RG ユニコーンガンダム (バンデシネVer.)の制作① 小改修

今回は、RG ユニコーンガンダム (バンデシネVer.)の制作①をご紹介します!

今回からRGユニコーンガンダムのバンデシネ版を制作していきます。最近プレバン商品の制作ばかりしているので、そろそろ一般発売の王道商品も一個は作っておかねばな~と思って手をつけることにしました。(バンデシネ版は一応限定品ですけど;)

RGユニコはサイズは小さいのにほぼ完全に近いくらいの変形を実現したとても優秀なキットです。ですがそれ故、パーツ数もMG並にあります。なので今回の制作では、あんまり大変なのも疲れるので、比較的ゆる~い感じで作っていきたいと思います。・・・といいつつMGユーマゲルググもドット迷彩やらいろいろとやっちゃっているので、RGユニコも終わり頃にはどうなっているのやら^_^;

まぁ、予定としては簡単な合わせ目消しや肉抜き穴埋め、塗装では細かいモールド類を埋めてしまいたくないので、サフなども吹かずに塗装のみで仕上げたいと思います。一応バックパックにはメタルパーツをつける予定で、武器類はキズが目立ちやすいのでサフを吹くかもです。ぜひ最後までお付き合いいただければと思いますm(_ _)m それでは制作をどうぞ。

まずはハイパーバズーカとビームマグナムのセンサー部分をクリアーパーツ化するため、クリアーのプラ板をセンサーの大きさにカットしておきます。後で下にミラーフィニッシュシートを貼り、プラ板をクリアーグリーンに塗装する予定です。カットしたプラ板はマスキングテープなどに貼り付けて、なくさないようにしておきます。

ハイパーバズーカのマガジンの固定部には肉抜き穴があるので、タミヤのエポパテで埋め、ヘラに水をつけつつキレイに塞いでおきます。

予備マガジンは合わせ目を消すため、後ハメ加工をしていきます。内部はこんな感じになっていて、グリップパーツ、もしくはマガジン本体を加工することで後ハメにできますが、今回はグリップパーツに手を加えていきます。

グリップパーツは画像の赤線の部分を切り取って右のようにしておきます。これで後ハメ加工は終了。簡単です^_^

マガジン本体はタミヤのイージーサンディングを使って接着。イージーサンディングは合わせ目消しがしやすい接着剤です。

パテやイージーサンディングが乾燥したら、表面をヤスリがけしてキレイにしておきます。

あとはパーツ類をひたすらヤスリがけ。400番で削って1000番で慣らす感じです。今回はサフを吹かないので1000番までしっかりとって感じですが、基本アンダーゲートなのでヤスリがけはラクでした。(実は適当に済ませました(笑))

バズーカやマグナムなどのヤスリがけは画像のようにパーツを組合せてからすると時短になりますし、角が丸まらないのでやりやすいですね。クリアーのサイコフレームは内部パーツなのでほとんどヤスリがけをしていません。(ゲート部分は隠れますしね;)

バズーカの砲身やサーベル刃はパーティングラインを消しておきます。アドバンスド・MS・ジョイントパーツはクリアーピンクとグレー成形色が混ざっていますが、すべてグレー系で塗装してしまおうかと悩み中。フェイスパーツのみ、マスキングで塗り分けしようと思います。

すべてヤスリがけを済ませたら、パーツ洗浄をしてしっかりと乾かし、塗装に備えます。塗装するパーツごとにタッパーにより分けてからパーツ洗浄しておきました。

以上、今回はここまでです。サイコフレームはメタリックレッドに塗装する予定なので、完成状態は以前作ったHGUCフルアーマーユニコーンガンダムみたいな感じかなと思います。ですがHGより情報量は多いですし、ユニコーンモードとデストロイモードが味わえるのもいいですね。塗装後は変形にどれくらい融通性があるのかも楽しみです。

あと、梅雨なので塗装できるかが微妙;天気を見つつ、のんびりと制作していきたいと思います。この季節、雨が多くて地盤がゆるくなっていたりしますし、通勤、通学なども傘をさす人が多くて何かと不自由だったりします。いろいろと大変な部分もありますので、怪我などにも十分注意してお過ごしくださいませ。

それでは良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でRG ユニコーンガンダムを探す
⇒駿河屋でRG ユニコーンガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでRG ユニコーンガンダムを探す

コメントを残す