RG ウイングガンダムゼロ EW用 拡張エフェクトユニット “セラフィムフェザー” レビュー

今回は、RG 1/144 ウイングガンダムゼロ EW用 拡張エフェクトユニット “セラフィムフェザー”のレビューをご紹介します!

RG ウイングガンダムゼロ EW用 拡張エフェクトユニット “セラフィムフェザー”は、RGウイングガンダムゼロEWをディスプレイすることで印象深いシーンがイメージ再現できるエフェクトユニットです。幻想的な羽(フェザー)が造形され、曲線を描くアームに配置させることで羽が舞い散るような演出が可能。価格は1,620円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

クリアーブラックの台座にクリアーのアーム、クリアーホワイトの羽が造形されたディスプレイ用スタンドです。中央にはアクションベースのような伸縮可能支柱が造形され、キットがディスプレイできるようになっています。

1/144サイズのRGウイングガンダムゼロEW(別売り)をディスプレイさせることで羽が舞い散るような演出が可能。PGなどのキットほど大きくはないので、B5用紙程度のディスプレイエリアを確保すれば(18.2cm×25.7cm程度)ディスプレイが可能です。(もちろん他のキットもディスプレイ可能です。)

台座。クリアーブラック成型色の長方形ベースです。一般発売されているアクションベース3と同型。表裏共に複数のジョイント穴が空いています。羽パーツ以外はABS素材です。

脚パーツは脱着が可能で、4隅ダボ穴の接続箇所を変えると縦型にすることも可能です。

このセラフィムフェザーにはイラストカードとPETシート(クリアープラ素材のシート)が付属し、ディスプレイを鮮やかに演出できるようになっています。

イラストカードはリバーシブルタイプで、宇宙を羽が舞い散るイラストと、劇中のシェルター射撃時のような、雲の隙間から光がさすイラストの2タイプがチョイス可能です。

イラストカードは台座の4箇所のストッパーで固定されるようになっています。

支柱。クリアーブラック成型色で、各部が細かく可動するようになっています。

最下部の可動箇所はカクカクと可動するので強度が高めですが、ストッパーでも支えられるようになっています。柔軟な角度調整が可能です。

支柱の中間部にもナミ状のストッパーがあり、伸縮可動させることができます。

最先端の2箇所の可動部は共にビス固定で、上下左右に可動します。ビスを緩めてもグリグリっと可動するので強度は高めです。

フェザー用のディスプレイアームは曲型のクリアーパーツ。

フェザーの付け根は可動式のボールジョイント型パーツになっています。

フェザーはクリアーホワイト成型色。曲型だからか、ツヤツヤした表面になっています。

大小様々なサイズのフェザーが付属。

アクションベース3用の余剰パーツがいくつか付属します。

RGウイングガンダムゼロEW&ドライツバーク[チタニウムフィニッシュ]をディスプレイして。フェザー造形によって鮮やかなディスプレイ演出が可能です。

ウイングを広げても、特にフェザーやアームとの干渉もあまりないので、幅広くディスプレイできます。

支柱が伸縮するので、高い位置でのディスプレイも可能です。台座表面には多数のジョイント穴があるので、曲型のクリアーアームを増やしたり、羽やアームの配置を変更したり自由に演出することができます。

ガンダムベース限定のRGウイングガンダムゼロEW[クリアーカラー]をディスプレイして。ウイングや外装がフェザーと同じようなクリアーホワイトなので、それほど違和感なくディスプレイができています。イラストカードも雨雲のイラストに変更してみました。

ウイングもフェザーもクリアーホワイトですが、ウイングゼロのウイングや外装のほうが少しつや消しっぽくなっているようです。

では適当に何枚かどうぞ。

ツインバスターライフルで。

メッサーツバークを6基取り付けたドッペルトで。

以上です。RGウイングゼロEWがとても良く演出できるディスプレイスタンドになっていると思います。クリアーホワイトのフェザーも柔らかさがあって、キットをより引き立ててくれています。

欠点らしいものはほとんどなく、支柱も強度が高くてしっかりとしていますし、自由な角度変更も可能なのでキットを色んな角度でディスプレイできるのもとても好感が持てます。RGのウイングゼロをとても鮮やかに演出してくれるので、RGウイングガンダムゼロEWを十二分に楽しむなら必須とも言えるアイテムですね。

icon

⇒楽天でRGセラフィムフェザーを探す
⇒駿河屋でRGセラフィムフェザーを探す
⇒ヤフーショッピングでRGセラフィムフェザーを探す

コメントを残す