RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (最終決戦仕様) レビュー

今回は、RG 1/144 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (最終決戦仕様)のレビューをご紹介します!

RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (最終決戦仕様)は、『機動戦士ガンダムUC』に登場する『ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン』の最終決戦仕様1/144スケールモデルキットです。サイコ・フレームが落ち着きと渋みのあるクリアーグリーン成型色で再現され、最終決戦仕様のグリーンに変更されたリアリスティックデカールも付属。価格は4,320円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

一般発売のRG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(以下、通常版)と形状や装備はほぼ同じですが、サイコ・フレームがクリアーイエローからクリアーグリーンに変更された最終決戦仕様になっています。

ユニコーンモードの場合、サイコ・フレームが確認できないので見た目は通常版とほとんど変わりません。腰アーマーや脚部のダクト類は通常版と同じくゴールド成型色で再現されています。外装も通常版と同じ成型色で、画像ではわかりにくいですが2色のネイビーパーツで構成されています。

組み立て直後は各部強度も高く、ユニコーンモード、デストロイモード共にかっちりとしていて崩れにくいキットになっています。逆に肩などは硬すぎて破損に注意が必要なくらい。可動箇所が多くてもポージングしやすいのもいいですね。ただ、通常版が経年で劣化し、各部強度が弱まっていたので、これも時間が経つと劣化するかもです。

ユニコーンモードはほぼ通常版と同じなので、各部を簡単に見ていきます。頭部はバンシィ特有の造形で、存在感あるアンテナはゴールド成型色。マスクもゴールドです。

上半身。胸部や腕部はユニコーンガンダムと同じ形状ですが、襟が特有のギザギザ型でワイルドさのある造形になっています。バックパックにはこちらも特有のアームド・アーマーXCを装備。ちなみにXCとは「Xeno – Connect(ゼノ・コネクト)」の略称。外装ジェネレーター兼サイコミュ拡張ユニットです。

下半身はユニコーンガンダムと全く同じ形状です。

外見は通常版と同じですが、コックピットハッチを開くとサイコ・フレームのクリアーグリーン成型色が露出したり、腰アーマーを展開させると裏打ちパーツのクリアーグリーン成型色がチラ見したりします。

RGバンシィ・ノルン(最終決戦仕様)の各部詳細や可動域については、一般発売のRG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルンと同じなのでそちらののレビューをご参考くださいm(_ _)m  ⇒RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン レビュー

アームド・アーマーDE、アームド・アーマーDE用マウントパーツ、ビーム・マグナム(リボルビング・ランチャー付き)、ビーム・ジュッテ(ビーム・ジュッテ用グリップ、ビーム・ジュッテ刃)、ビーム・サーベル刃☓2、固定用アンテナ(ユニコーンモード、デストロイモード)、平手(左右)、武器持ち手(左右)、リディ・マーセナスフィギュアが付属。

ユニコーンガンダム用の余剰パーツが付属。アンテナがないので、通常のユニコーンガンダムとして組むことはできません。

リアリスティックデカールが付属。最終決戦仕様なので、各部のマーキングがオレンジやホワイトからグリーンに変更されています。ユニコーンモード、デストロイモード共にアイのシールもレッドからグリーンに変更されてます。

アームド・アーマーDE。RGなので細かく色分け、パーツ分けがされています。シールドのサイコ・フレームがクリアーグリーンに変更されています。

リボルビング・ランチャー付きのビーム・マグナム。通常版に付属のものと同じです。

リボルビング・ランチャー、マガジン(Eパック)は共に脱着可能です。

リボルビング・ランチャーは内部パーツを組み換えることでシリンダーが一穴開口。ビーム・ジュッテが取り付けられるようになっています。

アームド・アーマーDEとビーム・マグナムを装備して。ビーム・マグナムは手のひらのダボ固定でしっかりと保持できますし、アームド・アーマーDEも前腕にカチッと固定されるので、保持力はまずまず高め。

可動範囲も広く、造形、プロポーションもいいので、どんなポーズでも様になります。めちゃくちゃかっこいいですね。

アームド・アーマーXCを広げ、マウントパーツを使うことでバックパックにアームド・アーマーDEが装着可能です。

ビームサーベル刃はクリアーピンクで通常版と同じ。

続いてデストロイモードです。クリアーグリーンのサイコ・フレームが露出。通常版のクリアーイエロー(クリアーオレンジ)に比べてクリアーグリーンに深みがあるので、全体的に少し落ち着きのあるカラーリングになっています。

発光している感じを出したいなら、塗装するか、クリアーパーツの裏にハセガワのミラーフィニッシュシートなどを貼ったりすると鮮やかさが増すかもです。

各部が展開して少し長身になったことで、ユニコーンモードに比べると若干自立に不安定さが出ます。ですがそれでも、接地は良いですし、関節強度が高く、背中のアームド・アーマーXCが展開して後方に比重がかからなくなったことで自立は安定します。

通常版はアイパーツがクリアーレッドですが、最終決戦仕様ではクリアーグリーンパーツになっています。

頭部。アンテナやフェイスが展開してガンダムらしい形状に。ツインアイがグリーンなので、通常版とは一味違った表情になっています。画像下は通常版の頭部です。

胴体や四肢各部。サイコ・フレームがグリーンになったことで、やや深みのある印象に。

バックパック。アームド・アーマーXCのサイコ・フレームも成型色がグリーンに変わったことで、印象が違うものになっています。画像下は通常版のバックパックで、サイコ・フレームはクリアーイエローです。※通常版はクリアーパーツの内側に付属のシールを貼っています。

通常版と比較して。サイコ・フレームの色が違うだけで、グッと引き締まった印象のバンシィ・ノルンになりました。ですがどちらもそれぞれの良さがありますね。

(追記:2019/2/26)サイコ・フレームは、ブラックライトで照らすと鮮やかに発光します。通常版のサイコ・フレームもイエローに発光します。

ただし、通常版のツインアイパーツ(クリアーレッド成型色)は発光しないので、発光時のフェイスには少し差が出るようです。

展開した状態のアームド・アーマーDE。サイコ・フレームが広く露出したことで、頑丈さみたいなものがより強調されているような気がします。下部のアームド・アーマーDEパーツが外れやすかったですが、個体差があるかもです。

ビーム・マグナムとアームド・アーマーDEを装備して。展開したアームド・アーマーDEが背中のアームド・アーマーXCと干渉しやすいので、アームド・アーマーXCを少し交わしてやるとラクに保持できるかと。

デストロイモードの画像を適当に何枚かどうぞ。

RGフルアーマー・ユニコーンガンダム(覚醒仕様のユニコーンガンダム)と並べてラストシーンを演出。

以上です。元々精工にできているRGユニコーンガンダム系キットなので、ユニコーンモードでもデストロイモードでも完成度が高く、ポージングのかっこよさはピカイチです。組み立て直後だと強度も高くポージングしやすいですし、ぽろりも殆ど無いので取り扱いやすいですね。

そしてサイコ・フレームがグリーンに変化したことで、最終決戦仕様として存在感のあるバンシィ・ノルンが楽しめますし、フルアーマー・ユニコーンガンダムと組み合わせることでラストシーンの演出も可能になっています。なので、このキットを使ってインダストリアル7をコロニーレーザーから守った「白き一角獣と黒き獅子」が再現できるのは、ファンとしての楽しみの一つなのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でRG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (最終決戦仕様)を探す
⇒駿河屋でRG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (最終決戦仕様)を探す
⇒ヤフーショッピングでRG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (最終決戦仕様)を探す

4 件のコメントがあります。

  1. 名無しのガンダム好き

    on 2019年2月26日 at 06:30 - 返信

    サイコフレーム緑のバンシイは本体色と合わさって落ち着くな。

    • nori

      on 2019年2月28日 at 00:38 - 返信

      コメントありがとうございます!
      派手さのない深みのある緑なので、バンシィが全体的に落ち着きが出てきますよね。
      ブラックライトで照らすと発光するので、その差が大きくて逆にいい感じもします♪

  2. 高井俊明

    on 2019年4月21日 at 12:18 - 返信

    僕は6月発送のを予約しました。サイコフレームが緑のバンシィ・ノルンもかっこいと思うのですが、やはりバンシィは金のサイコフレームのほうがかっこいと思います。

    • nori

      on 2019年4月25日 at 16:09 - 返信

      コメントありがとうございます!
      僕的には、緑も金(黄色)もどちらも好きですね~。
      それもそうですが、バンシィのゴールドマーキングが大好きなんです♪
      なのでバンダイさん!ぜひRGバンシィのゴールドマーキングガンダムデカールを!

コメントを残す