MG アナベル・ガトー専用ゲルググ Ver.2.0のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 アナベル・ガトー専用ゲルググ Ver.2.0のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はアナベル・ガトー専用ゲルググの外装カラーと同じブルーのモノクロ。イラストはザクⅡと共に戦闘に加わっているゲルググがアップで掲載されています。左下に写っている惑星はおそらくア・バオア・クーでしょう。劇中では冒頭にしか登場していないガトーゲルググですが、カラーリングが特殊なので比較的記憶には残りやすいと思います。

箱の大きさはだいたいVer.KaなどMG定番の大きさですが、2cm程度厚みがあります。キットサイズの大きいゲルググなので、箱の大きさもパーツサイズに比例して大きいものになっています。ちなみにMGユーマ・ライトニングゲルググもかなり大きいパッケージでした。

では開封。少し余裕はありますが、MGらしいランナー枚数でなかなかの組ごたえがあります。

全部で9袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。説明書はMG量産型ゲルググVer.2.0の説明書に、MGアナベル・ガトー専用ゲルググVer.2.0のペラ説明書が1枚付属。ゲルググ本体自体は量産型ゲルググVer.2.0のカラバリで、アナベル・ガトーゲルググの説明書には試作型ビーム・ライフルの組み立てとカラーガイド、デカールの位置などが記載されています。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。MGらしく組立工程はなかなかボリューミーです。ですが腕部、脚部共に左右で同じ形状ですし、大味なパーツも多いので、そこまで組み立てに時間はかかりません。一度ゲルググVer.2.0系を組んだことがあるなら組み立てがラクに感じるかと思います。意外と『ふん…図体ばかりだ』って感じ(笑)

カラーガイドは基本色のような、かなり身近にありそうな色が使ってあります。劇中では成型色よりも濃いミリタリーチックな色合いになっていたような気がするので、それに合わせて深めの色で塗装しても良いかも。アナベル・ガトー専用にこだわらないなら、白く塗装してカスペン機を再現するのも面白いですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。ほぼMG量産型ゲルググVer.2.0に入っているものと同じです。

↑Aランナー。イエロー、グレー、イエローグリーン、クリアーのイロプラランナーです。脚部、胸部、頭部など各部パーツ。

↑Bランナー。オレンジ、クリアーイエロー、イエロー、ネイビーのイロプラランナーです。武装類。

↑Cランナー。ブルーの脚部外装パーツ。

↑Dランナー。ブルーの頭部、腕部パーツ類。

↑E1、E2ランナー。ブルーの肩部、腕部、脚部など各部の外装パーツ類。同じものが2枚あります。

↑Fランナー。グレーの脚部内部パーツ類。同じものが2枚あります。

↑Gランナー。グレーで、各部内部パーツ類やハンドパーツなど。

↑Hランナー。グレーで、脚部や腰部内部フレーム、シールド用パーツなど。

↑Iランナー。グレーで腰部や脚部の内部パーツなど。

↑Jランナー。肩部や脚部、リアアーマー内部のスラスターパーツなど。同じものが2枚あります。

↑Kランナー。ブラウンで、ビーム・ライフルやシールドなどの武装類パーツ。

↑Lランナー。イエローグリーンの腰部や腹部など外装パーツ類。

↑Mランナー。ブラウンの試作型ビーム・ライフルやフィギュア。MG MS-14A ゲルググ (アナベル・ガトー専用機)(Ver.1.0)からの流用です。

↑ポリキャップPC-201、水転写デカール、ホイルシール、ビス1本。

以上です。大型で重量感あるキットですが、以前製作したMGユーマゲルググに比べると少し軽装でポージングもしやすいです。MGのゲルググは今の所このフォーマット(Ver.2.0)が最新で発売は2007年ですが、そこまで悪いという印象は感じないですし、デザインバランスも割と優れたものになっていると思います。

MG高機動型ザクⅡに続きMGゲルググもシリーズ化されていて、今後もいくつかのカスタム機が発売されると思いますが、台座用マウントパーツの強度アップなど、Ver.2.0の欠点を補いつつのキット化を期待したいところです。

icon

⇒楽天でMG アナベル・ガトー専用ゲルググ Ver.2.0を探す
⇒駿河屋でMG アナベル・ガトー専用ゲルググ Ver.2.0を探す
⇒ヤフーショッピングでMG アナベル・ガトー専用ゲルググ Ver.2.0を探す

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2018年10月14日 at 13:02 - 返信

    MランナーはVer.1.0の流用ですけど一部改修していますね。グリップのダボ穴は追加されています。右手にしか対応していないのが不満ではありますが。

    • nori

      on 2018年10月21日 at 01:25 - 返信

      コメントありがとうござます!
      ご指摘感謝ですm(_ _)m
      細かい部分を修正してきてくれるのはありがたいですよね。
      もうひと手間あればという部分もまだありますが、少しずつでも良くなってきているので、今後もバンダイには期待です^_^

コメントを残す