時、何かの拍子で倒れることもあるので、それを防ぎたい場合はあると助かります。上部のフタを外すとフィルターが交換可能です。

クリーナーボトルの大きさはこれくらい。アマゾンページで画像を見ると大きく感じますが、実物はそこまで大きくないですね。

ハンドピースをスタンドしてみました。ボトルが安定しているので倒れたりすることはなさそうです。下側のホルダーが接地しているのでより安定してますね。

ちなみにスタンドしているハンドピースはタミヤのSX-74802です。物によってはサイズが合わずスタンドできなかったりするので、お持ちのハンドピースをあらかじめ確認しておいたほうがいいですね。

ハンドピースを挿し込む部分はゴム素材になっていて、取り外しが可能です。ゴムなのでハンドピースを傷つけることはなさそうですが、耐久性の面でどうかな~と思います。長持ちしてくれるといいですけど;

周りがちょっと汚れているので見にくいかもですけど、どうぞご了承をm(_ _)m とりあえずクリーナーボトルを使ってみました。ホースを繋げてもしっくりくるので安定してスタンドできています。

これまではタミヤのエアーブラシスタンドⅡを使っていましたが、このクリーナーボトルはスタンドできて掃除もできるので一石二鳥です。タミヤのスタンドよりも小さいので場所を取らないのがいいですね。

瓶は少し粗目なので中身がよく見えるわけではないですけど、どのくらい溶剤が溜まっているかはわかりますね。

アマゾンのレビューでは匂いも押さえられるとありましたが、塗装後なのであまり匂いはわかりませんでした;ですが確かに強い匂いなどはほぼなかったですね。

使った後にフタを開けるとこんな状態。溶剤が少ない状態だと乾いてしまわないか気になりますが、しっかりフタをしておけば問題無いのかなーと思います。

使ってみた感想としては、これまではティッシュに何度も吹きかけてハンドピースのノズルを掃除していましたが、これだとクリーナーボトルに差し込んで吹くだけで適度にノズルの汚れが落ち、最後にティッシュに吹きかけるとノズルの汚れが完全に落ちるようになります。

なので溶剤を無駄にティッシュに吸わせてしまうこと無く掃除できるのがいいですね。ティッシュと溶剤(ツールクリーナー)を無駄に使う必要がなくなるのでコスト面でかなり助かると思います。

掃除もブシューっと吹いているだけでいいのでラクですね。使いにくさもなかったですし、省スペースなのでテーブルも気持ち広くなったので良かったです。後はどれだけ長持ちするかですね。劣化は使ってみないとわからないので、長く使って気になる部分があれば追記したいと思います。

それほど頻繁に塗装しない場合は必要ないのかもしれませんが、もし塗装頻度が高く、掃除をラクに済ませたいなら購入をご検討してみてはいかがでしょうか。

⇒楽天でエアーブラシ用 クリーナーボトルを探す
⇒ヤフーショッピングでエアーブラシ用 クリーナーボトルを探す


コメントを残す