RG ウイングガンダムゼロ EW用 拡張エフェクトユニット “セラフィムフェザー”のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、RG 1/144 ウイングガンダムゼロ EW用 拡張エフェクトユニット “セラフィムフェザー”のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ

パケ絵は黒背景にこのセラフィムフェザーにディスプレイされたRGウイングガンダムゼロEWが掲載。パケ絵全体に羽が飛び交っていて鮮やかですが、一部の羽はセラフィムフェザー用の羽ではなくイラストです。

パッケージは、縦横は一般的なHGと同じな薄型サイズ。画像で見えている横絵面を展開すると、パケ絵表面と一体型になっています。

反対側の横絵はプレバン商品には珍しく、内容物の写真が掲載されています。

開封。エフェクトユニットなだけあって、それほどボリューミーではありません。

全部で2袋分のランナー+台座+イラストカード(ビス付き)です。

説明書はA5サイズの折りたたみ白黒ペラ説明書が付属。アクションベース3が元になっているので組み立てはかなり簡単です。ただしビス止めがあるので、組み立てにはプラスドライバーが必要です。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。クリアー成型色で、曲型アームやフェザー用ジョイントパーツ。ABS樹脂素材です。

↑Bランナー。クリアーホワイト成型色のフェザーパーツ。大中小の羽型パーツになっています。PS素材です。

↑BA8-Aランナー。クリアーブラック成型色の台座底パーツです。ABS樹脂素材です。

↑BA8-Bランナー。クリアーブラック成型色で、フレキシブルに可動する支柱パーツです。ABS樹脂素材。

↑イラストカード、ビス、PETシートです。PETシートは透明なので見えにくいかも。

以上です。RGウイングゼロのディスプレイはもちろんですが、曲型アームやフェザーを外すと通常のアクションベース3としても使えるので、他のキットディスプレイ用にも問題なく使えます。そしてこのエフェクトユニットを取り扱うことでアクションベース3の良さが感じられるので、これを基に、他キットのディスプレイ用としてアクションベース3を入手して使うのもありだと思います。

支柱もMGキットディスプレイ用のアクションベース並に強度があるので、少し弱さのあるアクションベース2よりも重宝しそうです。さらにイラストカードなどを使って演出することもできるので、劇中シーンやパケ絵を印刷したりして、キットディスプレイをより楽しく演出してみるのもいいのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でRGセラフィムフェザーを探す
⇒駿河屋でRGセラフィムフェザーを探す
⇒ヤフーショッピングでRGセラフィムフェザーを探す

コメントを残す