MG ガンダムF90用 ミッションパック Fタイプ&Mタイプのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Fタイプ&Mタイプのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は上下にミッションパックFタイプとMタイプを纏ったF90の姿が掲載されたものになります。以前発売されたミッションパックEタイプ&Sタイプと同じデザインですが、モノクロカラーはブルー。格闘戦仕様のFタイプも水中戦仕様のMタイプも青ではないので、今回は特別キットのカラーリングに合わせたものではないようです。

パッケージサイズは一般的なHGよりも縦横共に1cm程度大きめ。高さも2cm程度大きめ。ミッションパックEタイプ&Sタイプのパッケージに比べてもだいぶ差があります。

開封。パッケージのサイズに比べ、中身には若干余裕があるようです。MG ガンダムヘビーアームズ EW(イーゲル装備)、MGドワッジ改、RE/100ビギナ・ゼラ、HGBDガンダムAGEⅡマグナムSVVer,(FXプロージョン)など、11月発送品はパンパンなキットが多かっただけに、ちょっとした安心感が^^;

全部で3袋分のランナー。ランナー枚数は多くはないです。パーツに厚みがあるため、このサイズのパッケージになったっぽいですね。

説明書はプレバンおなじみの表紙なしモノクロ説明書になります。もちろんミッションパック Eタイプ&Sタイプとも同じです。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。部分的に合わせ目があったり、Mタイプのサーチライトなどシールで色を補う箇所もありますが、全体的にパーツの組み合わせ方も良く、作りとしてはいいと思います。特別組み難しかったり変わった構造の箇所もないですね。組み立てボリュームもEパック&Sパックと同じくらいだと思います。(むしろ組み立てがラクかも。)

カラーガイドはミッションパック(Fタイプ、Sタイプ)のみのガイドなので、色種はわずか4種になります。マリンタイプは存在感の高いオレンジ。水中仕様ではありますが、現代の重機をイメージすればいい感じに仕上げれられそうです。ちなみに重機のオレンジは警戒色としての意味合いが大きいとのことです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑XA1、XA2ランナー。オレンジ成型色で、シュノーケルカメラ、サーチライト、ホーミング・ピドー、6連装アローシューター、バックパックといったMタイプ用の装備パーツ。一部Fタイプの腕部格闘装備パーツが含まれます。

↑XB1、XB2ランナー。ブルーグレー成型色で、Mタイプバックパックのルーバー、ホーミングピドーの魚雷パーツ、Fタイプ用のサブアームパーツなど。

↑XC、XD1、XD2ランナー。XCはホワイト成型色で、サブアームパーツや腕部格闘装備パーツなど。同じものが2枚あります。XD1はクリアーブルー成型色の腕部格闘装備用ビームエフェクトパーツ。XD2はレッド成型色で、Fタイプサブアーム用のパーツやMタイプ腰部パーツ。

↑水転写デカール、ホイルシールです。

以上です。現在プレミアムバンダイホームページのF90プロジェクトに掲載されているのは、キット化されたE、F、M、Sタイプの他に、A-TYPE、D-TYPE、H-TYPE、P-TYPE、V-TYPEの5タイプになります。おそらくこのサイト(ページ)に上がっているタイプに関してはキット化予定ということになるんでしょうね。

Aはアサルトタイプ、Dはデストロイタイプ、Hはホバータイプ、Pはプランジタイプ、Vはヴェスバータイプ。プレバンホームページ一番上の画像では背景に六角形の設定画が散りばめられているので、どんなスタイルで仕上がってくるのか楽しみです。

icon

⇒楽天でMG ガンダムF90用 ミッションパック Fタイプ&Mタイプを探す
⇒駿河屋でMG ガンダムF90用 ミッションパック Fタイプ&Mタイプを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムF90用 ミッションパック Fタイプ&Mタイプを探す

コメントを残す