MG シン・マツナガ専用ザクⅡ(カスタムタイプ)の製作③ スミ入れ、細かい塗装など

今回は、MG シン・マツナガ専用ザクⅡ(カスタムタイプ)の製作③をご紹介します!

かなりしばらくぶりとなっているシンマツザクの製作をご紹介していきます。前回で一通りパーツ塗装は済ませてますね。なので並行して製作工程をご紹介しているMGアドヴァンスドジンクスと同じくスミ入れや細かい箇所の塗装などをしていきたいと思います。

白いパーツ、グレーのパーツ、脚甲の青いパーツそれぞれにコピックモデラーのブラックでスミ入れをしておきます。なぞるだけでいいんですからラクなスミ入れですね。腰部アーマーの内側はなんだか気持ち悪いことになっちゃってますが、上に裏打ちパーツを被せるので隠れて見えなくなります。それに腰部アーマーの裏面なので、基本外側からは見えないですしね。

バックパックの長方形スラスターの内部はガンメタルで筆塗りしておきました。脚部のタンクやチューブ型?のモールドパーツはマスキングをして塗り分けに備えます。曲線にテープを貼るようになるので、爪楊枝で隙間ができないようにしっかりと貼り付けておきます。

武器類にもコピックモデラーブラックでスミ入れをしておきます。これもアドヴァンスドジンクスでご紹介しましたが、グレーのパーツでもスミ入れしておくと見た目が変わってきます。ガンプラは手間をかければかけるほどリアルになるんですね。

バックパック側面のダクト内部はガンメタルで、スラスター口のパーツ内側はフラットレッドで筆塗りしておきました。レッドはムラになりやすいので、ムラがでないようキレイに筆塗りしておきます。

マスキングした箇所はグレーパーツと同じカラーリングのフラットホワイト+ジャーマングレー+インディブルー+ウルトラブルー+ローズブライトレッド(7:2:0.5:0.5:少々)くらいでエアブラシ塗装しています。

前回マスキングしておいたパーツ(画像左下)は全体にアイアン色を吹いているので、透過を防ぐためにエヴォホワイトを吹いてからフラットホワイト(ガイアカラー)+ウッドブラウン少々(Mr.カラー)で塗装しています。後でつや消しを吹くため、塗装後に内側のマスキングは剥がさずにおきます。

マスキングを剥がすとこんな感じになりました。

これにコピックモデラーでスミ入れをして塗り分けた境目がきれいになるようにしておきます。チューブ型?のパーツはタミヤのスミ入れ塗料やフラットブラックで筆塗りしています。

以上、とりあえず今回はここまでです。マスキング塗装とコピックモデラーによるスミ入れ、筆塗り塗装など、この工程は相変わらず地味ですが、スミ入れがないとリアルさが全く違ってくるので抜かせない工程です。このシンマツザクは白ベースの機体なのでスミ入れも黒やグレーで済むので、コピックモデラーなどで対応できるのでラクですね。ただ、技術が向上しないという難点も^_^;。

ラインチゼルやタガネでモールドを入れつつ、エナメル塗料をジャブジャブにしてスミ入れというのもガンプラのスミ入れとしては欠かせない作業ですし、完成度も違ってくるのでいろんな手法が使えるようにもしておきたいですね。

では次回はデカール貼りやフィギュア塗装、メタルパーツの埋め込みをちょちょいとご紹介していきたいと思います。では良いガンプラライフを。ではでは~。

icon

⇒楽天でMGシン・マツナガ専用ザクⅡ(カスタムタイプ)を探す
⇒駿河屋でMGシン・マツナガ専用ザクⅡ(カスタムタイプ)を探す
⇒ヤフーショッピングでMGシン・マツナガ専用ザクⅡ(カスタムタイプ)を探す

コメントを残す