HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 ガンダムTR-6[ウーンドウォート]のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はコンポジット・シールド・ブースターを装備した巣立ち、そして背景には宇宙空間を飛行するウーンドウォートの姿が掲載されたものです。どちらもプレバンホームページと同じキット画像。個人的にはAOZの知識があまりないので、ウーンドウォートが作品内でどういった活躍をしているのかわかりません。なので、ぜひ映像化してもらいたい作品の一つです。

箱のサイズは縦横は一般的なHGと同じで、高さが1cm程度厚みがあるパッケージです。キットの作りがいいだけに、パケ絵がカラーではないのがなんか残念;

では開封。変形機構を持っている分、各部パーツが細かく分かれていますし、武器のコンポジット・シールド・ブースターも大きめで複数パーツの組合せになっているので、ランナー的にはまずまずなボリューム。

全部で5袋分のランナーです。

説明書は表紙のない白黒。完全新規のキットくらい表紙付きのカラーでお願いしますよっ、バンダイさんっ;ファンの一人としては、もう少しウーンドウォートの魅力に浸りたいところ。TR-6系MSのイラストなんかが掲載されているととても満足できるんですけど、著作権の問題とかもあるんですかねぇ。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。もちろん組み立てのみの掲載です。構成こそ四肢や胴体を持つ人型ですが、これまでのガンプラのような慣れ親しんだフォーマットでは無いのでかなり新鮮。細かいパーツが多いながらも、なかなか構造が目新しくて楽しかったです。おそらく破損しそうな部分はないと思うので、パーツの紛失に注意すれば組み立ては難しくないと思います。

カラーガイドはMGのヘイズル改アドヘイとは少し違ったガイドになっていますね。調色がめんどくさいなら基本色のみで塗装してもいいかと思いますが、ウーンドウォートは特別な機体のイメージなので、制作や塗装には力を入れたい気もします。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1ランナー。ホワイトのランナーです。外装パーツやコンポジット・シールドブースターの砲身パーツなど。

↑A2ランナー。胴体や頭部、モビルアーマー用パーツなど。

↑A3ランナー。ホワイトで、A1の一部と同じ。A2じゃなくてA3が同じ形状なんですね。

↑B1ランナー。ネイビーのランナーです。内部、関節パーツ類やコンポジット・シールド・ブースターパーツなど。

↑B2ランナー。内部パーツ類です。A2が白い外装で、B2がそれに合わせたようなパーツ並びになっています。

↑B3ランナー。ネイビーのランナーで、B1の一部と同じです。こちらもB2ではなくてB3が同じ形状。

↑C1、C2、D、ランナーレス台座☓2、C1はイエローでダクトやアンテナパーツなど。C2はコンポジット・シールド・ブースター用パーツ。Dは頭部や腰のパーツです。

↑ポリキャップ(PC-001)、ホイルシール、マーキングシール、リード線です。ポリキャップは半分くらい余るので、別キットの組合せなどに使ってもいいですね。

以上、パッケージ。ランナーレビューでした。TR-6といえば様々なユニットを組み合わせることでラー形態やフライルーⅡ、クィンリィ、ギガンテック・アーム・ユニット形態など迫力のあるユニットに換装するという印象が強いですが、ガンプラとしてはこの1体だけでも十分楽しめるものになっていると思います。

ただの素体MSというだけでなく、しっかりとしたモビルアーマー形態やコンポジット・シールド・ユニットなどの武装類が楽しめる、その名に恥じないキットになっているのがいいですね。何度も言いますけど、あとはこれをベースにしたAOZシリーズをぜひキット化に繋げていってもらいたいものです。

icon

⇒楽天でHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]を探す
⇒駿河屋でHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]を探す

コメントを残す