SDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セット レビュー

今回は、SDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットのレビューをご紹介します!

SDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットは、『SDCS RX-78-2 ガンダム』と『クロスシルエットフレーム[ホワイト]』のセットです。SDフレームとCSフレームの2種類が付属し、それぞれのフレームに換装することで自分好みのプロポーションが楽しめるキットになっています。価格は1,512円(税込み)。

2種類のフレームと外装の組み合せで理想のプロポーションを実現する『SDガンダムクロスシルエット』。シャープな造形とディフォルメされた姿が特徴的なRX-78-2ガンダムです。まずはSD(スーパーディフォルメ)フレームを使用した2.5等身のプロポーションから見ていきます。

外装は一部シールで補う箇所もありますが、全体的にはパーツによって細かく色分けされています。短足でどっしりとしているので、自立はかなり安定。造形もしっかりとしていますし、モールドも多数で情報量の多いキットになっています。

ポリキャップは使用せず、各部がプラ素材(PS)のボールジョイント式。関節はまずますしっかりとしていますが、頻繁に可動させているとヘタれてくるかもです。ランナーは手でパーツを切り離すことが可能。一部のゲートは太いのでニッパーを使うようになっています。

頭部。バルカンや側面のダクトなど、各部が細かく色分けされていて、MGのガンプラレベルのしっかりとした造形に。SDの特徴で頭部が大きいこともあり、組合せが自由に構成できるのが十二分に活かしてあります。

とさか後部のセンサーは赤いシールによる色分けです。両脇の外装パーツは左右挟み込みタイプなので、後部中央には合わせ目ができます。

頭部はメットとフェイスパーツで分離可能。ツインアイはパーツによって色分けされた側と、瞳のあるツインアイシールを貼った状態がパーツの組み換えでチョイス可能。ですが今回は、瞳ありで赤いクマドリがほしかったので、パーツが色分けされている部分に瞳入りのシールを貼ってレビューしてみました。

胸部。モールドも適度に入っていますし、エアインテークや襟など、各部がパーツによって細かく色分けされています。

腰部。フロントアーマーなどは独立可動しませんが、ヘリウムコアも色分けされ、SDの造形としてはしっかりとしているかと。中央のV字のところはシールによる色分けです。

腕部。短くて簡易的な作りながらも、モールドも入っていて造形もまずまず。ショルダーアーマーも1個パーツながら適度にモールドが入っています。

脚部。短足なのでほぼ足首から下の部分で占められていますが、膝やふくらはぎの造形などもしっかりと造形されています。膝から下が左右挟み込みタイプなので、前後に合わせ目ができます。合わせ目は一部のみ、段落ちモールドになっています。

足裏は適度に造形されていますが、肉抜き穴もガッツリです。

バックパック。1個パーツながらも通常のガンダムと変わらない造形が再現されています。

下部のバーニアは簡易的な造形。サーベル柄は内部でつながっていますが、ボールジョイント型になっているので、切り離すとそれそれ独立可動したり脱着させたりできそうですね。

HG陸戦型ジム、ハロプラハロ、パンダッガイと比較してみました。HGの2/3くらいの大きさ。愉快な仲間たちって感じですね^_^;

頭部は適度に上下可動します。

ちょっとぎこちないですが、左右へは顎が干渉するまで可動させることができます。腕は水平より少し上にまで上げることができます。SDフレームでは肘が曲がるようにはなっていません。

SDフレームは肩に可動ギミックはなく、ボールジョイントを少し引き抜いて適度に前後スイングする程度。

股関節に3mmのダボ穴があるので、アクションベースにディスプレイが可能です。小型キットなので外れにくく、ポージングもしやすいです。

フロントアーマーも可動せず、膝などが干渉するので足はほとんど前後可動などをさせることはできません。適度にバタついた形状にできる程度。足首は伸ばしたりする表現は適度に可能です。もちろん立て膝も不可。

関節の可動域が広くない割に、小型だからか、ちょっと動かしただけでも派手さのあるポージングになります。

CSフレーム、ビーム・ライフル、シールド、ビーム・サーベルが付属。画像手前に写っている余剰パーツが1個付属します。(このRE-78-2ガンダムでは、CSフレームに取り付けているジム頭も余剰パーツ扱いです。)

ビームライフル。グレーのみの成型色です。本体部分は1個パーツなので合わせ目はありませんが、適度にパーティングラインが入っています。センサーやサブグリップは可動式。センサーはシールによる色分けです。

シールド。数個パーツの組合せ。十字部分はゴールドのシールによる色分けで、白いパーツにシールを貼ったあとに外装の赤いパーツを被せるようになります。キレイに色分け出来てますね。裏面は細かくモールドが入っています。

ビームライフルとシールドを装備して。

シールドはハンドパーツにグリップを差し込み、前腕にダボを差し込んで固定します。ビームライフルもハンドパーツに差し込むだけ。どちらもしっかりと保持できるので、ポージングしていて外れることはなかったです。

シールドのグリップを外して下部に取り付けることで、バックパックにマウントさせることができます。こちらも外れること無くしっかりと固定されました。バックパックのサーベル柄には肉抜き穴があります。

ビームライフルの両手持ちはかなり苦しいですが、なんとか手が届くかなという感じ。

ビーム・サーベルは白い成型色なので、サーベル刃は塗装する必要があります。ハンドパーツに差し込むだけですが、抜け落ちることもなく、保持はしやすいです。

ビーム・サーベルの柄部分にも肉抜き穴があります。キットの関節をちょっと動かすだけで派手さのあるポージングができるのはいいですね。

外装とSDフレーム、CSフレームを並べて。

CS(クロスシルエット)フレーム。細身のメカメカしいフレームになっています。

余剰のジム頭は前後挟み込みタイプの簡易的造形。側面に合わせ目ができます。バイザー用のシールなどは付属しません。

SDフレームとCSフレームを比較してみました。身長差がありますし、CSフレームは肩や肘、膝が可動するようになっています。胸部にはSD(中央)とCS(左胸)のモールドが印字されていて、どのフレームかわかりやすいようになっています。

CSフレームはSDフレームよりもリアルで人間味のある表現が可能です。

続いてCSフレームを使用したRX-78-2ガンダムです。SDフレームに比べて少し長身になり、腕部や脚部が柔軟に可動するような形状になっています。瞳入りのツインアイをはめてみましたが、少し違和感を感じます。

なので瞳なしにしました。こちらのほうがしっくりくるかも。

SDフレームとCSフレームに外装パーツを被せた状態での比較です。どちらも体型バランスはいいと思うので、好きな方を組み換えてって感じですね。

足が長くなり、フレームの大腿部が露出しています。腕部も腕が長くなったので二の腕のフレームが露出しました。

肘を90度以上に曲げることができます。二の腕裏にはフレームの肉抜き穴が見えています。

肩は外装パーツ内で前後にスイング可動します。

肘が可動するので、SDフレームに比べて柔軟な表現が可能になっています。足首はボールジョイントと軸が露出しやすいので、少し気になるかも。アンクルガードで隠すなりするといいかもですね。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。この可愛らしい姿がとても親しみを持てますし、色分けもしっかりとしていてそのままで十分SDとしての魅力が楽しめます。関節はそれほど広くないものの、思ったよりいろんなポーズや表現もできるので、ポージングもカッコいいですし楽しいですね。

ポリキャップではないですがそれほど外れやすいわけでもないですし、関節がかっちりとしています。サクッと組み立てられる手軽さもいいですね。マスコットとしても楽しめるので、机などに並べて飾ったり、低価格なのでこのシリーズを揃えて優越感に浸るのもいいかもです。

⇒楽天でSDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットを探す
⇒駿河屋でSDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットを探す
⇒ヤフーショッピングでSDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セットを探す

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2018年6月30日 at 16:51 - 返信

    クマドリの方に瞳つけるのも凛々しくていいですね

    • nori

      on 2018年7月2日 at 00:53 - 返信

      コメントありがとうございます!
      評価いただき感謝ですm(_ _)m
      SDといえば瞳付きのみの可愛らしいフェイスが特徴なんですけど、もう少し強さを出したかったのでこんな感じにしてみました。
      結果、なかなかいい感じなので、こんなチョイスもありなんだなと感じていただけたら嬉しいです^_^

コメントを残す