MG アドヴァンスドジンクス レビュー

今回は、MG 1/100 アドヴァンスドジンクスのレビューをご紹介します!

MG 1/100 アドヴァンスドジンクスは、機動戦士ガンダム00外伝『機動戦士ガンダム00V』に登場するモビルスーツ『アドヴァンスドジンクス』の1/100スケールモデルキットです。両肩にGNディフェンスロッドを装備し、頭部や大腿部なども新規造形。ジンクスの後期生産型カスタム機として存在感のあるキットになっています。価格は4,536円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

白と紺色がベースのアドヴァンスドジンクス。頭部、肩部、大腿部が新規造形で再現され、見た目的にもボリュームアップ。深い色合いなので、ジンクスよりも引き締まった印象が強くなりました。見た目的にはニンジャを模したようなディテールです。

ジンクスと同じく、背中には疑似太陽炉のGNドライヴ〔T〕(タウ)型をマウント。胴体こそ細身ですが、各部のバインダーによって後ろから見てもボリューム感のあるディテールになっています。

自立はまずまず安定していますが、足裏が小さいのと足の甲の強度が少し弱いので、若干前のめりになることも。

横幅は広いですが、前後の幅は割りと薄めです。

頭部。ジンクスおなじみの四つ目で、シールによって色分けされています。シールの下はパープルのクリアーパーツ。額のラインもシールによる色分けで、シールを貼って色分けするのは頭部のこの2箇所だけです。角も色分けされていて細かいです。GNバルカンもモールド化されています。

バストアップ。胸部から背面に伸びるバインダーが特徴的。胸部周りの形状は特にMGジンクスと変わらずですが、色が違うだけでだいぶ印象が違って見えます。

腰部。腰から後部に伸びる長いバインダーも特徴的。このあたりもMGジンクスと変わらずで、色の配色も同じです。

腕部。細かいパーツが組み合わさっていて特に合わせ目は無し。内部パーツが露出している丸型のモールドもいいですね。肩部も細かくパーツ分けされていて、別パーツによってパネルラインがディテール化されています。

マニピュレーターはかなり異色。トゲトゲしいディテールが特徴的です。親指と人差指は独立していて、残りの3本は一体型。手のひらには武器マウント用のダボがあります。

手甲には丸型のモールドがあり、こんな指の形状でもしっかりと握りこぶしを作ることができました。

肩部のGNディフェンスロッド。アドヴァンスドジンクスの新規造形パーツです。肩にしっかりと固定されるので、不安定さはありませんでした。内部に白いパーツを挟みますが、基本的にはモナカ割状で中央に合わせ目が出来ます。

胸部から伸びるバインダーの裏面には細かいモールドが入っています。

脚部。腕部と同様に、細かいパーツが組み合わさっているので合わせ目は出ません。パーツの継ぎ目がパネルラインのようになっていてリアルです。

フロントアーマーから後部に伸びるバインダー。こちらも裏面には細かいモールドが入っています。

大腿部アーマーは新規造形でMGジンクスと比べて肉厚に。GNバーニア内部は2重のスリットが入っています。リアのアーマー共にしっかりと色分けされています。

足首から下の部分。小型で薄型のさっぱりとしたディテール。足甲パーツは少し緩さがあり、この影響で自立に少し弱さがあります。かかとにはスラスターのようなモールドがあり、アンクルガードも丸型のモールドで色分けされています。

背中に内蔵されているGNドライヴT型はトンガリ部分を引き出すことで4箇所のストッパーが一度に浮き上がります。

ストッパーが浮いた状態でGNドライヴを引き抜くとラクに外れます。GNドライヴのパーツの一部が分離して内部に残る場合があるので注意です。

GNドライヴを引き抜いた内部は空洞になり、前面のクリアーパーツまで筒抜けになります。胸部の組み合わせもかなり特徴的。

GNドライヴT型。メカメカしい細かいモールドが側面に多数あります。パープルのクリアーパーツによって疑似太陽炉らしさが表現されているようです。

GNドライヴT型の筒の部分は細く分離し、前後で2箇所にLEDユニットを内蔵することができます。

フロントアーマーは手前にスライドし、アーマーのハッチを開くとコックピットが露出します。

リアアーマーのスラスター内部も細かくモールド化され、リアアーマーの裏面には適度にパネルラインが入っています。

塗装済みのMGジム・スナイパーⅡ、MGジャスティスガンダムと。ジャスティスとほぼおなじ大きさです。前回ご紹介したMGダブルオーザンライザーとも同じくらいの大きさ。

HGガンダムバルバトスルプスレクス、1/100フルメカニクスガンダムバルバトスルプスレクスとも比較してみました。フルメカニクスのルプスレクスよりは少し小柄です。

首周りがごちゃついている割に、頭部は前後に広く可動します。

首は別パーツによってある程度の長さが確保されています。

左右へは胸部バインダーが干渉するので今ひとつ。

胸部のバインダーは付け根がボールジョイントなので柔軟に可動。ポロリこそそれほどありませんが、ゆるいので配置がやや不安定になります。

肩部はボールジョイント接続ですが、間に筒型パーツなどが配置されていて可動が制限されています。なので腕部が水平にも上がらず。

肩部の前後へのスイング可動もわずかです。

新規造形の肩部GNディフェンスロッドは回転可動します。保持力も高いので自由に可動させることができます。

肘の可動はしっかりと。最高レベルの可動域です。

フロントアーマーから後部に伸びるバインダーも柔軟に可動。付け根のボールジョイントがゆるく、かなりの頻度でぽろりしたので、仕方なくボールジョイントに瞬間接着剤を塗って乾かして補強しました。左はポロリが多発しましたが、右はそれほどでもなかったので個体差があるかもです。

バインダー(フロントアーマー)の付け根も適度に可動します。

リアアーマー両脇のバインダーは上下に少し可動します。画像は用意していませんが、バインダーは左右にも可動します。

リアアーマー全体も少しだけ上下に可動します。

リアアーマー下部のスラスターカバーも上下に可動。内部には細かいスリットも入っています。

胸部、腰部の可動が微動なため、前かがみ、胸張りはほとんど表現できない状態。

腰の回転はかなり柔軟に可動します。このまま後方に移動させることも可能。

股関節は上下に可動します。足の長さの調整やポージング時の足を伸ばした状態の表現も多彩に。

付属のアタッチメントを使ってアクションベースにマウントさせます。

マウントさせると、少し固定箇所が甘く、アクションベースの角度を変えるだけで後方にずれ落ちることもあります。慎重に動かすと大丈夫でしたが、少しポージングに気を使うこともあるので注意です。

前後への開脚はまずまず。あまり上げるとフロントアーマーのバインダーがポロリするので上げ過ぎに注意です。それと、股関節の強度が高く、各部にバインダーがあるので、どこを持って可動させるか少し難しいところがあります。

膝の可動は、前後に大きめのアーマーがある分可動域が狭くなり、くの字に曲がる程度。

足首の前後への可動はまずまず。足首が小さめなこともあり、そこそこ可動してくれます。

足甲パーツもまずまず可動。自立が前のめりになるので、あまりありがたくない可動域です。

かかとのアーマーは収納できます。

足甲部分も折りたためるので、足首から下の部分をかなりコンパクトにすることができます。

干渉物がないので股関節は柔軟に可動させることができます。ただし付け根パーツの可動域がそれほどではないので、水平にまでは上げることができませんでした。

足首の左右への可動は適度に。干渉物がないので、もう少し可動域が欲しいところです。

脚部のリアアーマーは上下にスイング可動します。

内股は大腿部のアーマーが干渉するので微動ですが、がに股は水平以上にしっかりと可動してくれます。

膝関節や足回りのアーマー類が大きいため、立膝は少し不安定に。

アドヴァンスドGNビームライフル、プロトGNランス、ビーム・サーベル刃☓2、GNドライヴT型用スタンド、ビーム・サーベル柄☓2、GNシールドが付属。

MGジンクス用の余剰パーツも多数付属。大腿部のアーマーなどがないのでMGジンクスは再現できませんが、頭部などは組み替えることができます。セルゲイ・スミルノフ、ソーマ・ピーリスの自立型、パイロット型フィギュアがそれぞれ余剰パーツとして付属しています。

セルゲイ・スミルノフ、ソーマ・ピーリスフィギュア。色が紺色なので、塗装するには下地塗装が必要かと。こうやって並べるとひとつの家族みたいです^_^

説明書に記載はないですが、パイロットフィギュアはフロントアーマーのコックピットにマウント可能です。

その他にも、色違いの各部パーツも余剰パーツとして付属します。組み替えてカラバリを楽しむこともできます。

アドヴァンスドGNビームライフルはバレル部を組み替えることでロングタイプとミドルタイプに変更可能です。

まずはバレル部をマウントしないGNビームライフル状態。複数のパーツを組み合わせるしっかりとした構成になっています。

センサーはクリアーパーツ埋込み式ですが、外しにくそうだったので後の塗装を考慮して取り付けていません。(このセンサーはアドヴァンスドGNビームライフル用なので、GNビームライフルの場合は外しておくようです。)サブグリップや前腕へのマウント部分は可動します。

グリップに凹みがありますが、手のひらのダボには合わず。ですが前腕にマウントすることでしっかりと保持できます。ハンドパーツはほぼ添えている状態です。

両手持ちもなんとか出来ました。

ロングタイプのバレル部をマウント。しっかりと固定されて外れることもありません。サブグリップは横にしてバレル部をハメ込みます。

サブグリップを反対側にしてバレルを取り付けることも出来ました。マズル下部のセンサーはクリアーパーツで再現されています。

こちらも前腕ダボによってマウント。若干重量がありますが、腕部への負担はそれほどでもありませんでした。

ミドルタイプのバレル部をマウント。こちらはサブグリップを避ける必要はありません。

マズル下部のビーム・サーベル柄は脱着可能。

こちらも前腕のダボをマウントして保持します。

ビーム・サーベル柄に刃をマウントして十手っぽく。

ビーム・サーベル柄は大腿部アーマー内に格納できます。

プロトGNランス。パーツによって細かく色分けされています。

画像は少しわかりにくいかもしれませんが、ランス部分は左右挟み込みなので合わせ目が出来ます。マズルも別パーツで色分けされています。

中央部にはグレーのグリップっぽい部分が成形されています。

柄部分は手のひらのダボだけでも保持させることが出来ましたが、自由にポージングできるほど頑丈ではないのである程度気を使う必要があります。

ビーム・サーベル柄はしっかりと保持できました。

GNシールド。こちらもパーツによって色分けされています。裏面の各部は肉抜き穴っぽい状態。グレーパーツには細かいパネルラインが入っています。

前腕にダボを差し込んで保持させます。しっかりと固定されるのでポロリはありませんでした。

GNシールドはディフェンスロッドを引き出して回転可動させることができます。

GNドライヴT型用の6角形型スタンドが付属します。

スタンドは、アドヴァンスドジンクスからGNドライヴT型を取り外してディスプレイしておくことができます。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。MGジンクスと同じく肩部と腰部のバインダーがポロリや接続の弱さを感じるのと、アタッチメントを使用した台座へのマウントが少し不安定なのはポージング時の若干のストレスとなるかもです。それと、足の甲が弱めなので、自立では若干前のめりになりやすいです。プロトGNランスの保持も少し弱め。

ですがこれらは比較的細かい欠点なので、そのあたりを対処できれば他は特に問題ないと思います。各部の関節強度も高いですし、武器類もそこそこ豊富。マニピュレーターは特徴的ですし、ポージングもカッコイイです。適当に武器を構えておけば様になってくれるのがいいですね。

頭部には隊長機のようなアンテナが付いていますし、大腿部にも大型のスラスター付きアーマーを装備、肩部のバインダーもキットに幅が出てより良くなっています。ジンクスにはない主役級の存在感が味わえる頼もしいキットでした。

⇒楽天でMGアドヴァンスドジンクスを探す
⇒駿河屋でMGアドヴァンスドジンクスを探す
⇒ヤフーショッピングでMGアドヴァンスドジンクスを探す

コメントを残す