SDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、SDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はSDフレームとCSフレームのRX-78-2ガンダムが武器を装備してアクションポーズをするイラストが掲載。SDフレームは肘や膝が曲がらないので腕や足を伸ばしたポーズ、CSフレームは四肢の関節が曲がるのでその可動を活かしたポーズと、それぞれのフレーム構造を踏まえたイラストになっています。背景もフレームっぽいメカニカルなデザインでいいですね。

パッケージサイズは一般的なHGよりも薄型。縦横は同じなので積みやすいです。最近のキットでいうと、HGBDガンダムダブルオーダイバーやHGバルバトスルプスと同じ大きさでした。

横絵はSD、CSフレームを軸にして、外装パーツを各部に被せることで違った等身スタイルが楽しめることが左右に分けて紹介してあります。一粒で2度美味しいというのがこのキットのコンセプトかと。パーツ数もそれほど少なくないので、物足りなくないくらいに楽しめるボリュームになっています。

では開封。この箱に対して、やや余裕があるランナー枚数。ハイパー・ハンマーやビーム・ジャベリンなんかが付属していても面白かったかも。

全部で2袋分のランナーです。

では説明書を見ていきます。説明書は小型サイズ。表紙も下には同シリーズのキット紹介があり、カタログのようなデザインになっています。上部にはHGなどと同じように、ガンダムのスペックと共に機体解説も少し掲載されてますね。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。記載は使用するフレームで上下に分けられ、各部ごとに組み立てていくようになっています。枠に色がついているのでわかりやすいですね。その他頭部や武器などの共通部分は最後に記載されています。組み立てに関しては、分解組み換えが必要なキットなので、説明書が無くても組めるような構造になっていてわかりにくい箇所もほぼないかと。カラーガイドの記載はありませんでした。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。ホワイトのランナーでSDフレームパーツ。

↑A2ランナー。ホワイトでCSフレームパーツ。

↑Bランナー。レッド、イエロー、ダークグレー、ブルーのイロプラランナー。ガンダムの外装パーツや武装類です。

↑C1、C2、ホイルシールです。C1、C2はホワイトでガンダムの外装パーツ類。

以上、パッケージ・ランナーレビューでした。やっぱりRX-78-2はこれまで何度もリメイクされてきただけに、造形には完成された感があっていいですね。デザインが洗練されているので、どのシリーズを購入するにしても、「まずはこれからでしょ!」って感じでガンプラの基本的なアイテムになっていると思います。

このシリーズも続々と新機体が発売されそうで楽しみですし、これまでのSDとは少し違ったクロスシルエットならではの拡張パーツなども増えることを期待したいですね。そしてヘイズルやウーンドウォートなどの比較的コアなファン向けの機体も発売されると嬉しいですね。

⇒楽天でSDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットを探す
⇒駿河屋でSDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットを探す
⇒ヤフーショッピングでSDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットを探す

コメントを残す