初心者のためのガンプラ製作・塗装方法をまとめました。

1-0

このサイトではガンプラの製作工程をできるだけ細かく、順を追ってご紹介しています。ですが、基本的な製作・塗装工程を何度もご紹介するのは手間でもありこのサイトをよくご覧いただく方にとってはご存知のことも多いため、製作・塗装工程をまとめてページにしてみました。

なので、もし製作途中で「どうやるんだろー?」「どんな道具を使ってるんだろう?」といった疑問を感じた時は、このまとめたページをご覧いただければと思います。

ちなみにこのページはガンプラ初心者の方を対象としています。なので、ガンプラ玄人の方にとっては、「まだまだ甘いな・・・」と感じることも多々あるかもしれませんが、それはそれで暖かく見守っていただけますよう、よろしくお願い致しますm(_ _)m。ではガンプラの組立・製作工程をご紹介していきます。

ガンプラの製作・塗装工程の簡単な順序は以下のとおりです。

■ガンプラの製作・塗装工程

①箱の中身・ランナー・説明書などの確認
②素組み(パチ組み)・分解
③改修(メタルパーツ用の穴あけ・スジボリ・合せ目消し・肉抜き穴埋めなど)
④ヤスリがけ・パーツ洗浄
⑤マスキング・塗装
⑥スミ入れ・デカール貼り
⑦トップコート・仕上げ
⑧メタルパーツの取り付け
⑨組み立て

これらの工程は、比較的ありがちな工程ですが、改修やメタルパーツの取り付けといった少しレベルの高い作業は省いてもらって結構です。それ以外の工程は基本的なものですので、ガンプラをよりキレイに仕上げたい場合には参考にしてみてくださいね。(上記リンクをクリックすると各ページに移動します。)

①箱の中身・ランナー・説明書などの確認

ガンプラを店舗で購入したり、ネット通販でポチッた商品が届いた時のワクワク感はとってもたまらないいい気分でテンションMAXのことと思います。そこからすぐに組み立てるのか、罪プラになってしまうのかはその時の状況次第ですが、組み立て前にはできるだけ箱を開けて中身を確認しておいたほうが無難です。・・・続きを読む>>

②素組み(パチ組み)・分解

箱の中身、ランナー、説明書などの梱包物を一通り確認したら、いよいよガンプラを組み立てていきます。説明書通りに組み立てることで、そのガンプラがどういった構成になっているのか、どのようなギミックを持っているのか、どのような可動をするのかなど、様々なことがわかってきます。そしてなんといっても、1つのキットとして出来上がるという楽しみがあります。・・・続きを読む>>

③改修(メタルパーツ用の穴あけ・スジボリ・合せ目消し・肉抜き穴埋めなど)

ガンプラを数多く組み立てていくと、そのガンプラに改修したりメタルパーツを埋め込んだりしてオリジナリティを出したくなってきます。改修として手を加えることは多いですが、その中でも比較的カンタンで多く行われているのが、メタルパーツの埋め込み、肉抜き穴埋め、スジボリなどです。もちろんガンプラの種類や形状によって改修する内容は違ってきますが、今回はその中でも基本的な改修の方法をご紹介していきます。・・・続きを読む>>

以下、現在製作中ですm(_ _)m

 

■ガンプラの製作・塗装工程 番外編

ガンプラ制作をより良く楽しむため、GSIクレオスなどの各ショップから様々なツールが発売されています。この番外編では、それらのツールを使って比較、検証をした記事を集めましたので、ガンプラ製作の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ガンプラパーツを塗装した時の塗料の落とし方
ガンプラ塗装でパーツをキレイに塗り分ける方法
百式ゴールドとその他のゴールド塗料数種類を比較してみました。
メタリックマスターを使った塗装の効果を検証してみました。
Mr.レベリングうすめ液とメタリックマスターを比較してみました。
エアブラシ(タミヤSX-74802ハンドピース)のメンテナンス