SDW HEROES 信長ガンダムエピオン レビュー

今回は、SDW HEROES 信長ガンダムエピオンのレビューをご紹介します!

SDW HEROES 信長ガンダムエピオンは、『SDガンダムワールド ヒーローズ』に登場する『信長ガンダムエピオン』のSDキットです。信長の名を冠した英雄の特徴的な形状を再現。名刀(へし切り長谷部)によって抜刀の構えが再現可能な他、クリアーパーツで再現された仮面やヒートロッドなどが付属。3枚構成のマントにより、覇気を漂わせるポージングも可能なキットになっています。価格は770円(税込み)です。

ムシャワールドを自らの手で治めようとしている傑物で、 他のワールドの統一も目論むキャラクター『信長ガンダムエピオン』がSDでキット化。戦国時代、安土桃山時代の武将『(織田)信長(のぶなが)』の名と、新機動戦記ガンダムWに登場する『ガンダムエピオン』の意匠を持つキットになっています。

成型色はワインレッドやダークブルーをベースに、肩部などにホワイトを配色したエピオンカラー。全身各部にゴールドの装飾を持つなど、戦国武将をイメージしたようなコスチュームになっています。頭部や肩部などをシールで適度に補いますが、素組みでも違和感がないくらいの色分けが再現されています。全体的に色が足りていない部分は塗装で補う必要があります。

関節・内部パーツはグレー成型色で、SD三国創傑伝シリーズと共通のフレームが採用されています。武装類にクリアーパーツが使用されていますが、組み合わせ強度が高いので、分解時などにダボを折ったりして破損させないように注意が必要です。

背部に大柄なマントを装備していますが、自立にほとんど影響はありません。ですが干渉や配置によってはソールの接地が不安定になったりもするので、場合によっては後方に倒れる場合もありそうです。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

絶刀・燬灼龍堅穿(ぜっとう・ひじゃくりゅうせん)再現用のクリアーエフェクトパーツが付属。

頭部。額には信長の兜飾りを意識したような簾(すだれ)を装備。中央にも信長の五つ木瓜紋(もっこうもん)を意識したような紋があしらわれています。全体はガンダムエピオンをイメージしつつ、ワインレッドとダークブルーのパーツで造形。額の紋や左右の装甲はシールでの色分けですが、頬やアンテナの一部をゴールドなどに塗り分けが必要です。

後部のセンサーはグリーンのシールでの色分け。後頭部はワインレッドなどに塗り分けが必要です。髷の裏には肉抜き穴があります。

胴体部。胸部はエアインテークや白い装甲、中央のサーチアイなど、ガンダムエピオンの意匠を感じさせるデザインになっています。腰部には大柄な前垂れを装備。胸部は左右とサーチアイがシールでの色分けですが、白い装甲の一部などをゴールドに塗り分けが必要。前垂れも適度に色分けされてはいるものの、一部をダークブルーやワインレッド、ゴールドに塗り分けが必要です。

左のサイドアーマーには『へし切り長谷部(へしきりはせべ)』を装備。日本刀をイメージした武装になっています。ムシャワールド屈指の刀匠により、打たれた名刀とのこと。ちなみに実際の『へし切り長谷部』は織田信長の愛刀。南北朝時代に作られたとされる日本刀で、日本の国宝に指定されています。

鞘、刀ともに1個パーツ構成。鞘は上下が開口されています。一部を白く塗り分けが必要。刀も柄周りをゴールドやダークブルー、レッドなどに塗り分けが必要。

腰アーマー裏は簡易的な造り。

腕部はガンダムエピオンのショルダーアーマーを想起させる装甲や、背部マントの延長のような装甲を装備。裏面から腕部が完全に隠れるほどの装甲となっています。前側には羽織のような装飾を装備。こちら表面の家紋などはシールでの色分けです。

二の腕と前腕は別パーツ構成。二の腕の裏面や前腕の内側、ハンドパーツ裏に肉抜き穴があります。

肘は90度まではいきませんが、適度に角度変更が可能。

ショルダーアーマーは挟み込みタイプで上部に合わせ目ができます。前後の装甲はゴールドやダークブルーのシールでの色分けですが、前後のモールドなどはダークブルーに塗り分けが必要です。

右側面の装甲は引き出しが可能。腕の可動への干渉が防げるようになっています。可動が固めなので、力を入れすぎて前面の羽織型装飾の基部を破損させないように注意が必要。装甲のラインはダークブルーに塗り分けが必要です。

裏面にモールドはないですが、赤く塗り分けが必要です。

左側面には形状の異なる装甲を装備。こちらは武士鎧の大袖のようなデザインになっています。表面のワインレッドはシールでの色分け。

こちらの装甲も外側に引き出せ、展開させることができます。

脚部。サイドアーマーは鎧のようなデザインで、アンクルアーマーやソールなどははエピオンを思い起こさせるデザインで構成されています。アンクルアーマー、サイドアーマー、ソールなど各部とも、ダークブルーやワインレッド、ゴールド、ホワイトなどに細かく塗り分けが必要。

大腿部、膝から下共に内側には肉抜き穴があります。足裏は踵側にモールドが造形されていますが、全体が肉抜き穴になっています。

マントは背部だけでなく、首周りも覆い隠す立ち襟型。背部の装甲は家紋や白い装甲などがシールでの色分けです。部分的にゴールドに塗り分けが必要。ダークブルーやホワイト成型色の部分もや立ち襟部分も一部をゴールドやダークブルーなどに塗り分けが必要です。

裏面は赤く塗り分けが必要。

マントの白い部分は基部がボールジョイントでフレキシブルに可動。ダークブルーの部分は左右にスイングが可能です。

各部の家紋はすべてモールドの上からシールを貼っての色分けです。

HG陸戦型ジムと比べて。頭身はSDですが、頭頂部に髷の装飾があるためHGキットとあまり変わらない大きさに。

SDW HEROESの悟空インパルスガンダム、SD三国創傑伝シリーズの劉備ユニコーンガンダムと並べて。SDW HEROESはSD三国創傑伝シリーズに比べて中国武将の装飾にこだわらず世界の衣装などが参考にされているため、それぞれに個性がありますし、ハイカラで新鮮味がありますね。

肩が左右に引き出せ、首も幅広く可動するSD三国創傑伝キットと同じフォーマット。

ですがマントの立ち襟が干渉するので、少ししか見上げることはできないようです。左右へは水平まで可動します。

腕は左右とも肩の装甲が干渉するものの、割と高くまで上げることができます。

肩の前後スイングはショルダーアーマーの形状なりに可動します。マントの干渉はありません。

SD三国創傑伝シリーズのフォーマットで、上半身を適度に前後スイングさせることが可能。マントや厚みのある装甲がありますが、思ったよりも可動するようです。

腰は見た目によらず360度回転が可能です。アクションベースやスタンドへは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

大柄な前垂れが干渉するため、前後開脚はあまり広くはできないようです。膝は干渉しやすいですが、一応深くまで曲げることができます。

足首は前後、左右とも適度にスイングさせることができます。

左右への開脚はハの字程度まで。

前垂れで隠れてほとんど見えませんが、内股、ガニ股ともに適度に展開が可能です。ですがガニ股は少し不安定になるので、接地に影響しやすいかもです。

可動域の総括としては、SD三国創傑伝シリーズのフォーマットなので各部とも適度な可動域があります。見た目的に装甲が折り重なっている割によく動く印象。

肘が曲がるので、何気にポーズにちょっとした柔らかい表情が付くのがいいですね。

へし切り長谷部を装備して。へし切り長谷部はハンドパーツに差し込んでしっかりと固定できています。肩の羽織のような部分も左右に交わすことができるので、腕の可動をそれほど妨げることはありません。容姿が派手なので、簡単なポーズでもかっこよく、様になるのがいいですね。

多少ぎこちなさはありますが、抜刀するポーズも再現可能です。ただ、下半身各部が干渉するので、サイドアーマーが比較的ポロリしやすいです。腰も抜けやすいので注意が必要ですね。

絶刀・燬灼龍堅穿(ぜっとう・ひじゃくりゅうせん)再現用のクリアーエフェクトパーツ。エピオンのヒートロッドをイメージしたような造りになっています。

表面には鱗のようなモールドが多数造形されています。

数個パーツの組み合わせで各部の角度変更が可能。

左前腕に装備することで、エピオンヒートロッドをそのまま再現したようなスタイルになります。

へし切り長谷部(へしきりはせべ)への装着も可能です。固定強度はまずまず。

仮面のクリアーエフェクトパーツ。鬼の角をイメージしたような作りになっています。角の内側は肉抜き穴。中央のダボ(赤◯)を誤ってカットしないように注意が必要です。

頭部に装着した状態。目の部分まで仮面で覆い隠され、悪の化身のような野心を感じるスタイルに変化します。一旦額のアンテナを外して組むようになっていますが、分解時に破損させないように注意が必要です。

炎刀のような武装になり、通常の武士味あるスタイルからパワーアップ。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。日本人に馴染み深い戦国武将の出で立ちのせいか、他のキットと比べてもかっこよさが際立って見えますね。絢爛さがとてもよく表現されていますし、造形的なバランスも素晴らしく、魅力あふれるキットになっていると思います。へし切り長谷部を振り抜くポーズにもなんとも言えないかっこよさが感じられますね。

気になる点としては、装甲各部が大柄で華やかな分、抜刀など複雑なポーズを付ける場合は干渉しやすく、破損しそうなところがあります。腰アーマーなども外れやすいので、ポージング時はある程度気を使ったほうが良さそうです。主に刀系の武装のみなので、もう少し違った装備があっても良かったかも。

エフェクトパーツを組み付けて絶刀・燬灼龍堅穿を再現すれば、清らかな武士感から一転、鬼神のようなスタイルに変化するなど、今後の物語を左右するような、キャラクターとしての風格を感じさせるキットになっているのがいいですね。

⇒あみあみでSDW HEROES 信長ガンダムエピオンを探す
⇒楽天でSDW HEROES 信長ガンダムエピオンを探す
⇒楽天でSDW HEROES 駿河屋ガンダムエピオンを探す
⇒ヤフーショッピングでSDW HEROES 信長ガンダムエピオンを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

1件のコメントがあります。

  1. 諸葛亮

    on 2021年4月30日 at 19:21 - 返信

    塗装がめっちゃ必要(めんどくさい)だなぁ特にマントとか

コメントを残す