MG ガンダムTR-1 [ヘイズル改](実戦配備カラー) レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)のレビューをご紹介します!

MG 1/100 ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』に登場するMS『ガンダムTR-1[ヘイズル改]』の実戦配備カラー版1/100スケールモデルキットです。形状自体は2017年9月に発売されたMG 1/100 ガンダムTR-1[ヘイズル改]と変わらないながらも、ガンダムMk-Ⅱを思わせるティターンズカラー成形色で再現された渋さのあるキットになっています。価格は4,860円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

ティターンズカラーでキット化されたMGガンダムTR-1 ヘイズル改(実戦配備カラー)。形状は白いヘイズル改と同じですが、部分的に配色が違うため、実戦配備カラー用に付属するランナーも少しあります。

重量感のあるスタイルも変わらず。どっしりとしていて脚部も太いので自立は安定しています。多少股関節に弱さがあるのも白いヘイズル改から変わっていません。

頭部。白いヘイズル改との違いは、配色が白からネイビーが変更されているのみです。アンテナや顎パーツ、とさかのクリアーパーツなどは同じ。前後挟み込みタイプなので側面に合わせ目ができますが、モールドとしておいても良さそうです。とさかのセンサーを囲んでいる5本のパイプは塗り分けが必要です。

胸部。こちらは白いヘイズル改ではネイビーだった部分がグレーに変更され、襟や首周りがイエローに統一されています。コックピットハッチも白からグレーになり、部分的に白いヘイズル改とは違った配色が再現されています。左胸にあるセンサーはグレーパーツにグリーンのシールを貼るようになっています。

エアインテーク内部はダクト形の造形になっています。

コックピットハッチが開閉し、内部にはパイロットが設置されています。コックピットは少し奥に入っているので、表面から内部を確認しにくいです。

コックピットシートは細かく造形されています。肩部アクチュエーター・ユニットのフォールディンググリップは付け根ボールジョイントによって展開可能。

腹部、腰部。全体的にグレーで統一されていますが、四角いヘリウムコアはグレーではなくネイビーカラーになっています。中央のV字マークはシールによる色分け。

サイドアーマーにマウントしているエネルギーパックはグレーで再現さています。グレーの本体部は左右挟み込みタイプなので合わせ目ができます。

腕部。全体的な配色は白いヘイズル改とあまり変化ないですが、肩の付け根部分がグレー成形色パーツになっています。腕部は複数パーツの組合せになっているので合わせ目もモールド化されています。

ショルダーアーマー。成形色が白からネイビーになっている以外は白いヘイズル改と変わらず。合わせ目の出ない構成になっています。(肩内部パーツには合わせ目ができます。)

脚部。こちらも白いヘイズル改から大きな違いはありません。外装パーツがネイビーに変更になっているくらい。ゴテゴテした造形で合わせ目は出ない組合せになっています。

スネにあるセンサーはグリーンのシールによる色分けで、ネイビー外装にそのままシールを貼るようになっています。

側面のダクトはイエローパーツによる色分けで、内部は黒く塗り分ける必要があります。膝裏のパイプは柔らかいメッシュパイプで再現されています。メッシュパイプは必要な長さしか用意されていないので、切り間違えないよう注意が必要です。

脚部前後のダクトはイエローパーツで造形され、ダクト内部は黒いシールで色分けされています。

足首から下の部分。ゴテゴテした造形で、足底パーツはグレーの成形色で色分けされています。足裏は別パーツで細かくモールド化されていて、中央のスラスターも一体になっているので、塗り分けるならマスキングなどをする必要があります。

バックパック。エアインテークを持つ胸部のような特徴的な造形です。中央のセンサーはネイビーパーツにグリーンのシールを貼るようになっています。4箇所のダクト内部は塗り分けが必要です。

上部はグレーとネイビー、イエローパーツで色分けされています。センサーはグレーパーツにグリーンのシールを貼っての色分けです。後部にはシールドブースターをマウントできる穴が空いています。

スラスター内部はシンプルな造形。

白いMGヘイズル改と比較してみました。色の違いから、実戦配備カラーの方が小さく見えます。首周り、肩内部パーツ、胸部パーツ類、腰部ヘリウムコアなどの配色が異なります。

続いてアドバンスド・ヘイズルとも比較してみました。アドバンスド・ヘイズルは脚部補助スラスター・ユニットを装備しているため全高が高くなっていて、各部にユニットを装備しているので雰囲気も違います。全体的なバランスやガンダムらしさは通常のヘイズル改(実戦配備カラー)の方がよく見えます。

アドバンスド・ヘイズルとも首周りや肩パーツ、コックピットハッチ、腰部アーマー類の成形色が違っています。配色的には実戦配備カラーの方がいいかも。ですがカスタム機っぽさはアドバンスド・ヘイズルの方があるので、どちらも捨てがたいスタイルになっています。

MGヘイズル改(実戦配備カラー)の全体的な可動域は、白いヘイズル改と同じなのでそちらを御覧ください。
⇒MG TR-1 ヘイズル改 レビュー

シールドブースター、シールド、シールド用マウントパーツ、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル刃×2が付属。

その他、MGガンダムMk-ⅡVer.2.0の内部パーツなどが付属します。

専用の水転写デカールが付属。左がこの実戦配備カラーに付属しているもので、右が白いヘイズル改に付属しているデカールです。違いは黒いT3マークが白くなっていたり、うさぎマークが違うデザインになっていたり、黄色い部隊マークが追加されていたり。

ビーム・ライフル。本体部分は左右挟み込みの簡単な組合せなので、周りに合わせ目ができます。

砲口は別パーツになっていて、砲口は開口しています。センサーはクリアーグリーンパーツになっていて可動し、サブグリップも可動します。

白いヘイズル改に付属しているビーム・ライフルと。画像右が白いヘイズル改に付属しているもので、成形色が違います。

手のひらのダボをグリップに差し込んで保持。保持力はまずまずです。

肩のスイング域があまり広くないので、武器の両手持ちはそれほどラクではないですが、形になるくらいの両手持ちは出来ました。

ビーム・ライフルはエネルギーパックを外してサイドアーマーにマウント可能。ライフルのマウント用ダボを左右に突き出すことができるので、左右どちらのサイドアーマーにもマウント可能です。画像ではセンサーを閉じていませんが、サイドアーマーにマウントしているときはライフルのセンサーを閉じておきます。

シールドブースター。表裏で挟み込む造形になっているので肉抜き穴などはなく、合わせ目も裏面の縁にモールドのように配置されています。

裏面のマウント部は可動収納可能。後部のダクトは黄色いパーツで色分けされています。

白いヘイズル改に付属しているシールドブースターと比較してみました。画像手前が白いヘイズル改に付属しているものです。表面がグレーとネイビーで違っています。

シールドブースターはバックパックにマウント可能。

シールド用マウントパーツを使用することで前腕部にもマウント可能。

シールド。比較的簡単な造形になっています。

こちらも白いヘイズル改に付属しているシールドと比較してみました。手前が白いヘイズル改用。シールド全体の成形色が違っています。

こちらもマウントパーツを使って前腕に保持。しっかりと保持できて外れることはありません。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。白い成形色のヘイズル改もいいですが、こちらのカラーリングもいいですね。ガンダムMk-Ⅱのエゥーゴカラーとティターンズカラーとは配色的には同じでも、ゴテゴテしたヘイズルならではの形状だとまた違った良さを感じます。

ネイビーの深く宇宙に馴染んだようなカラーリングがより渋さを感じさせますし、アドバンスド・ヘイズルと比べても純粋なガンダムタイプらしさも感じさせてくれます。

股関節が緩めだったり、可動域がそれほど広くなかったりしますが、ポージングは意外とすんなりできてかっこよかったです。白いヘイズル改同様に、あまり動かさなくても様になるガンプラですね。

アドバンスド・ヘイズルだけでなくこちらにフルドドをマウントして楽しむもいいでしょうし、フルドドに続いて新たなカスタムパーツが発売されれば、よりこの実戦配備カラーの価値も高まるのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でMG ガンダムTR-1 [ヘイズル改](実戦配備カラー)を探す
⇒駿河屋でMG ガンダムTR-1 [ヘイズル改](実戦配備カラー)を探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムTR-1 [ヘイズル改](実戦配備カラー)を探す

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2018年6月4日 at 00:57 - 返信

    文章に稚拙さを感じた。

  2. U.C.0063

    on 2018年6月4日 at 12:31 - 返信

    匿名さん

    貴方のコメントの方が子供ですよ!

コメントを残す