あなたの好きな敵(ライバル)キャラは?第2~4位の発表です!

こんにちは!

今回はあなたの好きな敵(ライバル)キャラは?第2~4位の発表です!

早くも第2位まで発表してしまうという超スピード決着!同率が多いのでどうしても一緒に紹介しちゃいます(;´▽`A“

ですがご紹介するボリュームは同じなので、楽しんでまいりましょう!

では第4位の発表です!

第4位

グラハム・エーカー(ミスターブシドー)

まずは頂いたコメントをどうぞ!

もう、なにもかもがカッコイイですね
40歳代/男性/静岡

コメントありがとうございます!

ガンダムに愛を感じちゃったイケメン戦士です(笑)

ですが、刹那というライバルを見つけて、闘争心に火がついたんでしょうね!

ガンダムを倒すことに執念を燃す、その武士道は圧巻の一言です。

でもまさか血を吐きながら戦うとは・・・

ファーストシーズンのラストバトルは伝説です∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

3位は第2位がお二人いらっしゃいますのでありませぬm(_ _)m

 

第2位

第2位は同率でお二方いらっしゃいます!まずはコチラの方から!

東方不敗

ドモンの師匠でありながら、道を間違ってしまった最強のキング・オブ・ハートです!

マスターガンダムはダークな感じがしていいですなぁ~。

この人もある意味シャアニズム?まあ人間の環境破壊もわかりますけどね~。

技の名前は数知れず、覚えきれません(笑)

見よ! 東方は赤く燃えている!!!

 

続いて第2位です!

ランバ・ラル

頂いたコメントをどうぞ!

どちらも勝利のために手段は選ばない、という点でいかにも軍人だなぁ、という感じがしますよね。どちらもかなり人間くさいですし。
40歳代/男性/千葉

ラルさんとガトーは神。何より、グフと試作弐号機が好きだからですがw
10歳代/男性/福岡

オヤジサイコー!
40歳代/男性/千葉

コメントありがとうございます!

第2位はどちらもオヤジキャラですね(笑)

二人とも人気が高く、主人公との関係性は密なものがあります。

ランバ・ラルは理想の上司としても有名なキャラで、部下のことを思う優秀な兵士でした。

もはや鉄板の第2位です。

アラウンド40の方にとってはまさに神ですね!

彼の生き様や姿勢は本当に素晴しいの一言です!

でもメタボ・・・背が縮んだ?・・・

彼のセリフはどれも名言で、言葉の重みが感じられます。

『…またモビルスーツのガンダムか。…わしの戦っていた相手が皆、年端のいかぬ少年達とは皮肉なもんだ…』

『君達は立派に戦ってきた。だが、兵士の定命がどういうものかよく見ておくんだな』

兵士がこんな散り方をするのはやはり心にズシンときます。

それだけに、ガンダムが未だに子供向けのアニメと思われているところが切ない・・・

こころの叫びでした(笑)

以上です!

次回はいよいよ第1位の発表です!

が、すでにあの人と分かってますかね~

では最後に、ガンダム00から動画を2つどうぞ!

愛を感じたところでこのへんで(笑)

ではでは~


『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

2 件のコメントがあります。

  1. nori

    on 2015年6月30日 at 23:19 - 返信

    2. Re:無題
    >ねこみみ主任さん

    コメントありがとうございます!こちらこそ、読者登録ありがとうございます!よろしくお願いしますm(_ _ )m
    http://ameblo.jp/gundams-blog/

コメントを残す