MG ガンダムサンドロック改 EWのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムサンドロック改 EWのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パッケージはこのMGガンダムサンドロック改EWによく使われている紫がベースカラーになっています。デザインは、今回は塗装済みキット画像の合成ではなく、しっかりとしたイラストが採用されてますね。背後にデスサイズとヘビーアームズ、手前にマントを纏ったサンドロックになっています。

パッケージサイズは通常のMGと全く同じ。単色なので小さめに見えましたがそうでもなかったです^_^;

側面はプレバンおなじみの文字のみ記載ですがフォントが少し特殊。細身フォントに日本語名も記載されたタイプです。

では開封。なかなかスカッとしてますね。上3分の1くらいはマントです^_^; サンドロック本体は他のMGと比べてかなり小ぶりなので、本体用のランナーとパーツだけだとかなりこじんまりとした感じで済むんですね。マントが付属しているからこのパッケージサイズになったって感じです。

ランナーは全部で11袋分。思ったよりも多いですが、小さめのパーツが多い分、ランナーも薄型なものや小型なものが多いです。ガンダムサンドロック比較的カラフルなので、各部に振り分けるパーツをまとめた色違いランナーも多くなっています。

では説明書を見ていきます。説明書は専用のものが付属し、表紙もパッケージと同じイラストでカラーになっています。なんとなく力を入れてあるような気もしますがどうなんでしょう。MGヘビーアームズ改EWもMGアルトロンガンダムEWもカラーイラストなので、EW版で統一されているっぽいですね。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。各部を組み立てる時に、はじめに使うランナーが一通り掲載されているのはありがたいですね。まぁ大体最近のガンプラはそうですが、はじめに予め用意しておけるので助かります。ただ、組み立ては各部色分け箇所が多いこともあり、パーツがあちこちのランナーに散らばっています。なので、ランナーを選りつつパーツをカットしていくのが少し手間かもです^_^;

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。レッド、ライトグレー、ダークグレーのイロプラランナーです。ちなみにこのキットはマント用ランナー以外はほぼMGガンダムサンドロックEWからの流用になります。(成型色は異なります。)

↑B1ランナー。パープルのものとライトグレーのものがあります。ライトグレーの胸部パーツは使用しません。

↑B2ランナー。ダークグレーのランナーです。脚部と腕部のパーツ。

↑C1ランナー。ダークグレーのランナーです。バックパックや腰部アーマー類のパーツです。余剰パーツもチラホラ。

↑C2ランナー。パープルのランナーです。腰部と首周りのパーツ類です。C1ランナーの一部と同じ形状。想像するに、タグだけON・OFFにしてコンピューター制御で使用する箇所をプレスしてるっぽいですね。(あくまで想像です^_^;)

↑D1ランナー。ホワイトのランナーです。腕部、脚部、シールドなど、各部の白い外装パーツ類です。フィギュアもここにあるので、フィギュア塗装時は下地塗装しなくて済みそうです。

↑D2ランナー。ホワイトのランナー。D1の一部と同じ形状です。

↑E、Fランナー。Eがパープル、Fがイエローのランナーです。Eは頭部や肩部など、F頭部やシールド、肩部といった各部色分け箇所のパーツ類です。

↑G1、G2ランナー。共にダークグレーのランナーです。ヒートショーテルの柄やビームサブマシンガン、スラスターなどのパーツ類。

↑Hランナー。グレーのランナーです。サンドロック改の内部パーツ類やヒートショーテルのグリップなど。

↑J、Iランナー。

↑Kランナー。グレー、ダークグレー、パープル、ホワイトといった混合のイロプラランナーです。MGガンダムサンドロック改専用のランナーで、耐ビームコーティングマントや各部色分けパーツ類が集まっています。

↑L1ランナー。ブラウンのランナーです。説明書にはグレーと記載されていますが、ちょっとグレーには見えないですね^_^;グレーとブラウンの混合って感じ。耐ビームコーティングマントのランナーです。

マントですがプラ素材で強度があり、しっかりとした作りになっています。ですがシワやドレープのディテールがいいので布としての柔らかさは感じます。

↑L2ランナー。ブラウン(グレー)のランナー。L1の一部と同じです。

↑XAランナー。グレーのランナーです。ランナーナンバーが『X』入りに突入しました^_^; 内部パーツ類のランナーです。ABS素材なので固め(柔らかめ?というか強度が高い?のかな・・・・)でつややか。関節パーツなどに適した素材です。

↑XAランナー。ホワイトのランナーです。形状はグレーのXAと同じ。こちらもABS素材で、同じホワイトでもD1、D2とは触り心地や硬さなどが違います。

↑XBランナー。グレーのランナーです。同じものが2枚あります。こちらもABS素材で内部パーツ類になります。

↑ポリキャップ(PC-205A)、ホイルシール、水転写デカールです。ポリキャップはMGヘビーアームズEWなどにも使用されています。

以上です。上半身を組み終えた時点で「ちっちゃ!」と小さく感じましたが、素組みレビューで他キットとくらべて改めて小さいのがよくわかりますね。ただ、小さくても組みごたえはありますし、形状もバランスが良くて取り扱い安さを感じます。

マントを羽織ったガンプラというのはあまり無いですし(エクシアのリペアとクロスボーンのX1、X2、ビルドファイターズトライのジ・エンドくらいかな?)かなり豪盛なマントが付属しているので、これまでのガンプラにない特別な楽しみが味わえるのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でMG ガンダムサンドロック改 EWを探す
⇒駿河屋でMG ガンダムサンドロック改 EWを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムサンドロック改 EWを探す

コメントを残す