ハロプラ ハロローダーのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、ハロプラ ハロローダーのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はハロローダーが砂地で作業を行うようなシーンが掲載。大型ブルドーザーが可動しているような実務感があってリアルさが感じられます。砂地、青空、飛行物体が掲載されている辺り、どこかしら昔の1/144グフ飛行試験機のパケ絵っぽさがありますね。

側面はMSVパッケージのようなレトロ感あるデザイン。ハロプラはこういった遊び心が感じられるデザインになっているのがとてもいいですね。もっとやってもらいたいです。

パッケージサイズは一般的なHGと同じです。ハロプラの中では過去一番の大きさ。

横絵はローダー部分の各種ギミック、ハロ本体の新バージョンギミック、そしてHGBC 1/144 ボールデンアームアームズなどと組み合わせることでカスタマイズ性の高さなどが謳ってあります。トロハチっぽさもありますがちょっと違うので、個人的にはリアルなトロハチ単体がキット化してほしいですね。MGトロハチとか。(売れるかなぁ・・・;)

開封。パーツ数自体はそれほど多くなく、大柄なパーツのボリュームによってパッケージサイズが大きくなっているようです。

全部で2袋分のランナー。

説明書はA5版の超小型サイズ。他のハロプラ説明書を同じ大きさですが、他のハロプラ説明書は1枚ものの4つ折りタイプなのに対し、こちらはHGキットなどによく見られる蛇腹折りタイプになっています。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。ハロ本体は新バージョンの口に開閉ギミックがあるタイプ。ニッパーを使わずに組み立てられ、短時間で簡単に完成させることができます。一方のハロローダーも、腕部は細かく動くため構造が複雑ですが、それ以外の箇所はシンプルで組み立てやすく、時間もあまりかかりません。

カラーガイド。オレンジも特殊ですが、さらに黄色くしてストライプで色分けしたりすると、工事車両感が強くなって面白そうです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1、A2ランナー。ダークブルー、ライトブルー、ホワイトのイロプラランナーで、口が展開する新バージョンのハロ用ランナーです。ハロ単体販売のものはランナーが分割されていますが、こちらはA1とA2で連結したものになっています。

↑Bランナー。オレンジ成型色で、ハロローダーの胴体部や腕部、脚部パーツ。

↑C1、C2ランナー。グレー成型色で、ハロローダーの腕部や脚部の内部、関節パーツ類。

以上です。ハロプラはパッケージデザインも過去のガンプラを模したようなデザインになっていて面白いですし、ボールやザクレロ、こういった作業マシンのように、主要キットではない、ガンダム要素の拾い上げみたいなのがあってとても楽しめるシリーズだと思います。ハロプラだからこそできることだと思いますし、それによってよりガンダムの世界観が広がる演出がされているのがいいですね。

そういったあまり日の目を見ない部分に注目するという意味でも、ミデアやサラミス、エアリーズやキャンサーなどをハロ化しても面白いのかなと。ハロプラは定期的にキット化が続いているので、今後もあっと驚かせてくれるユニットを期待したいですね。

⇒楽天でハロプラ ハロローダーを探す
⇒駿河屋でハロプラ ハロローダーを探す
⇒ヤフーショッピングでハロプラ ハロローダーを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す