MGνガンダムVer.kaを一眼レフカメラで撮影してみました。

こんにちは!

今回は、前回クシャトリヤを撮影した記事でお伝えしたとおり、一眼レフカメラが届きましたので、さっそく一眼レフカメラを使ってガンプラを撮影してみました。

そして撮影したガンプラはMGνガンダムVer.ka。

νガンダムパッケージ画像

誰もが認める、ガンプラ至上最高傑作の呼び声高い機体です。

この素晴らしいガンプラを、一眼レフカメラを使って撮影してみましたので、どうぞご覧くださいませ~

ではまず一枚目。

DSC_0015

いかがでしょう。

写真加工などは一切していないですし、一眼レフカメラも初期設定のままです。(画像の大きさは横幅800pxに縮小しています)

それでこのクオリティですから、素晴らしいの一言です!

一眼レフカメラで撮影すれば、ガンプラの出来を余すことなく表現してくれます。

ちなみに、使用したカメラはこちら↓

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK
Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

今は新しい機種が出ているので、いわゆる型落ちですね。ですが性能は最新のものとほとんど違いはありません。安いので逆にお買い得です!

そして背景に使用したのは、クシャトリヤの撮影でも使用したグラデーションペーパーです。

グラデーションペーパー単色(グレー) GP-C2
グラデーションペーパー単色(グレー) GP-C2

それでは何枚か撮影した画像をどうぞ!

DSC_0016

DSC_0019

DSC_0023

DSC_0021

DSC_0022

DSC_0026

DSC_0028

DSC_0030

DSC_0038

このMGνガンダムVer.kaですが、これは以前に作成したガンプラです。製作したのは、ちょうど1年前くらいですかね~。

これはどんなに金額を積まれても売りたくない、私至上最高のガンプラです!(出来などは別にして)

もっと上手に作る方もたくさんいらっしゃると思いますが、やっぱり自分で製作したものには思い入れがありますからね。

塗装レシピや製作工程などはこのブログではご紹介していませんが、探せばブログのどこかにヒントがあると思いますので、塗装レシピを知りたい方は探してみてはいかがでしょうか。

それではカメラの設定を変えて撮影してみましたので、ご覧くださいませ。

DSC_0043

DSC_0044

DSC_0055

DSC_0046 DSC_0056

設定は、エフェクトの『Hi』という設定にしてみました。少し明るめの撮影ですね。

ガンプラの撮影ではフラッシュ撮影はNGなので、明るめになるように設定して撮影しました。(フラッシュ撮影は絶対にNGではないですよ。そういう撮影をしたい方は自由です)

ついでにこんなものまで作ってみました。

DSC_0068DSC_0069DSC_0073

フォトフレームですね。これをガンプラのそばにおいて、下のガンプラケースに入れて飾ればばっちりです!

モデルカバー スクエア特大 ブラック
モデルカバー スクエア特大 ブラック

そしてさらに、写真に文字を加えるとこんな感じです。

RX-93

これでヤフオクでの販売も完璧です!

まあ、写真を撮って楽しんだり、ヤフオクしたり、カメラを楽しんだり、撮影用途は様々です。

ガンプラの撮影をされる方は参考にしてみてはいかがでしょうか!

それではこの辺で。ではでは~


コメントを残す