エコプラ HG 1/144 RX-78-2ガンダムの制作② マスキング塗装、仕上げなど

今回は、エコプラ HG 1/144 RX-78-2ガンダムの制作②をご紹介します!

昨日から制作を続けているエコプラ HG RX-78-2ガンダムですが、引き続き塗装などして完成させていきます。最後には塗装済みの完成した状態も簡単にご紹介。

マスキングしていたコアファイターのパーツは、本体部と尾翼をフィニッシャーズのシルクレッドで塗装。マスキングを剥がすとこんな感じに色分けできました。機首部分はガイアカラーのコバルトブルー70%+ウルトラブルー30%程度で塗り分けています。相変わらずフィニッシャーズは垂れが少なく、塗装しやすくていいですね。

センサー部分のフチは筆塗りがイマイチだったので、結局中心をマスキングしてエアブラシ塗装で塗り分けることにしました。(無駄な作業;)機首部分は鼻先の装甲だけをマスキングして塗り分けます。

機首は装甲を塗り分け後、キャノピーをライトブルーで塗り分け。なかなか小さくて極細面相筆でも塗り分けが難しかったです。細部が筆塗りできる人ってすごいですね;

サーベル刃はそのまま使用するので、ゲート処理後にMr.コンパウンド8000番と布で磨いておきました。手前が磨き前、奥が磨いたあとになります。磨くことで、ヤスリがけ前の状態にまで戻すことができます。

赤いパーツは上記のフィニッシャーズのシルクレッドで、青いパーツはコバルトブルー70%+ウルトラブルー30%程度で塗装し、それぞれエナメルで濃い赤(ブラウン)、濃い青(ダークブルー)を作ってスミ入れしておきました。

一通りパーツを塗装を済ませたので、あとは組み立てるだけになります。

一通り組んで完成させた状態。真っ黒だったエコプラがヒロイックなトリコロールカラーに変化しました。20年前のHGなのでREVIVEほどのスタイリッシュさはないですが、ゴツゴツとした重機的な雰囲気を味わうことができます。

説明書に掲載されている見本を参考にしたため、やや明るめのアニメ風カラーに仕上げています。が、もう少し深めの色で塗装して渋みを出しても良かったかもですね。

以上、簡単ですが今回はここまでです。今思えば合わせ目を消したほうが良かったかなとも思いますが、ガンプラレビューの比較対象に使うのでまぁ良しとします。また後日、塗装済み完成品としてのレビューも簡単にご紹介する予定。

REVIVE前のHG(021)はパーツ数が少なく構造も簡易的なので、時間が無いときに短時間でサクっと制作できるのは強みです。意外とクォリティもいいので、たまには数十年前のキットを掘り出して嗜むというのもいいかもですね。

⇒あみあみでエコプラ HG RX-78-2 ガンダムを探す
⇒DMM.comでエコプラ HG RX-78-2 ガンダムを探す
⇒駿河屋でエコプラ HG RX-78-2 ガンダムを探す
⇒楽天でエコプラ HG RX-78-2 ガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでエコプラ HG RX-78-2 ガンダムを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

1件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2021年9月10日 at 11:47 - 返信

    キャノピーは枠を先にラッカー等で塗って中をエナメル→枠を拭き取りで妥協してます

コメントを残す