HGUC ガンダムピクシー レビュー

今回は、HGUC 1/144 ガンダムピクシーのレビューをご紹介します!

HGUC 1/144 ガンダムピクシーは、ゲームソフト『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』に登場するMS『ガンダムピクシー』の1/144スケールモデルキットです。特徴的な各部を新規造形で再現し、スタイリッシュなフォルムを実現。ビーム・ダガーと90mmサブ・マシンガンが各2つずつ付属する他、ビーム・ダガー用の斬撃エフェクトパーツが付属するなど、組み合わせることで多彩なアクションが楽しめるキットになっています。価格は2,160円(税込み)。プレミアムバンダイ限定商品です。

荒野を舞う妖精の名を持つ機体名のHGUCガンダムピクシー。一見するとわかりにくいですが、関節や内部パーツなどはHG陸戦型ジムベースになっています。外装はすべて新規造形で再現されています。

ホワイト、グレー、ネイビーなどが各部にバランスよく配置されたカラーリング。通常のガンダムタイプよりも少し派手さがあるというか、妖艶なイメージを持つ配色になっています。

使用するポリキャップはおなじみのPC-002。細身ながら、関節強度も高めで自立も安定。遊びやすいキットになっていると思います。

頭部。頬のダクトや側面の円形モールドなど、UCのガンダムタイプとしても少し異色を感じさせる造形になっています。額と後頭部のセンサーや頬のダクトはシールによる色分けです。頬のダクトは、シールにはスリットが入っていませんが、パーツには造形されています。

メット部分は左右挟み込みタイプですが、後部の合わせ目は段落ちモールド化されています。

胸部。イエロー、ネイビー、ホワイト、レッドなどのパーツによって色分けされています。モールドは少なめですが、カラーリングがしっかりとしているので物足りなさは感じないかと。襟パーツの内部はシールによる色分けです。(黄色いパーツにパープルのシールを貼る仕様です。)エアインテーク内部は塗り分けが必要です。

腹部、腰部。腰回りは色分け箇所は少なめ。モールド類も少なめになっています。リアアーマー下部のダクトは塗り分けが必要です。

フロント、リアアーマー裏にモールド類はありません。サイドアーマー裏には裏打ちパーツが造形されています。

サイドアーマーにはビーム・ダガーを収納するようになっていて脱着可能。

腕部。細身で比較的軽装。各部がパーツによって色分けされ、少しだけ派手さのあるカラーリングになっています。二の腕は筒型、前腕は前後挟み込みタイプですが、前腕は色違いパーツの組み合わせになっているので合わせ目消しなどは必要ありません。前腕の内側は一応段落ちモールドになっています。

側面には90mmサブ・マシンガンのマガジンを装備。このマガジンにはマウント用のダボがあり、付属の90mmサブ・マシンガンに脱着するようにはなっていません。肘の三角マークはシールによる色分けで、シールを貼らなくてもモールドが造形されています。

ショルダーアーマー。白一色のシンプルな形状。左にはピクシー特有の、ハートに矢がささったマーキングを貼るようになっています。挟み込みタイプで、端に合わせ目が出るようになっています。

脚部。こちらも腕部と同じくパーツによって細かく色分けされています。膝とスネの三角形モールドは、内側に黒いシールを、アンクルガード部分にはグレーのシールを貼るようになっています。

大腿部は筒型パーツで合わせ目はなく、膝から下はふくらはぎが左右挟み込みタイプですが、後部の合わせ目は段落ちモールド化されています。後部の台形型ダクトは塗り分けが必要です。

足首から下の部分。こちらも複数パーツの組合せによって細かく色分けされています。アンクルガードは組合せもよく、合わせ目がでない仕様になっています。足裏はつま先側が肉抜き穴っぽいですが、そのまま造形としてしまっても良さそうです。

バックパック。シンプルな構成ですが、合わせ目は出ない仕様になっています。バーニアは別パーツによって色分けされています。側面にあるダクトは塗り分けが必要です。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと。陸戦型ジムベースということもあり、全体的に小柄。

頭部の可動はそれほど広いわけではなく、少し上下に可動できる程度です。

左右へは問題なく広く可動します。

腕部は水平より少し上がる程度。

肩関節は前側にポリキャップが引き出し可能なタイプです。後部へはそれほど広くスイングしません。

細身と陸戦型ベースの関節ということで、肘はしっかりと折り曲げることができます。

腹部内部には2個のポリキャップボールジョイントを仕様していますが、それほど派手に前後可動できるわけではないようです。腰は360度回転可能。

HGおなじみの股関節にマウントしてディスプレイするタイプですが、リアアーマーのパーツを外してマウントし、ディスプレイさせることも可能です。

フロントアーマーがしっかりと展開し、脚部も広く前側に可動できるので前後開脚は幅広く可能です。

細身で干渉箇所も少ないので、膝もしっかりと折り曲げることができます。膝パーツは合わせ目が段落ちモールドになっています。

足首の前後可動も広めに。

足裏はつま先側を広く折り曲げることができます。

左右への開脚は、サイドアーマーを後方にかわすことで、水平以上に上げることができます。

足首の左右への可動はあまり広くはありません。

股関節が可動するので、上半身を左右に振ることができます。

足の付根が回転するので、内股、がに股は自由に回転可動します。

立て膝もラクでキレイな形でこなしてくれます。

90mmサブ・マシンガン☓2、ハンドパーツ付き90mmサブマシンガン用グリップ☓2、90mmサブマシンガン用マガジン☓2、ビームダガー刃☓2、ビームダガー用エフェクトパーツ☓2が付属。

その他、陸戦型ジム用の100mmマシンガンやシールドパーツ、ピクシーの余剰パーツなども付属します。100mmマシンガンはマガジン、シールドは外装パーツが付属しないので完全な形にはなりません。

余剰パーツの平手はピクシーの手甲パーツを取り付けられなくはないですが、少し浮き気味で不安定。しっかりと取り付けるには加工が必要です。ハンドパーツ付き90mmサブマシンガン用グリップの手甲パーツも取り付けられませんでした。

90mmサブ・マシンガン。造形も細かく、しっかりとした形になっています。本体部分は左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができます。

グリップは脱着可能で、ハンドパーツ付きと交換可能。ハンドパーツ付きのグリップにはマガジンやサイドアーマーにマウントしているビームダガー柄をマウント可能です。砲口は開口しておらず、センサーはグリーンのシールによる色分けです。

90mmサブ・マシンガンはリアアーマーに2丁ともマウントさせることができます。

本来はハンドパーツ付きのものを使うのだと思いますが、ハンドパーツにグリップを差し込むだけでも保持が可能でした。緩そうですが意外と抜け落ちること無く保持してくれます。

軽装な武器なのでポージングはかなりしやすいです。

サイドアーマーの柄にビームダガー刃を取り付けて。ビームダガー刃は平らで短めの造形です。

付属のエフェクトパーツを使用することで、ダイナミックなアクションポーズが可能です。

以上です。シンプルで武器類も少なめですが、軽装なガンダムタイプでカラーリングもカラフルなせいか、身軽さを感じるのがいいですね。陸戦型ジムベースの関節を持つので可動域は広いですし、派手なポージングも楽しめます。フットワークの良さを感じるキットだと思います。

欠点といえる部分も殆ど無く、可動域も広めなので安心してポージングが楽しめると思います。エフェクトパーツによってポージングに躍動感が生まれるのも楽しいですね。

遊び心のある武器類と忍者っぽい柔軟性もあるスタイルで、外見やカラーリングも特徴的なので、また一味違ったガンダムが楽しめるキットになっていました。

icon

⇒楽天でHGUC ガンダムピクシーを探す
⇒駿河屋でHGUC ガンダムピクシーを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガンダムピクシーを探す

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2018年6月22日 at 21:30 - 返信

    ゲーム系の機体が増えてきて心が満たされ続けるばかり
    この流れなら1/144のF90もいけるはず

    • nori

      on 2018年6月24日 at 22:57 - 返信

      コメントありがとうございます!
      懐かしさのあるF90もキット化してもらいたいですね!
      スーファミのフォーミュラー戦記はかなり欲しかったですけど、結局買えなかったので、せめてキット化して夢を見せてもらいたいです^_^

コメントを残す