MG ターンエーガンダム用拡張エフェクトユニット “月光蝶”のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ターンエーガンダム用拡張エフェクトユニット “月光蝶”のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は月光蝶エフェクトユニットを纏ったMG∀ガンダムの姿が掲載。背景には台座(アクションベース1)にディスプレイされたものも掲載され、内容物がわかりやすくなっています。モノクロでエフェクトパーツの鮮やかさが伝わらないがちょっと残念かも。粒子を放出しながら飛行する姿は、蝶が鱗粉を撒き散らす姿にも似てますね。

パッケージサイズは一般的はHGと縦横は同じ。高さが2/3程度です。エフェクトパーツは1mm程度の薄型が2枚なので、この大きさはほとんど台座(アクションベース1)用パーツによるものですね。

プレバン商品にしては珍しく、横絵にユニット紹介が記載されています。片側のみですが、割と一般商品レベルの記載内容。

開封。ほぼクリアーのランナーで、一番底にカラフルなエフェクトパーツが入った状態。なので正直、開封時の感動がちょっと薄かったです(笑)

全部で3袋分のランナーと2袋分のエフェクトパーツです。

説明書は白黒のペラ説明書が付属。「これでもかっ!」というほどシンプルです(笑)カラフルなエフェクトパーツとラメ入りの台座のセットということで、カラーガイドなどの記載はありません。

数ページしかないですが、一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。台座とジョイントパーツの組み立てと、∀ガンダムへのエフェクトパーツ取り付け方法のみが記載されています。ページ数が少ないので、ターンXへの取り付け方の記載があっても良かった気がしますがどうなんでしょう。エフェクトパーツ(蝶の羽)の記載方法は結構アバウトな感じに見えますね;(今回はイジリが多いな 笑)

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑BA3-Aランナー。クリアーラメ成型色で、台座の底板パーツです。

↑BA3-B1・B2ランナー。クリアーラメ成型色で、台座の支柱、底板パーツなど。

↑BA3-Cランナー。クリアーラメ成型色で、台座の支柱接続部パーツ。ABS樹脂素材です。

↑WA1、WA2ランナーとビス、ナット。WA1、WA2は共にクリアー成型色で、エフェクトユニット(月光蝶エフェクトパーツ)用のジョイントパーツです。

エフェクトユニット(月光蝶エフェクトパーツ)です(ホログラム加工面が前面になります)。画像は右用ですが、ほぼ同じ形の左用が付属します。

以上です。∀ガンダムはHGやMGでキット化され、ターンXも2014年にMGでキット化されています。まぁこの辺りは主役レベルの機体なので、キット化されるのは妥当なところですね。ですがそれ以外の∀ガンダムシリーズのキットとしては、放送当時にスモーやカプルといった比較的目立つ機体が1/144サイズでキット化されたのみ。

なので、この辺りのキット化に恵まれていない機体を補完していくのも面白いかもですね。10月から放送開始のガンダムビルドダイバーズRe:RISEでは何気にウォドムが登場しているようなので、もしかするともしかするかも!?(個人的にはHGCCでスモーのキット化をぜひ!)

icon

⇒楽天でMG ターンエーガンダム用拡張エフェクトユニット “月光蝶を探す
⇒駿河屋でMG ターンエーガンダム用拡張エフェクトユニット “月光蝶を探す
⇒ヤフーショッピングでMG ターンエーガンダム用拡張エフェクトユニット “月光蝶を探す

コメントを残す