SDBD RX-零丸 神気結晶のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、SDBD RX-零丸 神気結晶のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はバグとの最終決戦時のような雲行き怪しい都市を背景に、神気結晶バージョンが飛翔するシーンが掲載。ただ、神気結晶バージョンの零丸はこの最終決戦には登場していないんですよね。(おそらく;)神気結晶バージョンは最終話の最後の最後に少し登場しただけなので、このパケ絵はあくまでイメージということになるかと思います。

パッケージサイズは一般的なHGと同じ大きさ。通常のSDBD RX-零丸と同じパッケージサイズなのは、一部の武装パーツが省かれて新たに神気結晶バージョン用パーツが加えられているため、ほとんどプラスマイナスの差がないからと思われます。

横絵はホームページの記載内容と同じキット情報が掲載。枠もHGBDデザインの緑ですし、サイコフレームや首巻き、目に至るまで全体的にグリーン割合が高いので、かなり緑々したものになっています。

開封。隙間も無いくらいに満タンに入っています。

全部で3袋分のランナー。

説明書はHGBDフォーマット。機体解説やダイバーのアヤメについて掲載されています。今回のダイバーズ語録は『アヤメ流忍法について』。いつもの単語とは少し異なる解説ですが、F91ベースのガンプラ「F9ノ1(エフクノイチ)」なるものについても掲載されています。

ちょっと気になる情報ですが、「皆の要望が高まれば、いずれ彼女の口から語られるかもしれない」と記載があるので、この神気結晶やアヤメ系のキット、他のHGBDキットの売れ行き次第で外伝化やキット化があるかもです。

では説明書を一通りどうぞ。

以上、説明書でした。前半は赤い零丸と大きな違いはないですが、武器類の組み立て辺りから神気結晶版の武装などが加わってきます。武装装甲八鳥・極はかなり豪華な作りになっていますし、まさにフルアーマーユニコーンガンダムを意識した造形としてアイデア性も高く、遊ベる部分も多くなっていますね。

カラーガイドは赤い零丸に比べ、レッドがグリーンになっているだけでなく、外装や武器のグレーも違うカラーになっています。赤い零丸は普通のダークグレーでしたが、神気結晶版では複雑な調色によってフルアーマーの重厚感あるカラーリングが再現されていると思います。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A2ランナー。グリーン成型色で、CSフレームパーツ。手でパーツを切り離すことができます。

↑Bランナー。ホワイト、ゴールド、グレーのイロプラランナーです。各部外装パーツ類や武装類のパーツ。

↑C1、C2ランナー。ホワイトの外装パーツ類。網状(サイコフレーム)の部分が色分けされていないのを見るとやっぱり味気ないですな;

↑Eランナー。メタリックグリーンのランナーです。武装類や首巻き、リアル体型用パーツなど。神気結晶バージョン用新規ランナーで、大苦無などは大部分の色分けが必要です。

↑Fランナー。ダークグレー成型色で、苦無や極超大筒、武装装甲八鳥・極用パーツ類。

↑ホイルシール。各部を細かく色分けする必要があるので、大量のシールが付属しています。

以上です。零丸と同じく大部分をシールで補うため、組み立てに少し時間がかかってしまうのと、塗装する場合は鬼のマスキング塗装が必要という悩ましいキットです。神気結晶バージョンのフルアーマー形態は個人的にかなり魅力的に感じているので、赤い零丸よりもこちらを制作・塗装すればよかったと少し後悔しています。

さすがにもう一体塗装するには、今のところ気力がありません;造形やアイデア性は高いだけにこの仕様なのはとても残念なので、HGでもこのような色分割がパーツによって可能になるよう、ぜひ今後の製品開発も極めてもらえるといいですね。

⇒楽天でSDBD RX-零丸 神気結晶を探す
⇒駿河屋でSDBD RX-零丸 神気結晶を探す
⇒ヤフーショッピングでSDBD RX-零丸 神気結晶を探す

コメントを残す