HGUC リゲルグのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 リゲルグのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイドのレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は、手前は専用ビーム・ライフルを装備した素立ち画像で、背景はラビアンローズがある暗礁空域付近の合成画像かと。劇中のシーンが再現してあるようですね。ということは対峙しているのはダブルゼータかな?(ちなみにリゲルグとは『リファインド・ゲルググ』(ゲルググの改修機)という意味。イリアは見た目によらず硬派なパイロットでした。

箱は縦横とも1cm程度大きめのプレバンでよくあるサイズ。最近はこのパッケージサイズ&単色カラーが珍しくなくなりました; 高さが3cm程度厚め。機体が少し大きめで、外装パーツに派手さを持ったキットなので、ランナーボリュームも多め。

では開封。ランナーは量的には多めですが、大判というわけではないので周りに少し余裕があります。

全部で5袋分のランナーが入っています。

説明書は表紙のない白黒。組み立て方やカラーガイドのみが掲載されています。ぶっちゃけ言ってしまえば味気も色気もない作りなので、こういうキットにはぜひ機体解説や画像などを加えてもらいたいものです。なんせ説明書に関してなんのコメント(ブログ記事)も書けないですからっ;

以上、説明書でした。組み立てはHGUCゲルググ系キットと大きく変わりません。部分的な造形は同じなので、当然といえば当然ですね。新規部分に関しては、バックパックの作り込みやウイングバインダー、前腕アーマーの合わせ目ができるだけ出ないような仕様になっているのは評価できますが、武器類が相変わらずモナカレベルなのはもう少し改良できないかなと思います。HGでも簡易的かつ完成度の高い武器類の製造を期待したいですね。

カラーガイドはよくある塗料を適度に混ぜ合わせた調色になっています。わかりやすい塗料を使ってあるので塗装しやすいかと思いますが、加えすぎると色が濃くなったりイメージとは違った色になることもありそうなガイドなので、その点だけ注意です。乾燥したあとに思ったより暗いな・・・ということのないようにしたいですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。レッドとダークブルーのイロプラランナーで、HGUCシャア専用ゲルググからの流用。武装類が省かれています。

↑Bランナー。ワインレッドのランナーです。こちらも流用で、外装パーツなど。

↑B2ランナー。ワインレッドのランナーで、外装パーツ類。

↑Cランナー。ダークブルーで、腰部、胸部といった部分の外装パーツ類。

↑Dランナー。グレーの成型色で、内部、関節、武器パーツなど。

↑G1ランナー。ワインレッドで、リゲルグ用の新規部分パーツ。

↑H1ランナー。ダークブルーのバックパックやウイングバインダー内部パーツ、専用ビーム・ライフルなど。

↑G2、H2ランナー。それぞれG1、H1の一部と同じです。1枚の画像に収めたかったので一緒に撮影しました。

↑ポリキャップ(PC-116)、クリアーイエローのSB1、ホイルシールです。

以上です。ダブルゼータに登場した機体は比較的キット化には恵まれていないので、既存キットからのカスタム機とはいえキット化されるのは嬉しいところです。ジャムルフィンやガ・ゾウムなど、リゲルグ登場回あたりに登場したキットがまだ複数HG化されていないので、新規フォーマットで難しいかもしれませんが、ぜひファンの願望を叶えてもらいたいものですね。

icon

⇒楽天でHGUCリゲルグを探す
⇒駿河屋でHGUCリゲルグを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUCリゲルグを探す

コメントを残す