icon
icon
icon

SD 三国創傑伝 周瑜アカツキ レビュー

今回は、SD 三国創傑伝 周瑜アカツキのレビューをご紹介します!

SD 三国創傑伝 周瑜アカツキは、『SD 三国創傑伝』に登場する『周瑜アカツキ』のSDキットです。進化したプロポーションと、パーツ分割によるSD史上最高峰の色分けを実現。一新された頭身バランスと各所の関節構造により、躍動感あふれるポージングが再現可能なキットになっています。バックパック形態や火炎放射器形態、盾形態が再現可能な焔型のエフェクトが付属。価格は880円(税込み)です。

ゴ・エリアで活躍する流通ギルド「レッドタイガー」の参謀『周瑜アカツキ』がキット化。三国志に登場する武将『周瑜(しゅう ゆ)』の名を受け、機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する『アカツキガンダム』の意匠を持つキットになっています。

成型色はゴールド2色とクリアーレッドがメイン。部分的にクリアーブラックを配色しますが、色種自体は少なめ。ゴールドは深みのあるゴールドと軽いゴールドの2色構成でアカツキガンダムらしいカラーリングになっています。ツインアイのみシールでの色分け。素組みでも十分なくらいの色分けが再現されていますが、細かいモールドや脚甲などは塗装が必要です。

関節パーツはブラック成型色で、他のSD三国創傑伝キットと共通のフレームが採用されています。

ポリキャップは使用されておらず、全てパーツによる構成となっています。背部に専用兵装の「不知火(しらぬい)」を装備していますが、後方に比重はほとんどかからず自立は安定しています。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

百来(ひゃくらい)が付属。

頭部。アカツキガンダムらしい額装甲や装甲に加え、頭頂部には翎子(りんず)や文官帽、かんざしが造形されるなど存在感のある作りになっています。

かんざしは別パーツでの色分け。細身なので折ってしまわないように注意が必要です。メット部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。

塗装は翎子の節目をゴールドに塗り分けるくらいでごくわずか。後部にはクリアーレッド成型色の後垂れが造形されるなど個性的なデザインになっています。後頭部のモールドは赤く塗り分けが必要そうです。

胴体部もアカツキガンダムらしい装甲が造形されています。胸元やフロントアーマーの細かい丸モールドはメタリックブルーに塗り分けが必要。エアインテーク内部や腹部左右のフィン状装甲は黒く塗り分けが必要です。リアアーマーも一部を赤く塗り分けが必要。

腰アーマー裏にモールドはなく、各部とも簡易的な作りになっています。サイドアーマーのクリアーレッド成型色パーツは一部をゴールドに塗り分けが必要。

腕部。アカツキガンダム特有の左右に長く伸びるショルダーアーマーなどが造形されています。ショルダーアーマー前面にはクリアーブラック成型色で再現された羽毛のような装甲が造形。

二の腕から前腕は2個パーツ構成で肉抜き穴はハンドパーツ裏にできるのみ。モナカ割なので前後に合わせ目ができます。肘は黒く塗り分けが必要。

ショルダーアーマーはクリアーレッド成型色パーツを挟むことで各部モールドが色分けされているため、上部に合わせ目ができます。先端側面の丸モールドはメタリックブルーに塗り分けが必要。

脚部はアカツキガンダムのゴツゴツとした形状がそのまま再現されたような形。膝の装甲は黒やメタリックブルーに塗り分けが必要です。

大腿部内側や脚部装甲の後部には肉抜き穴があります。後部の肉抜き穴はちょっともったいない気も。

ソール部はクリアーレッド成型色の1個パーツ構成。脚甲などをゴールドに塗り分ける必要があります。足裏はつま先側に3.0mm穴がありますが、それ以外はすべて肉抜き穴です。

背部には特徴的な武装の不知火(しらぬい)を装備。炎が吹き出したような個性的な兵装になっています。頭部の翎子と干渉しやすいので脱着などの取り扱いには注意が必要です。

周瑜アカツキ本体とは、厚みのあるジョイントパーツ接続。ジョイントパーツは下部に肉抜き穴があって造りは簡易的。

不知火はゴールド成型色のシールドパーツと4本の焔(ほむら)型エフェクトパーツで構成されています。

焔型のエフェクトパーツは3箇所に3.0mm穴が造形。他キットの武装と組み合わせることでカスタマイズもできそうです。

各部パーツを組み換えることで、シールドのようにして背部にマウントすることもできますし、ジョイントパーツを組み換えればシールドとして保持することも可能です。

HG陸戦型ジムと並べてサイズを比較。頭部の翎子や背部の不知火が大柄なため、HGキットと並べてもそれなりのサイズ感があります。

孫堅ガンダムアストレイと並べて。幼少より孫家とつながりのある周瑜ですが、どちらも派手な出で立ちで存在感があります。

その他のSD三国創傑伝キット(劉備ユニコーンガンダム、荀彧ストライクノワール)と並べて。周瑜、荀彧共に参謀的な役割なので、ストーリー的に見ても性格が合いそうですね。(個人的な感想です;)

肩が左右に引き出せ、首も幅広く可動するSD三国創傑伝キット共通のフォーマット。

ですがバックパックが干渉するので、頭部の上下可動はごくわずかです。

バックパックを外せば広く見上げることができます。左右へも、背部不知火と頭部の翎子が干渉するのでスイング幅はわずか。ですが背部の不知火を外せば干渉がなくなるので広めにスイングできるようになります。

腕はショルダーアーマーが頭部と干渉しやすいですが、ある程度上げることができます。

肩も引出しギミックなどで広めに前後スイングさせることが可能です。

フォーマットの腹部、背部展開ギミックがありますが、装甲が干渉するので上半身の前後スイングはあまり広くはないようです。

腰は干渉しやすいですが、一応360度回転させることができます。アクションベースやスタンドへは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚はある程度展開しますが、装甲が干渉しやすいのでぎこちない印象です。膝もそれなりといった感じ。

足首の可動も、前後、左右ともあまり広くはありませんが、外れるか外れないかくらいでもう少し展開が可能です。

左右への開脚はハの字程度まで。

内股、ガニ股はは他のキットとほぼ変わらず。特別広い印象はありません。

可動域の総括としては、全体的には他のキットに比べても大きく変わりませんが、装飾が派手な分、色んな所で干渉しやすい印象でした。ただ、背部のバックパックを外せば頭部の干渉が避けられるので、そうすれば適度なポージングは再現できそうです。

百来(ひゃくらい)。多彩な機能を備える万能銃とのこと。1個パーツ構成で片側には肉抜き穴があります。後部にはフレイムメモリを挿入するデバイスも造形。

フレイムメモリ。クリアーレッド成型色で、その名の通り、表面には炎のようなモールドが造形されています。メモリの形状は他のSD三国創傑伝キットに付属しているものと同じなので交換することができます。

百来(ひゃくらい)を装備して。シンプルな武装なので保持させるのもかなりラク。グリップとハンドパーツのサイズが合っているので遊びもなく、しっかりと保持させることができます。

不知火を背部に装備していると頭部があまり左右に向けられないので、オーソドックスなポーズを取るくらいかなといった印象です。ですがシールドとして装備すると干渉がなくなるので、割と柔軟なポーズを取ることができます。

不知火シールドを装備すると迫力が増していいですね。ただ、シールド型にした不知火はハンドパーツとの固定強度が甘く、クルッと角度が変わりやすいので注意が必要です。

焔型のエフェクトパーツは単体としても保持が可能。短剣のような武装として使用することができます。

焔型のエフェクトパーツを連結させ、百来の先端に装着すれば、『百来万焼大業炎(ひゃくらいばんしょうだいごうえん)』という火炎放射器タイプのエフェクトとして使用可能です。

多少重量で二の腕のボールジョイントが垂れやすいですが、肩のボールジョイントはしっかりとしているのでしっかりと保持させることができます。

本当に百来が火を吹いているような感じになって面白みがありますね。

焔型のエフェクトパーツは単体で飛ばし、ドラグーンっぽく使っても良さそうです。

トリニティバイクへも搭乗も問題なく可能。他のキットと同じく、背部のバックパックとリアアーマーを外して搭乗させます。不知火はバイク後部に干渉してしまうので、分解して各部に組み付けました。リアアーマーもジョイントパーツを介して後輪の側面に配置。

トリニティバイクに搭乗して。ゴ・エリアのキットなので、赤いトリニティバイクに搭乗させます。

焔状のエフェクトがバイクを個性的に彩ってくれます。炎のライダーっぽくいいですね。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。ゴールドが2色になっていて、アカツキガンダムらしい深みのあるゴールドで全体的に上品さが出ていると思います。きらびやか且つ知性も感じさせるような造形になっていて独自のかっこよさがありますね。不知火も様々な形態にできるなど遊びの幅もあるので、取り扱っていて楽しいです。

気になる点としては、頭部の造形は凝っていてすごいですが、背部に不知火を装備した状態だと翎子が干渉して思うように動かせません。細いかんざしなども造形されているので、破損には少し注意が必要かなと思います。

不知火は百来と組み合わせることで火炎放射器のような武装にできて迫力がありますし、トリニティバイクに組み付ければ炎を纏ったバイクのような面白い演出も可能。各部装甲が大きいですが割とポージングも決まるなど、期待以上の幅広い楽しみ方ができるキットでした。

⇒あみあみでSD 三国創傑伝 周瑜アカツキを探す
⇒楽天でSD 三国創傑伝 周瑜アカツキを探す
⇒駿河屋でSD 三国創傑伝 周瑜アカツキを探す
⇒ヤフーショッピングでSD 三国創傑伝 周瑜アカツキを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す