SDW HEROES エドワードセカンドV レビュー

今回は、SDW HEROES エドワードセカンドVのレビューをご紹介します!

SDW HEROES エドワードセカンドVは、『SDガンダムワールド ヒーローズ』に登場する『エドワードセカンドV』のSDキットです。海賊を思わせる各部形状を新規造形で再現。着脱可能な大型キャノン砲や望遠鏡、サーベルといった特徴的な武装が付属するキットになっています。価格は660円(税込み)です。

戦闘では計算し尽くした頭脳プレーで相手を追い詰めるが、普段はキザでスタイリッシュな性格のベンジャミン海賊団副船長『エドワードセカンドV』がSDでキット化。海賊『黒髭』思わせる『エドワード』の名と機動戦士Vガンダム (小説版)に登場する『セカンドV』の意匠を持つキットになっています。

成型色はホワイト、ダークグレー、ゴールド、レッドをバランス良く配色。仮面パーツと胸部のみクリアーブルー成型色での再現となります。シールは頭部や肩部、仮面パーツなどに使用し、まずまずなボリューム。シールだけでは色が足りないので、各部モールドなどを細かく塗り分ける必要があります。

関節・内部パーツはグレー成型色のSD三国創傑伝シリーズフレームを採用。

ポリキャップは使用されておらず、全てパーツによる構成となっています。背部に背負いものはなく、自立は安定しています。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

バディナージ、メガ・ライアー、仮面パーツ、角度付きのハンドパーツ(左)が付属。

頭部。海賊らしいドレッドヘアーが印象的。ガンダムタイプのキリッとした表情ながらも、荒くれ者のような印象も感じさせるデザインになっています。額のセンサーやアンテナ周りはシールでの色分け。頬の装甲はゴールドに、ドレッドヘアーのラインモールド(ヘアアクセサリー)は赤やゴールド、ホワイトに塗り分けが必要です。組立時にドレッドヘアーを折ってしまわないように注意が必要。

メット部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。消す場合は後ハメ加工が必要そう。後部には別パーツで色分けされたバンダナが造形。後頭部ヘアーは肉抜き穴状態で、白い部分のモールドはゴールドやレッドに塗り分けが必要です。

胴体部。色分けが不十分なのでわかりにくいですが、サイドアーマーや肩部、腰ベルトなどの兼ね合いでロングコートを纏ったようなデザインになっています。

腰部は複数パーツの組み合わせ。赤いベルトラインや前垂れはシールでの色分けです。ゴールドのエングレービング部分はホワイトやブラウンなどに、白い装甲は一部をブルーに塗り分けが必要。

胸部はセカンドVベースですが、表面にはエングレービングが造形されるなど高貴なデザインに。リアアーマーもエングレービングが造形。部分的にホワイトやブルー、ダークグレーなどに塗り分けが必要です。

腰アーマー裏は簡易的な造り。

腕部。派手な造りではないですが、肩にはナイフが造形されるなど海賊らしいデザインになっています。

二の腕、前腕部分は2個パーツ構成で、内側にはごっそりと肉抜き穴があります。ハンドパーツ裏も肉抜き穴。前腕のゴールド装甲はダークグレーやブラウンに塗り分けが必要です。

ショルダーアーマーは2個パーツモナカ割の簡易的な作り。上部や側面に合わせ目ができます。ナイフ刃やナイフベルトはシールでの色分け。肩側のロングコート部分はダークグレーに、ショルダーアーマー下部のラインはゴールドに、後部のベルトはブラウンにと、各部を細かく塗り分ける必要があります。

脚部はサイドアーマー(ロングコートの裾)で全体が覆われるようになっています。サイドアーマーは表面にエングレービングが造形。ホワイトやゴールドに塗り分けが必要です。

アンクルアーマーはホワイトやダークグレーに塗り分けが必要。

ソール部は赤成型色の1個パーツ構成。脚甲はホワイト、側面のエングレービングはゴールドなどに塗り分ける必要があります。

大腿部、膝から下共に内側には肉抜き穴があります。足裏は全体が肉抜き穴。

バックパックは1個パーツ構成の簡易的な作り。ゴールド成型色のみなので、各部をホワイトやダークグレーに細かく塗り分ける必要があります。

SDW HEROESキット(悟空インパルスガンダム、信長ガンダムエピオン)と並べて。どれもエングレービングなど細部モールドが特に細かいですし、それぞれのキャラクターの個性が強く表現されています。

SD 三国創傑伝シリーズキットの孫権ガンダムアストレイと並べて。エドワードセカンドVは何かと孫権をからかうが、良き兄貴分でもあるとのこと。気弱な孫権にあって、気強なエドワードはある意味相性が良いのかも。

肩が左右に引き出せ、首も幅広く可動するSD三国創傑伝キットと同じフォーマット。

ですが頭部は干渉しやすく、わずかに上下する程度。左右へも、後部ドレッドヘアーとバックパックが干渉してほどんど曲がりません。

腕は45度より少し上まで。

肩は引き出しギミックにより、まずまずの前後スイングが可能。

腰は干渉なく360度回転が可能です。アクションベースやスタンドへは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

腰アーマーが干渉するので前後開脚はほとんどできず。膝はギリギリくの字に曲げられました。

足首も前後左右ともわずかです。

左右への開脚はハの字程度でまずまず。

内股、ガニ股も殆どできずで、足首も外側に向けることはできないようです。

可動域の総括としては、腰の回転や左右への開脚はまずまず可動しますが、それ以外の部分は概ね他のキットよりも劣ります。なので、派手なポーズを取るのは難しそう。躍動感が出にくそうなので、ポージングでどう表現するかが課題となりそうです。

バディナージ。柄に銃を備えた大型の曲刀になります。1個パーツ構成の簡易的な作りで、各部をゴールドやダークグレー、ホワイト、シルバーなどに塗り分けが必要です。

背部にマウント可能。

バディナージを装備して。

銃の存在感は薄いですが、大型刃によって攻撃的なポーズを再現することができます。いかにも海賊が持っていそうな形の大剣で、そういった部分でも海賊感がしっかりと表現されているようですね。

角度付きのハンドパーツが付属。グリップに少し遊びがありますし、普通のハンドパーツとは異なるダークグレー成型色なので、塗装なしだとちょっと使いづらいかも。

ですが多少でも表情が違ってくるのはいいですね。

メガ・ライアー。特徴的な形状の大砲になります。表面にはエングレービングなどのモールドが造形。ダークグレー成型色のみなので、各部をシルバーやホワイト、ゴールドなどに細かく塗り分ける必要があります。

こちらも3個パーツの簡易的な造り。上下に合わせ目ができます。

赤いリボン?は可動式。

メガ・ライアーはバックパックのアーム部分にマウント可能で、組み替えることで上方と前方に向けた状態が再現可能です。砲口は浅めに造形されています。

仮面パーツ。モナカ割の簡易的な造りですが、各部にシールを貼るようになっていて合わせ目は隠れます。

仮面パーツは頭部のアンテナパーツを外してその間に組み込みます。

仮面パーツを組み付け、背部にメガ・ライアーを装着することで『ブラストフィーバー』が再現可能。ブラストフィーバーとは、エドワードセカンドVが定めた標準を中心に、標的を一掃する超高出力射撃です。

特に所属エリアはないですが、フォーマットがSD三国創傑伝のキットと同じなのでトリニティバイクへの搭乗も可能です。バックパックとリアアーマーを外してバイクに搭乗。バイクのジョイントアームを背部に接続します。

トリニティバイクに搭乗させて。バックパックはバイクのジョイントアームにマウント。リアアーマーはジョイントパーツを介してバイク後部にマウントしています。

腰の赤い帯が干渉しやすいので、うまく交わすようにして搭乗させます。

所属がないのでショク・エリアのグリーンのバイクに搭乗させてみました。(孫権と絡むので、ゴ・エリアの赤いトリニティバイクにすれば良かったですね;)

シールを貼らない状態で。各部のエングレービングや肩のナイフなどは細かく造形されているのでディテールは申し分ないですね。

仮面パーツはクリアーブルー成型色のみなので、シールのありなしや塗装するとしないでは全く違った感じになります。

適当に何枚かどうぞ。

「・・・んじゃねー!?」「・・・んじゃねーの!?」というセリフが印象的なキャラクター(笑)

怖がりの孫権に苛立つシーンっぽく。

以上です。胸部やバックパックなどにセカンドVの意匠を感じつつも、ロングコートや頭部ドレッドヘアー、望遠鏡型の仮面パーツといった、いかにも海賊のようなデザインがとてもワイルドでかっこいいキットになっていると思います。エングレービングや肩のナイフなど、細部にもこだわりが感じられますね。

気になる点は、素組みでも悪くはないですが、色分けが緻密なキャラクターながらもかなり色が足りず、パッケージ等の見本とはだいぶ差があります。コストなどを考えると致し方ないとは思いますが、もう少しなんとか・・・というところはありますね。それと、造形上干渉しやすく、だいぶ可動が制限されるのであまり派手なポーズは取れないようです。

ですがブラストフィーバーを展開した姿には迫力がありますし、造形の良さは見ていて飽きません。塗装することができればかなり華やかな海賊感も出ると思うので、筆塗りなどで細かく塗り分け、このキット本来の雰囲気を感じてみるのもいいかもですね。

⇒あみあみでSDW HEROES エドワードセカンドVを探す
⇒楽天でSDW HEROES エドワードセカンドVを探す
⇒駿河屋でSDW HEROES エドワードセカンドVを探す
⇒ヤフーショッピングでSDW HEROES エドワードセカンドVを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す