HGUC ガンダムGP03S ステイメン レビュー

今回は、2001年12月に発売されたHGUC 1/144 RX-78GP03S ガンダムGP03S ステイメンのレビューをご紹介します!

HGUC ガンダムGP03S ステイメンは、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するMS『ガンダムGP03S ステイメン』の1/144スケールモデルキットです。ステイメンの特徴であるフォールディング・アームを可動式ギミックを用いて再現。折りたたみ式のフォールディング・バズーカやフォールディング・シールド、ビームライフル、ビームサーベルといった特徴的な武装に加え、ディスプレイモデルのコア・ファイターが付属。価格は1,760円(税込み)です。

デンドロビウムのコア・ユニット(コックピット兼脱出システム)となるMS『ステイメン』がHGUCでキット化。主人公の『コウ・ウラキ』が搭乗し、地球へのコロニー落下阻止の任に当たった機体です。兵器と武装コンテナ、スラスターを兼ね備えた巨大なアームドベース『オーキス』とドッキングすることでデンドロビウムを形成。ステイメンとは『花のおしべ』という意味です。

成型色はホワイトをメインに、部分的にブルーやレッドを配色。コア機らしいシンプルなカラーリングになっています。シールは頭部ツインアイやセンサー、各部のダクトやモールドを補うのみで、ダクトなど部分的に塗装が必要です。

ポリキャップはPC-123プラスを使用し、関節強度はまずまず高め。腰に大柄なテールバインダーを装備していますが、若干後方に比重がかかるくらいで自立は安定しています。一般発売されているHGUC RX-78 GP03 ガンダム試作3号機 (デンドロビウム)に含まれるステイメンと全く同じキットになります。

頭部。渋めながらも全体的にシンプルで整った顔立ち。前後挟み込みタイプですが、頭頂部から側面にできる合わせ目は段落ちモールド化されています。ツインアイやとさか前後のセンサーはシールでの色分けです。ラインモールドが多めなので、スミ入れすると締まった感じになりそう。

胴体部。胸部やコックピット周りはブルー、その他はホワイトに配色されています。エアインテークやコックピットハッチはイエロー、レッドパーツでの色分け。胸元や腰部中央のセンサー、モールド類はグリーンやレッドシールでの色分けです。フロントアーマーやサイドアーマー下部のダクト内はグレーに塗り分けが必要。

腰アーマー裏は特にモールドなどは造形されていません。股間部はボールジョイント接続。

腕部。レトロ感のある角型タイプに造形されています。

二の腕は筒型で合わせ目はなし。前腕にはフォールディング・アームが格納されており、複数パーツの組み合わせで構成されているので合わせ目はできない構造になっています。前腕前側の合わせ目も段落ちモールド化されています。接続はしっかりとしていますが、二の腕の内部パーツに若干遊びを感じるので、取り扱い時には注意したほうがいいかもです。

前腕のハッチは展開可能。

内部に折りたたみ収納されているフォールディング・アームは展開可能です。

フォールディング・アームはフレキシブルに可動し、先端のアームも展開が可能。

ショルダーアーマー。前後挟み込みタイプで合わせ目は端にくるようになっています。外側に合わせ目ができるので、後ハメ加工などをして処理する必要がありそうです。側面のダクトはグレーに塗り分けが必要。

脚部。中肉タイプのシンプルなフォルム。適度にラインモールドが入っています。スネのセンサーはグリーンのシールでの色分け。

大腿部、膝から下共に左右挟み込みタイプ。大腿部前面の合わせ目は段落ちモールド化されていますが、大腿部後面、膝から下の前後にはがっつり合わせ目ができます。膝から分離可能ですが、膝のマルイチモールドなどがパーツで色分けされているため、合わせ目を消す場合は後ハメ加工なども必要かと。

ソール部。ソール自体はシンプルですが、足首のマルイチモールドやアンクルアーマーなどの形状が特徴的。アンクルアーマーは左右挟み込みタイプで中央に合わせ目ができます。後ハメなどで対応する必要がありそうですね。アンクルアーマーの各部ダクトはグレーに塗り分けが必要。足裏はモールド入りの蓋パーツを被せるので、肉抜き穴などはありません。

バックパック。2列に並んだ小型ユニットが造形されています。派手さはないものの、複数パーツの組み合わせによって特徴的な形状が再現されています。

バックパックは縦型の2ダボ接続。固定強度はまずまず高めです。独自の組み合わせ構造なので、他キットのバックパックで適合するものは少なそうです。

左右に造形されたサーベルホルダーは左右挟み込みタイプで中央に合わせ目ができます。サーベルホルダーは手前のハッチを開くことで、サーベル柄が露出。この柄は一部のみ造形されているため、サーベルとして使用することはできません。

左右の小型ユニットは連結しており、合わせて少し角度変更が可能です。

さらにサーベルホルダー、ウイング、バーニア共に可動させることができます。

後部のテールバインダー。装甲パーツ自体はシンプルですが、バーニアなどが別パーツで色分け、造形されています。

尾翼は大きく跳ね上げることができます。リアアーマーはシンプルな形状で、下部のダクトはグレーに塗り分けが必要です。

リアアーマーも少し可動します。

テールバインダーの接続部はボールジョイントによるポリキャップ接続でフレキシブルに可動します。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。大きさは陸戦型ジムなどどほぼ同じ大きさになります。ステイメンの全高は18.0m。

HGUCゼフィランサス、HGUCサイサリスと並べて。ステイメンは比較的小柄な印象。どれもガンダム開発計画の機体ですが、それぞれ特徴があって個性的。ただその中でも、サイサリスの存在感は一つ抜けています。

頭部は顎引きは殆どできず。見上げる動きもわずかです。これでオーキスに格納したとき、動きが表現できるのかちょっと疑問ではあります;左右へは干渉なくスムーズに可動します。

腕はショルダーアーマーが干渉するため、水平にまで上げることはできないようです。肘は90度以上に曲げることができます。胴体から軸が伸びるタイプで固定式なため、肩の前後スイング可動はありません。画像も省きました。

上半身の前後スイングは、腰を少し引き抜くことでポリキャップによる可動が広がるため、多少前後スイングさせることができます。

腰は後部が干渉するため、わずかにねじる程度。アクションベースへのディスプレイが考慮されておらず、コの字パーツもどれもサイズが合わなかったので、浮かせたディスプレイをさせたい場合はアームなどで挟み込んでのディスプレイとなりそうです。宇宙運用機なのになんかもったいないですね;幸いテールバインダーなどが特徴的なので、うまくアームを引っ掛けることができました。(アームはTHE シンプルスタンド×3【フィギュア&模型用】を使用しています。)

フロントアーマーがあまり広くは展開しないので、前後開脚はそれなりな感じに。

膝もほとんど曲がらず、気休め程度。

足首は前後へは程よく可動しますが、左右へはわずかに傾ける程度になります。

股間部がボールジョイント接続なため、左右への開脚はハの字程度となります。

内股、がに股もあまり広く展開することはできません。

立膝もほぼできませんでした。

可動域の総括としては、現代のキットに比べるとかなり可動域が狭いですし、ディスプレイが考慮されていないこともあり、あまりポージングを意識した作りにはなっていないような印象です。OP以外、劇中ではそれほど動いているシーンはないですが、ポージングもそれに合わせたものになりそうですね。

フォールディング・シールド、フォールディング・バズーカ、ビームライフル、ビーム・サーベル(柄と刃一体型)、平手(左右)、武器用握り手(左右)が付属。

コア・ファイターが付属します。

本体部分も上下挟み込みタイプなので、側面などに合わせ目ができます。

アバウトなパーツ構成になっているので、キャノピーや左右のダクトなど細部を塗り分ける必要があります。裏面の3基ランディングギアは別パーツでの色分けで脱着が可能。

機首部分も左右のモナカ割で、中央に合わせ目ができます。後部のバーニアは別パーツで色分けされています。

フライトシーンを演出。コア・ファイターが薄型なので、うまくコの字パーツで挟めばディスプレイが可能です。

劇中では全く登場していませんが、GP01などとは一味違ったスタイルのコア・ファイターとして楽しむことができます。

フォールディング・シールド。左右対称のシンプルな形状のものになります。それほど複雑な形状ではありませんが、裏面にはジョイント基部やグリップ、ビームライフル用のエネルギーパックも4基配置され、シールド裏にも細かいモールドが造形されています。装甲表面の左右の凸部は青く塗り分けが必要です。

左右のシールドは展開が可能。

フォールディング・バズーカ。こちらはオーキス内に格納されているバズーカになります。なかなかしっかりとした作りで再現されています。

砲身、本体部分ともに左右の組み合わせで、上下に合わせ目ができます。

センサーは幅広く可動。センサーの表面は赤く塗り分けが必要です。

砲身はコンパクトに折りたたむ事が可能。

ビーム・ライフル。GP01と同じ形状のものですが、HGUC GP01 ゼフィランサスのものに比べて一回り小型になっています。ビームジュッテ用のビームエフェクトなどは付属していません。

HGUC GP01 ゼフィランサス(画像下)のものと並べて。

本体部分は左右挟み込みタイプで、上下に合わせ目ができます。

フォアグリップやセンサーは可動式。センサーの表面は赤く塗り分ける必要があります。

ビームライフルとシールドを装備して。ビームライフルはグリップ付け根の少し太い部分をしっかりと差し込めば、遊びもなく、安定した保持が可能になります。

シールドは前腕に基部を差し込みますが、それだけでなく、肘のフォールディング・アームにグリップを掴ませて保持させます。

造形がいいので、何気ないポーズでも様になります。やっぱり浮かせた状態だとこの機体のかっこよさが引き立ちます。

ビームライフルの両手持ちは、そこまできれいな姿勢にはなりませんが、ある程度形にすることはできました。

ビーム・サーベルはグリップにうまく挟めるので、スルッと抜けることなく保持が可能です。ビーム刃はピンクに塗り分ける必要があります。

フォールディング・アームを展開し、オーキスからバズーカを引っ張り出すシーンを演出。

バズーカはグリップが可動しないので、肩に担ぐポーズはやや難しめ。干渉によってぎこちないポーズになりがちなので注意です。腕をグリグリ動かすと二の腕が外れることがあるので、その点も注意が必要です。

脇に抱えたほうが持たせやすいですね。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。やや脚部などの合わせ目が目立ちますが、腕部の展開式フォールディング・アームや後部のテールバインダーなど、作りとしてはなかなかしっかりとしていると思います。造形も良く、細かい部分の再現性も高いですね。プロポーションも良く、劇中の機体形状がうまく再現されているのではないでしょうか。

欠点的には合わせ目と可動域かなと。脚部は左右挟み込みタイプで膝から下に合わせ目がガッツリと入ってしまっているので、その点はちょっともったいない感じも。合わせ目を消すのもちょっと手間がかかりそうです。可動域については、劇中でそれほど派手なポーズをしていないので、あまり気にする必要ないかなとも思います。

コア・ファイターも付属していますし、このキット単体としての質も高いですが、やはりオーキスとドッキングしたデンドロビウムとして楽しみたいところです。HGUCのデンドロビウムはやや高価ではありますが、一つの夢として、HGサイズの大ボリュームキットを入手して迫力あるシーンを演出するのもありですね。

⇒楽天でHGUC ガンダムGP03S ステイメンを探す
⇒駿河屋でHGUC ガンダムGP03S ステイメンを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガンダムGP03S ステイメンを探す

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2020年2月11日 at 11:34 - 返信

    ROBOT魂でデンドロビウムが発売されたら価格は20万円で収まりますか。
    不安で眠れません。

    • 匿名

      on 2020年2月11日 at 16:48 - 返信

      多分出んだろうビウム
      ですね(^^)

コメントを残す