ハイレゾリューションモデル ゴッドガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、ハイレゾリューションモデル 1/100 ゴッドガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は右手でゴッドフィンガーを繰り出すゴッドガンダムの姿が掲載されています。キットを使った合成ですが、ハイパーモードで展開されるエネルギー発生装置の虹色の日輪が印象的。神々しさが感じられるものになっています。

パッケージはハイレゾのガンダムアストレイレッドフレームのものに比べて1cm程度薄型。アストレイレッドフレームの箱がよくあるMG(MGデュナメスやMGガンダムVer.3.0など)と同じ大きさなので、それよりも薄いサイズです。

裏面には多彩なギミックや派手なアクションポーズが掲載され、このキットの魅力が最大限に表現されています。内部フレームや各部の展開ギミック、クリアーオレンジのハンドパーツや各部可動、使用素材など、どれをとってもハイレゾならではの高品質さが伺えるものになってますね。

開封。さすがにハイレゾキットなだけあって、パーツが細かく繊細な印象です。

全部で5袋分のランナー。

塗装済み内部フレームと日輪エフェクトパーツ。内部フレームはハイレゾキットの醍醐味です。

内部フレームはダイキャストモデルらしく、上下からプラケースで挟んであります。

説明書はA5程度のサイズのものが付属。ハイレゾ定番の大きさ、フォーマットのものになります。ゴッドガンダムの可動域を生かした掌底ポーズがいいですね。中華なニオイがする(^^)

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立て方法はこれまでのハイレゾキットと変わらず、ダイキャストの内部フレームに各部外装パーツを被せていくタイプになります。外装パーツはアンダーゲートになっているので、処理がちと面倒。アンダーゲートを処理し忘れると、パーツとの間に隙間ができてきれいに組み上がらない場合もあるので注意です。ですがその反面、ゲート跡が露出しにくく、仕上がりのいいものになっています。ハイレゾキットなのでカラーガイドの記載はありません。

では各ランナーを簡単に見ていきます。外装は全体的に艶のある成型色になっています。

↑Aランナー。ダークグレー、レッド、クリアーグリーン、ライトグレーのイロプラランナーで、ソール部、アンクルアーマー、腕部・脚部外装パーツなど様々。

↑B1、B2ランナー。ブルー成型色で、胴体部や前腕部、コアランダーパーツなど。

↑Cランナー。ホワイト成型色で、頭部や腰部、脚部などの外装パーツ類。

↑Dランナー。ホワイト成型色で、腕部や脚部、コアランダーなどのパーツ類。

↑E1、E2ランナー。ダークグレー成型色で、内部パーツや各部裏打ちパーツ、ハンドパーツなど。

↑F1、F2ランナー。F1はクリアーピンク成型色のビームソード刃。F2はイエロー成型色で、アンテナやエアインテーク、マシンキャノン砲口、ゴッドフィンガープロテクターパーツなど様々。

↑マーキングシール、ジュエルシール、ラバーパーツです。

以上です。正直言うとこのマッシブな造形はあまり好みではなく、短足感があって不格好な気もしないでもないですが、ポージングさせるとその要素が比較的薄れるので、その点はあまり気にならなくなります。足上げや中国拳法のようなポーズを取らせるとかっこいいのは、むしろこの体型だからこそなのかも。

ハイレゾは独自の解釈で表現される場合が多いのと、ダイキャストフレームを使用するからか、このように全体的にマッシブで短足なキットが多いです。可動時の強度やポージングの完成度、全体的なバランスなど、あらゆる面を試行錯誤して作られているのかもしれませんね。

⇒楽天でハイレゾリューションモデル ゴッドガンダムを探す
⇒駿河屋でハイレゾリューションモデル ゴッドガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでハイレゾリューションモデル ゴッドガンダムを探す

コメントを残す