ガイアノーツ エナメルカラー(赤サビ・黄サビ・煤・オイル・埃) レビュー

今回はガイアノーツ エナメルカラー(赤サビ・黄サビ・煤・オイル・埃)のレビューをご紹介します!

ガイアノーツから発売のエナメルカラーから、ウォッシング用カラーとして発売されたNo.51の赤サビ、No.52の黄サビ、No.53の煤(すす)、No.54のオイル、No.55の埃(ほこり)の5種をレビューしていきます。

内容量が10mlの小瓶で、価格はどれも税別350円。ウェザリングでの質感をリアルに表現できる塗料になります。

検証として、前回のMr.ウェザリングカラー WC01~WC04 レビューでウェザリングしたスプーンにこのウォッシング用カラーを試して、どんな汚れ方をするのか見ていきたいと思います。(画像はWC01マルチブラックで汚したスプーンになります。表面は一度全体を汚し、綿棒で拭き取った状態です。)

 

■No.51 赤サビ

まずはNo.51の赤サビから見ていきます。

赤茶色のエナメル塗料そのままな感じがするので、一般的なエナメル塗料と一見すると違いがわからないかも。ですがピグメントが入っているので、塗装後には厚みができます。色的にも鉄が錆びて酸化したような色なので、塗ったあとのイメージは湧きやすいですね。

厚塗するとツヤツヤな質感になり、薄く塗って伸ばせば雨だれあとなどの表現も可能です。ただ、これだけだとややリアル感としては物足りない印象。他のツールと組み合わせることでより高い質感が再現できそうですし、部分的な変化を加えるにもいいアイテムなのでなないでしょうか。

 

■No.52 黄サビ

続いてNo.52の黄サビです。

こちらは赤サビと比べてより赤みが強い色になっています。質感は赤サビと同じでピグメント入り。こちらもサビ質に変化を加えるときに使うと良さそうですね。

スポンジなどを使って叩くように乗せるとよりサビ感がリアルに表現できそうです。赤サビもそうですが、乾燥が早いので雨サビ(雨垂れ)のように伸ばしたいときは早めに手を加えたほうがいいかもしれません。

薄めずエアブラシで吹くと、また違ったリアルなサビ感が演出可能です。ちょっと出にくかったので、少しだけエナメル塗料で薄めてやると良さそうです。

赤サビと黄サビの比較です。上が赤サビで下が黄サビ。大きな違いは色とツヤですね。ツヤに関しては厚塗りと薄塗りで多少違ってきそうです。

 

■No.53 煤(すす)

続いてNo.53の煤(すす)です。

真っ黒な塗料で厚塗りすると下地がほぼ見えなくなります。適度に粘りもあって乾燥もまずまず早いですね。こちらもピグメントが混ぜてあるので、塗装後は表面がザラッとした仕上がりになります。

スプーンに筆塗りするだけだとつやつやになってしまうのでちょっとイメージは湧きにくいかも。スポンジで叩き塗りするとかすれたような表現は可能です。

こちらもスプーンの裏面を薄めずエアブラシで吹いてみました。薄めないとちょっと出にくかったですが、黄サビほどではありませんでした。つや消しになってかなり煤らしい表現になります。SLやバーニア口などに吹くとリアルな感じになりそうです。

■No.54 オイル

次にNo.54のオイルです。

厚みのある部分はグリーンのような色合いになり、薄い部分は茶色っぽさも出るというオイルらしい特性が表現できる塗料になっています。ここまでご紹介したものよりも少し緩めの塗料ですが、適度に粘りもあるので乾燥はやや遅めですね。

筆で直接塗るとまさにオイルのような質感が再現できます。つやがしっかりとあって油っぽさが感じられますね。乾燥が遅いので、乾いたかどうか見極めるのがちょっとむずかしいかも。塗装後はしっかりと乾燥させる必要がありそうです。

キレイにできているかどうかは微妙ですが、筆で塗ってぼかすとオイルだれのような表現もできます。

 

■No.55 埃(ほこり)

次にNo.55の埃(ほこり)です。

他の塗料に比べてゆるめで、オイルよりもさらにゆるいので塗装皿に移しても伸びて広がっていきます。色は白っぽいので、溝やパーツの隅などにたまる埃のような、特殊な演出をするのに適した塗料です。ピグメントが含まれているのでザラッとした仕上がりになってリアルな質感が再現可能です。

筆で塗ると下地が見える状態になり、スポンジで叩き塗りすると泥汚れや雨天時の土はねっぽい表現もできそうです。

薄めずにエアブラシで吹くとピグメントの効果で埃が積もったような表現になるので、かなりリアルな演出ができそうです。

以上です。とてもバラエティに飛んだ塗料が揃っていて、それぞれ再現したい質感に応じた使い方ができるのがいいですね。違った使い方を模索するにもいいですし、どれも特徴的で仕上がりがいいので、楽しみながらウェザリングができる塗料になっているのではないでしょうか。

⇒楽天でガイアノーツ エナメル ウェザリングカラーを探す
⇒駿河屋でガイアノーツ エナメル ウェザリングカラーを探す
⇒ヤフーショッピングでガイアノーツ エナメル ウェザリングカラーを探す


コメントを残す