RG ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[チタニウムフィニッシュ]のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、RG 1/144 ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[チタニウムフィニッシュ]のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵カラーはかなり薄めのライトブルー。外装のブルーとホワイトを組み合わせたような色が使われています。プレバンなため単色ではありますが、神聖なイメージのウイングゼロEWと淡い色合いがマッチしてそうなのはいいですね。

パッケージ横にもフェイスアップ画像が追加されています。最近のプレバン商品は割と横にイラストを追加しているものが多く、少し洒落っ気を出してきています。この勢いで完全カラーのパッケージになればいいんですけど、まぁムリですよね;

大きさは一般的なHGよりも縦横共に1cm程度大きめ。厚みは1.5倍程度。一般的なRGパッケージに比べても、縦横高さどれも一回り大きいものになっています。

では開封。RGウイングゼロEWがそのまま入っているので、特に分割されていない大判ランナーばかりです。ガンプラの中でもサイズの小さいキットなので、パーツ類もかなり細かいですね。

全部で6袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。説明書はこのRG ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[チタニウムフィニッシュ]の白黒ペラ説明書とREウイングガンダムゼロEWの説明書が付属しています。チタニウムフィニッシュの説明書はほぼドライツバークの組み立て方のみ。ドライツバークの説明書は、ガンダムエースに掲載されているものとほぼ同じです。(ガンダムエースは組み立ての流れが右から左に向けて掲載されています。)

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。RGウイングゼロEWは頭部やマシンキャノンの砲口など、小さいパーツがまずまず多いです。アンテナなども細いので、組立時やポージング時にはかなり破損に注意する必要があります。一応強度は高めにしてありますが、それでも慎重な取り扱いを心がけたほうがいいですね。

このチタニウムフィニッシュ版にはカラーガイドがありません。なので塗装するなら、通常版説明書に記載されているカラーガイドを参考にするようになります。ですが完全にコーティングされているキットなので、塗装してしまうのはかなりもったいないです。ゲート跡のリタッチだけできれいに仕上げたいですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ブルー、ゴールド、ホワイトのイロプラランナーです。青がグロスインジェクション、ゴールドがエクストラフィニッシュ、白がチタニウムフィニッシュになっています。RGウイングゼロEWと同じランナー形状ですが、コーティングの関係からか、それぞれ分割されて別の袋に入っていました。

↑Bランナー。ダークグレーのランナーで、アドバンスド・MS・ジョイントパーツです。

↑Cランナー。レッド、ブルー、クリアーグリーン、クリアーのイロプラランナー。各部外装、ビーム・サーベル刃など。ビーム・サーベル刃は蛍光ではないので、ブラックライトで照らしても光りませんでした。赤、青共にグロスインジェクションです。

グロスインジェクションはつややかで、粒子が混ざったメタリックな成型色になっています。

↑D1、D2ランナー。ダークグレーの関節やバックパック、アームなどのパーツ類。ダークグレーは通常版とは異なるメタリックグレーの成型色にしてあります。

↑E1ランナー。ホワイトのランナーで、外装やウイングパーツ類。チタニウムフィニッシュ加工がされています。

↑E2ランナー。ホワイトのランナーで、E1の一部と同じです。こちらもチタニウムフィニッシュ加工。

素組みキットレビューでもご紹介しましたが、チタニウムフィニッシュはグレーのランナー(おそらく)をシルバーメッキでコートし、その上からホワイトメッキ(パールホワイト?)でコートしている感じです。なのでモールドなどに少しシルバーメッキの色が残った色ムラっぽい感じになっています。これは裏面を見ると顕著です。おかげでモールドがくっきりとしているのはいいんですけど、ゲート跡もくっきりと残ってしまうのはちょっと残念です。

↑Fランナー。ホワイトのランナーで、ウイングや外装パーツ類。チタニウムフィニッシュ加工がされています。

Fランナーの裏面はこんな感じ。モールドの激しいところは特にシルバーメッキ感が強いです。

チタニウムフィニッシュ加工がされた白いランナーは、2枚一袋の場合は擦れなどでキズがつかないよう、1枚は袋に入れてあります。

↑Gランナー。ダークグレーのランナーで、ハンドパーツやツインバスターライフルパーツなど。メタリックグレーの成型色になっています。

↑WA1、WA2ランナー。ダークグレーのドライツバーク用ランナーになります。こちらもガンダムエースの付録としてあったものに比べ、メタリックグレーの成型色になっています。

↑水転写デカールとリアリスティックデカールです。水転写デカールは赤い部分がメタリックレッドの、輝きのあるデザインになっています。

以上です。キット自体はRGウイングゼロEWならではの造形と可動域を持つ優秀なキットで、小さい分取り扱いやすいですし、ディスプレイも省スペースで済みます。ポロリ箇所もほとんどないので、MG ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[スペシャルコーティング]よりもかなりいいです。

ただ、唯一の欠点はやっぱりゲート跡ですよね。チタニウムフィニッシュにしたことでかなりゲート跡が目立つようになってしまっています。なのでその欠点が克服できれば、かなり理想的なキットになると思います。ゲート跡が気にならないなら問題ないですけど、気になる場合はリタッチなどを加えつつ、最適な状態でこのキットを楽しみたいですね。

⇒楽天でRG ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[チタニウムフィニッシュ]を探す
⇒駿河屋でRG ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[チタニウムフィニッシュ]を探す
⇒ヤフーショッピングでRG ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[チタニウムフィニッシュ]を探す

1件のコメントがあります。

  1. 774

    on 2018年10月25日 at 02:58 - 返信

    当方、雑誌付録版のドライツバークの組立ページを紛失してしまっていたので
    説明書の画像、助かりました。ありがとうございます。

コメントを残す