SD 三国創傑伝 張飛ゴッドガンダム レビュー

今回は、SD 三国創傑伝 張飛ゴッドガンダムのレビューをご紹介します!

SD 三国創傑伝 張飛ゴッドガンダムは、『SD 三国創傑伝』に登場する『張飛ゴッドガンダム』のSDキットです。進化したプロポーションと、パーツ分割によるSD史上最高峰の色分けを実現。一新された頭身バランスと各所の関節構造により、躍動感あふれるポージングが再現可能なキットになっています。クリアパーツで再現された両腕の大型爪の他、背中にマウント可能な槍「蛇矛」が付属。価格は660円(税込み)です。

城塞都市『ラクヨウ』から関羽雲長νガンダムと共に旅をしていた戦士『張飛ゴッドガンダム』がキット化。三国志に登場する武将『張飛』の名を受け、機動武闘伝Gガンダムに登場する『ゴッドガンダム』の意匠を持つキットになっています。

成型色はホワイト、ブルー、ゴールドをベース。肩部や前腕部などにクリアーレッドを、ソールにレッドを配色し、ゴッドガンダムのイメージに近いカラーリングになっています。シールはツインアイやセンサー、アンテナの一部などを補いますが、部分的に塗装が必要なくらいで素組みでも十分な色分けが再現されています。

関節パーツはグレー成型色で、他のSD三国創傑伝キットと共通のフレームが採用されています。

ポリキャップは使用されておらず、全てパーツによる構成となっています。内部パーツにはグレー成型色のKPSが使用されています。低頭身で大型装備もなく自立は安定。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

蛇矛(じゃぼう)が付属。

頭部。炎を模したようなアンテナを装備し、武将をイメージした印象的な口ひげが造形。剣豪のような力強さを感じさせる作りになっています。アンテナ中央あたりの造形にゴッドガンダムの名残を感じますね。

アンテナの炎は赤、とさか前後のセンサーはグリーンのシールでの色分け。メット部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。

後部には髷(まげ)が造形。髷の下部には肉抜き穴があります。後頭部は一部の装甲はゴールドに塗り分けが必要です。

胴体部。胸部や縦に長い装甲はゴッドガンダムの名残を感じさせる作りになっています。ブルーとゴールド成型色パーツで色分けされ、華やに造形。両肩の装甲を白く塗り分ける必要があります。腰中央の赤い部分はシールでの色分け。背部はグレーの装甲やリアアーマーの一部を青く塗り分ける必要があります。

腕部。前腕に爪、肩部に炎をイメージしたクリアーレッドパーツが配置され、迫力のある作りになっています。

二の腕の内側やハンドパーツ裏面には肉抜き穴があります。肘関節に可動ギミックはなし。二の腕や前腕の一部を白に、肘関節をグレーに塗り分けが必要です。

ショルダーアーマーはホワイトとクリアーレッドの2個パーツ構成。手前の装甲をゴールドのシールで色分けします。裏面は白成型色パーツのみでの構成なので、一部の装甲をゴールドやレッドに塗り分ける必要があります。

脚部側面には道服を模した装甲を装備。装甲はボールジョイント接続でフレキシブルに可動します。ブルーとゴールドパーツで色分けを再現。形状は左右とも同じです。

脚部は大腿部と膝から下がパーツによって色分けされ、膝が曲がるようになっています。一部に肉抜き穴あり。

内側は大部分が肉抜き穴になっています。フロントアーマーはボールジョイント接続でフレキシブルに可動。腰アーマー裏は前後とも簡易的な作りです。

ソール部は2個パーツ構成で脚甲もパーツで色分けされています。足裏は3.0mm穴が造形され、肉抜き穴は少なめ。作りは簡易的ですが、劉備ユニコーンガンダムや関羽雲長νガンダムと違ってパーツで色分けされて作りも良くなっているのはいいですね。

HGキット(HG陸戦型ジム)と並べてサイズを比較。

SD三国創傑伝の劉備ユニコーンガンダム、関羽雲長νガンダムと並べて。どれも色分けが細かく華やか。3体並べると豪華絢爛です。各種ともフレームが同じなので背部形状が同じ。

首の可動範囲が広く、肩は外側に引き出せるギミックがあります。肩可動部が胸部装甲で隠れるので、後方から撮影しています。

なので頭部を広く前後可動させることができます。左右へも干渉なくスイングが可能。

腕はあまり上げることができず45度程度まで。ショルダーアーマーと頭部だけでなく、前腕の爪とショルダーアーマーの装甲も干渉しやすいので注意です。

肩は引き出しギミックと長めのボールジョイント軸により、広めに前後スイングさせることができます。

腹部も可動するようになっているので、上半身を広めに前後スイングさせることができます。

腰は干渉なく360度回転が可能。アクションベースやスタンドへは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚は、脚部が細いのか干渉は少なく、前方に広く展開が可能でした。後方はリアアーマーが干渉するので可動は少なめ。膝はくの字程度まで曲げることができます。

足首は前後左右ともそれなり。特別目立った動きではないようです。劉備や関羽などよりも可動域は少なめ。

股間部がボールジョイント接続で左右の道服のような装甲も干渉するため、左右への開脚はハの字程度までとなります。

内股、ガニ股共に45度程度までですが、足首が干渉なく可動するので外側に広く向けることができます。

立膝は難しそうなので再現していません。可動域の総括としては、全体的な可動域は劉備ユニコーンガンダム関羽雲長νガンダムと同じフォーマットで大きく変わらず。ですが脚が細身なので少し動かしやすい印象でした。あとは腕の作りが派手なので、どこまで干渉なく動かせるかといったところかと。

蛇矛(じゃぼう)。2個パーツ構成のシンプルな作りで合わせ目はありません。中央部分を白やゴールドに、柄の下部をゴールドに塗り分ける必要があります。

蛇矛は背部中央にマウント可能です。

蛇矛を装備して。

蛇矛はグリップにしっかりと差し込んで固定できるので、クルッと回転することなく保持でき、ラクにポーズを取ることができます。

両手持ちはギリギリ保持できるくらいですが、再現することはできました。

造形に派手さがあるので、素立ち状態でも十分な迫力があります。ある程度グリグリ動かせますが、干渉でどうしても腕部や腰の装甲が外れやすかったです。

適当に何枚かどうぞ。

クリアーレッドパーツはブラックライトで照らすと多少吸収して発光するようです。

以上です。ゴッドガンダムをベースに、炎のような各部装甲や頭部の髷、顎髭などからら『剛』をイメージさせる作りになっていて、劉備ユニコーンガンダムや関羽雲長νガンダムとは少し違った個性が出ているのがいいですね。派手めの造形によってポーズにダイナミックさが出ますしインパクトも強いです。

気になる点は他のキットと同様に各部に肉抜き穴があることと、若干ですが他のキットよりも腰の道服状の装甲が外れやすいかなという印象でした。それ以外は良好。脚も比較的細身で首も回しやすく、取り扱いやすいですね。

ある程度の塗装は必要ですが、素組みでも十分な色分けが再現されていますし、脚甲がパーツで色分けされているのも嬉しいところ。他のキットと同様のフォーマットで柔軟性もあるので、自然で迫力のあるポーズが十分に楽しめそうですね。

⇒楽天でSD 三国創傑伝 張飛ゴッドガンダムを探す
⇒駿河屋でSD 三国創傑伝 張飛ゴッドガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでSD 三国創傑伝 張飛ゴッドガンダムを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す