SD 三国創傑伝 孫策ガンダムアストレイ レビュー

今回は、SD 三国創傑伝 孫策ガンダムアストレイのレビューをご紹介します!

SD 三国創傑伝 孫策ガンダムアストレイは、『SD 三国創傑伝』に登場する『孫策ガンダムアストレイ』のSDキットです。進化したプロポーションと、パーツ分割によるSD史上最高峰の色分けを実現。一新された頭身バランスと各所の関節構造により、躍動感あふれるポージングが再現可能なキットになっています。孫堅(別売り)の武器と組み合わせることで、超大型の大剣形態が再現可能。価格は770円(税込み)です。

レッドタイガー代表『孫堅ガンダムアストレイ』の長男であり、特筆すべき戦闘センスを持つ『孫策ガンダムアストレイ』がキット化。三国志に登場する武将『孫策(そんさく)』の名と、機動戦士ガンダムSEED ASTRAYに登場する『ガンダムアストレイブルーフレーム』の意匠を持つキットになっています。

成型色は華やかなクリアーブルーとクリアーオレンジ成型色の装飾を中心に、各部にホワイト、ブラック、ゴールドを配色。ガンダムアストレイブルーフレームに準じたカラーリングになっています。シールは頭部や腰部のモールドと前垂れを補うくらいでわずか。頭部や腰部などに塗装が必要ですが、素組みでもある程度の色分けは再現されています。

孫権ガンダムアストレイほどではないですが、親子ということもあって全体的な形状が孫堅ガンダムアストレイに似たデザインになっています。フレームパーツは他のSD三国創傑伝キットと共通ですが、全体のカラーリングに合わせたブルー成型色になっています。

ポリキャップは使用されておらず、全てパーツによる構成となっています。背部に蒼虎影[牙影](そうこえい[がえい])やデバイスを装備していますが、蒼虎影[牙影]が支えになるため自立は問題なく可能です。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

頭部。チンガードや装飾など、武将味がありつつもブルーブレームをベースにしたメカニカルなデザインになっています。上部には孫堅と同じような鳥頭型の装飾を再現。チンガードや頬の装甲などはゴールドに塗り分けが必要です。額のブルーはシールでの色分け。

頭頂部には、孫堅や孫権にはない髷(まげ)が造形。付け根のゴールドパーツはボールジョイントでフレキシブルに可動します。裏面には肉抜き穴あり。曲げはモナカ割です。後頭部は一部を青く塗り分けが必要。

胴体部。孫堅、孫権と似た形状ですが、部分的に違っています。胸元のゴールドは一部を青く塗り分けが必要。腰部装甲は中央が青いシールでの色分け。部分的に青での塗り分けが必要です。

前垂れは『孫』のモールドの上からシールを貼っての色分け。一部をゴールドに塗り分ける必要があります。腰アーマー裏は簡易的な造り。

腕部。肩には炎のような装飾が造形されています。

二の腕以下は孫権と同じ。内側に肉抜き穴があります。二の腕、前腕共に白一色なので青く塗り分ける必要。ハンドパーツが青成型色なので、腕部全体が白いのは少し違和感がありますね。

ショルダーアーマー前面には、炎のようなクリアーオレンジパーツが造形。前面の一部モールドを青やオレンジに塗り分ける必要があります。後面は白や青に塗り分けが必要。

脚部。ほぼ孫権と同じ形状ですが、アンクルガードとサイドアーマーの形状が少し違って厚みのある作りになっています。

サイドアーマー裏は簡易的な造り。大腿部と膝下、ソールは孫権と全く同じ形状で、内外共に肉抜き穴があります。足裏も大部分に肉抜き穴があります。

背部には中央にバックパック型のデバイス、左右に蒼虎影[牙影](そうこえい[がえい])を備えたユニットを装備。

蒼虎影[牙影]はクリアーブルーとクリアーオレンジ成型色パーツ構成で、剣先は伸ばし切る事が可能です。

デバイスは簡易的な1個パーツ構成。ジョイントパーツ(グリップパーツ)を介して背部に接続します。

デバイスに挿入されるキバメモリはクリアーブルー成型色での再現。表面にはキバのようなモールドが入っています。

デバイスと蒼虎影[牙影]を組み合わせることで、大剣の『蒼虎影[大牙影](そうこえい[だいがえい]』が再現可能。タクティカルアームズのソードフォームのような武装になっています。

孫権ガンダムアストレイと並べて。兄弟なのである程度似てはいますが、ブルーフレームとレッドフレームで装備が違いますし、後頭部や肩部の形状など部分的に見るとだいぶ違っています。

孫堅ガンダムアストレイ、孫権ガンダムアストレイと並べて。親子・兄弟関係なので、アストレイ系という意味では雰囲気などは同じ。

その他のSD三国創傑伝シリーズキット(孫尚香ストライクルージュ、周瑜アカツキ)と並べて。各種ともゴ・エリアのキャラクターになります。孫尚香とは兄妹ですが、近いのはカラーリングくらい。

肩が左右に引き出せ、首も幅広く可動するSD三国創傑伝キット共通のフォーマット。

頭部の可動は、背部にユニットを装備している場合は干渉してわずかしか上下できません。

ユニットを外すと高くまで見上げることが可能。左右へは、顎や裾が干渉しやすいので45度程度までのスイングとなります。画像では水平にまでスイングさせていますが、かなり浮いて頭部が抜けるギリギリの状態です。

腕は水平まではいきませんが、ある程度上げることが可能です。孫権よりも可動域が広め。

肩は外側に引き出すことで広めに前後スイングさせることができます。

前後に展開可能なSD三国創傑伝シリーズのフォーマットですが、背部ユニットが干渉するので上半身の前後スイングはあまり広くはありません。

腰は360度回転が可能。アクションベースやスタンドへは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚は幅広く展開が可能。膝も深くまで曲げることが可能です。このあたりは孫権と同じ。

足首の可動は前後左右ともわずかです。

左右への開脚はハの字程度まで展開が可能。

内股はそれなり。がに股は開いたような表現が可能です。

可動域の総括としては、各部装飾だけでなく、背部ユニットも干渉しやすいので、全体的に可動が制限されるようです。ただ、ユニットを外して大剣として保持させたりすることで、SD三国創傑伝シリーズのフォーマット可動をより活かせるようにはなると思います。

蒼虎影[牙影](そうこえい[がえい])を装備して。

トンファーのような特徴的な持ち方で、一味違った攻撃態勢を取ることができます。ポージングに関しては、首周りや肩が干渉しやすいので動きは割と制限されるようですね。

デバイスと蒼虎影[牙影]を組み合わせて、大剣の『蒼虎影[大牙影](そうこえい[だいがえい]』に。多少重量はありますが、特に肩関節が負けることもなく、しっかりとした保持が可能です。ポーズも付けやすいですね。

蒼虎影[牙影]と、孫堅ガンダムアストレイ(別売り)に付属の大型バックパック『骸ノ神器(むくろのじんぎ)』と『立神(たてがみ)』、タイガーメモリを組み合わせることで、超大型の大剣形態が再現可能です。

キバメモリは立神のデバイスに装着。

大剣形態は片手でも保持が可能。キット自体が軽量なので、たまに根こそぎ持っていかれることはありますが、肩に強度があるので重量で垂れることはありません。

超大型の武装なので、ダイナミックで迫力のある攻撃態勢を取ることができます。

柄にジョイントパーツを連結することで両手持ちも可能になります。

両手持ちさせるとあまり派手なポーズを取ることができないのが玉に瑕。持ち上げるか、振り下ろすようなポーズがとれるくらいで、かっこよく決めるのはなかなか高度な技術が必要そうです。ですがそのままでも十分な迫力はありますね。

太史慈デュエルガンダム(別売り)の轟連(ごうれん)と組み合わせることで、『回転式機関銃-號虎大轟連-(かいてんしききかんじゅう-ごうこだいごうれん-)』が再現可能。

左側面には孫策のキバメモリを、右側面には太史慈デュエルガンダムのガトリングメモリを装着します。

回転式機関銃-號虎大轟連はタクティカルアームズのガトリングフォームのようなスタイルになっています。この武装は主に孫策が射撃し、太史慈はサポートする側になるようです。

もちろん孫策単独での装備も可能。

トリニティバイクへの搭乗は、通常通りリアアーマーを外しての搭乗となります。背部のデバイスなども外しておきます。リアアーマーはジョイントパーツを介してバイク後部に装着。背部にバイクのジョイントアームを接続します。

キバメモリはバイクのコンソールデバイスに装着可能。

トリニティバイクに搭乗させて。デバイスは組付けが難しかったので取り付けていません。蒼虎影[牙影]は特に指定がないので背部に装着してみました。

ゴ・エリアのキャラクターなので、赤いトリニティバイクに搭乗させます。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。孫堅や孫権と同様にヒロイックさと野性味のある特徴的な容姿ですが、クリアーブルー成型色には落ち着きを感じますし、冷静なキャラクターであることが伺えますね。ブルーフレームを意識した各部形状には、前述した2体にはないメカニカルさがあり、孫策ならではの良さが感じられます。

気になる点はあまりないですが、頭部が干渉して左右に動かしにくいので、細やかなポーズを取るのは少し難しいかもです。頭部を動かせば干渉で肩可動にも影響がでてくるので、腕を動かすのもぎこちなくなってきます。

ただ、可動に不十分さは感じつつも、タクティカルアームズベースの背部ユニットは様々なパターンの武装が表現できますし、蒼虎影[牙影]も個性的でトンファーや大剣など様々な形態に変化します。他のキットと組み合わせることで超大剣やガトリングフォームのようなスタイルになるなど、演出に事欠かないキットになっているのがいいですね。

⇒あみあみでSD 三国創傑伝 孫策ガンダムアストレイを探す
⇒楽天でSD 三国創傑伝 孫策ガンダムアストレイを探す
⇒駿河屋でSD 三国創傑伝 孫策ガンダムアストレイを探す
⇒ヤフーショッピングでSD 三国創傑伝 孫策ガンダムアストレイを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す