MG ガンダムアヴァランチエクシアダッシュのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムアヴァランチエクシアダッシュのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

プレバン商品ながら、カラーでデザインされたパッケージになっています。パケ絵はGN粒子を放出しながら戦場を駆け抜けるガンダムアヴァランチエクシアダッシュの姿。迫力があってカッコいいです♪ 外国で一般販売されているからカラーなんですかね~。プレバン販売でカラーパッケージなのはMGザンライザーやMGターンレッドなど、比較的重装備なキットになっている気がします。それと00やSEEDなど最近のシリーズですね。

箱の大きさは通常のMG(Ver.Ka)と同じです。MGガンダムエクシアは小型のパッケージでしたが、アヴァランチユニットやダッシュユニットなど大型ユニットが追加されているのでこのサイズに。

横絵はユニットのモードチェンジ(変形)、アヴァランチエクシアとアヴァランチエクシアダッシュへの組み換えなどが掲載。このキットの醍醐味な部分です。換装はダッシュユニットを簡単に脱着可能なので、どちらも楽しむことができます。(塗装後は換装に少し気を使う必要があるかもです。)

では開封。たんまりランナーが入っています。見なきゃ良かったーレベル;RGサザビーのほうが組み立てがラクです。

全部で11袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。説明書もカラーで、アヴァランチエクシアダッシュ専用のものが付属しています。組み立て、マーキングガイド、カラーガイドのみが掲載。表紙は素晴らしいので、中身に機体解説があると完璧なんですけど。。。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。ページ数多い;腕部、脚部とも左右ごとに掲載されているのでその分ボリュームがあります。片腕(片足)を組むときに反対側のパーツも切り出しておくと、早く組み立てられるかと。(左右非対称のキットはこの方法はオススメできません。)

組み立てに関しては、エクシアベースに部分的にユニットが加えられている感じ。エクシアは10年前のキットということもあってパーツをあちこち探し回るので組み立てにて間取りますが、ユニットパーツは使う部位で近い位置にまとめられているので組み立てやすいです。

カラーガイドはほぼガンダムらしいトリコロールカラーのみで、特別塗装色の種類が多いわけではないですね。調色もシンプルな基本色がベースになっているので塗装しやすいのではないでしょうか。まぁパーツ数がハンパないだけに、調色などではあまり手こずらないようにしたいものです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ホワイト、イエロー、レッド、クリアーグリーンのイロプラランナー。各部外装パーツ類です。以下、MGガンダムエクシアのランナーが続きます。

↑Bランナー。ホワイトの外装、武装パーツ類。

↑Cランナー。ホワイトの外装、シールドパーツなど。

↑Dランナー。ブルーの外装、武装パーツ類。

↑Eランナー。グレーの武装パーツ、肩、頭部内部パーツなど。

↑Fランナー。グレーの内部パーツ類。

↑Gランナー。グレーの内部パーツ、関節パーツ、ハンドパーツ類。

↑Hランナー。グレーの股関節、GNドライヴパーツなど。

↑I、J2ランナー。Iがクリアーのコンデンサー、GNドライヴ、台座パーツなど。J2がアイアン(シルバー?)のソード各種パーツなど。

↑O1、O2ランナー。ホワイトのユニット外装パーツ類。ここからアヴァランチエクシアダッシュ用のランナーになります。

↑Pランナー。ブルーのユニット外装パーツ類。同じものが2枚あります。

↑Qランナー。グレーのユニット内部パーツ類。同じものが2枚あります。

↑R1、R2ランナー。R1がブルーの本体側外装パーツ、R2が外装側内部パーツやマウントパーツなど。

↑S1、S2ランナー。イエローのGNバーニアやモールドパーツ類。

↑BA13-Aランナー。ラメ入りのクリアーグリーンで台座パーツ。

↑BA13-B1/B2ランナー。こちらもラメ入りのクリアーグリーンパーツ。台座用パーツです。

↑SB-8、SB1ランナー。共にクリアーピンクのサーベル刃です。SB1は通常のサーベル刃で、SB-8は平型のサーベル刃です。こちらはGNロング、ショートブレイド用です。

↑ポリキャップPC-130。

ホログラムパーツ、シール各種(ホイルシール、水転写デカール、ガンダムデカール、マーキングシール)です。シールは一通り揃ってますね。豪華だ・・・^^;

以上です。ランナーを見てもわかるとおり、エクシアのパーツは左右で一緒になっていてランナーもそれぞれ1枚ずつですが、ユニットパーツは同じ形状のランナーを2枚用意した効率のいい作りになっています。

ユニットパーツのような構成にしたほうが開発側もラクでしょうし、組み立てもラクというウィンウィンの関係になっていると思います。そういった意味ではガンプラの歴史(時代)を感じるキットかもです。(まぁ金型にスイッチが入るようになったからできるのかなって感じです。)

キットに関しては、エクシアベースということで今のキットに比べて若干気になる点(武器保持や一部のふらつきなど)はありますが、全体的にはいい出来になっていると思います。重装備のエクシア、ちょっとお値段は高めですが、ガンプラとしてはコレでしか味わえないので、入手して贅沢感を味わいたいですね。

icon

⇒楽天でMG ガンダムアヴァランチエクシアダッシュを探す
⇒駿河屋でMG ガンダムアヴァランチエクシアダッシュを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムアヴァランチエクシアダッシュを探す

コメントを残す