HGUC イフリート レビュー

今回は、HGUC 1/144 イフリートのレビューをご紹介します!

HGUC イフリートは、ゲームソフト『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』に登場するジオン公国軍試作MS『イフリート』の1/144スケールモデルキットです。HGUCイフリート・シュナイドなどをベースにイフリートの原点である形状を再現。専用ショットガンはストックを交換可能、ヒート・サーベルは帯刀時の刃も付属するなど、武装にも特徴のあるキットになっています。価格は2,160円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

ゲーム『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079 死にゆく者たちへの祈り』でウルフ・ガー隊に配備され、ガンダムピクシーとバトルを繰り広げたイフリートがHGUCでキット化されました。これまで発売されたイフリート系キットのパーツを使用し、原点機らしく無駄のない機体形状に仕上がっています。

成型色はブルーやライトブルーなど。後のイフリート改につながるカラーリングが再現されています。

イフリート・シュナイドはじめ、イフリート系キットと同じフォーマットで、肩、肘、膝以外の部分にはポリキャップ(PC-002)を使用するタイプ。関節強度も高めで大きな背負い物もないため、自立も安定していてポージングもしやすいです。

頭部。モノアイやフェイスの形状はほぼ他のイフリート系と同じですが、上部や後頭部などの造形が異なります。いかにも試作機らしい形状。上部脇にはバルカンが造形され、口はスリット入りのパーツで色分けされています。アンテナ先端には安全加工あり。

上部パーツを外すとモノアイ可動のスイッチがあり、動かすことでモノアイを左右に振ることができます。ですが上部パーツを外さなくても、爪楊枝などでモノアイを直接動かすだけでも動きがつけられます。

胸部。エアインテークなど、全体的な造形はイフリート改と同じ。ただしこちらはインテーク内部がシールで色分けされ、上部両脇のセンサーはシールでの色分けはありません。インテーク内部はシールを貼らなくても黒いパーツで色分けされています。

腰部。フロント、リア、サイドアーマー共に、造形はイフリート改と同じ。ですがリアアーマーには武器マウント用の縦長穴が空いています。フロントアーマー中央部は、上下のモールド各部がシールによって色分けされています。

腕部。二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプで、イフリート・シュナイドやイフリート改と同じ形状。前腕のアーマーはどの機体よりもシンプルで、白いトゲがあります。トゲはパーツによる色分け。

ショルダーアーマーもパーツによる色分けで、青い外装パーツは前後挟み込みタイプ。なので青いパーツには合わせ目ができます。ショルダーアーマーはボールジョイントによる接続です。

脚部。肉厚の外装アーマーのない軽装タイプ。大腿部はイフリート改と同じ形状で、膝から下はイフリート・シュナイドと同じです。脚部スカート部分は青いパーツに白いシールによる色分けとなっています。大腿部は前後挟み込みタイプ、膝から下は左右挟み込みタイプですが、合わせ目は共に段落ちモールド化されています。

足首から下の部分はイフリート・シュナイドと同じ形状。甲のダクトは内外で別のシールを貼るようになっています。枠が凸凹しているので、爪楊枝などを使って形状に合わせて貼り付けるとキレイに貼れそうです。足裏は細かく造形されていますが、つま先側には肉抜き穴があります。

バックパック。どのイフリート系キットとも異なる曲型タイプでレトロ感があります。ダクト枠のみオレンジのシールによる色分けです。

背中のダボ穴は他のイフリート系と同じなので、他キットからの流用が可能です。バックパックは一部のモールドやバーニアが別パーツですが、全体的には1個パーツで造形されています。バーニア内部はシンプルな造形。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスとの比較です。大きさは陸戦型ジムとあまり変わらず。

HGUCイフリート改と。改修機なので似た形状ではありますが、カラーリングの違いと、軽装タイプと武装されたタイプで違った印象を持っています。

続いてHGUCイフリート・シュナイド、HGUCイフリート・ナハトと。同じイフリート系でありながら、部分的にもそれぞれ違った造形、特徴を持ったキットに仕上がっています。(イフリート・シュナイドはお腹が少し浮いちゃってますね;)

さらにHGUCガンダムピクシーと。大きさはあまり変わらずですが、連邦とジオンの機体でデザインが対象的なのは、時代背景の影響もあるのかもしれません。

頭部は首が短く、出っ張った顎や後頭部が干渉するためほとんど上下可動できません。左右へは干渉もなくラクに可動します。

腕部は肩を引き出し、ショルダーアーマーをかわすようにすることで水平以上に上げることができます。肘はショルダーアーマーの有無に関係なく、V字程度。

肩を引き出すことで、前後共に広めにスイングします。

腹部は前側にはほとんど傾けられず、後方へは少し可動して胸を張ることができます。腰も腹部とバックパックが動力パイプで連結されているため、可動の妨げになり、わずかにひねる程度。画像ではほとんど動きがわかりません。

腰部アーマー類の裏にモールドはありません。股関節に差し込んでアクションベースにマウントします。

フロントアーマーが広く展開するので前側への開脚は適度に上げることができますが、上げすぎるとサイドアーマーが外れるので注意が必要です。後方へはリアアーマーが干渉するので、あまり上げることはできませんでした。

膝はかなり深くまで折り曲げることができます。

足首は脚部アーマー内で適度に前後可動します。左右への可動はそれなり。

左右への開脚はサイドアーマーが干渉するのでハの字程度に。これ以上に上げるとサイドアーマーが外れたりします。

股関節が可動するので上半身を左右に振ることができます。

内股は大腿部と股関節が干渉するのでわずかですが、がに股は広く可動し、後方にまで移動できます。

立膝は大腿部が上げられないのでキレイな形にはなりませんが、膝がつけるので安定した形にはなっています。

ヒート・サーベル☓2、帯刀時ヒート・サーベル刃☓2、ショットガン、ショットガン用グリップ、武器用ハンドパーツ(右)、平手ハンドパーツ(左)ヒート・サーベル用マウントパーツ☓2、ショットガン用マウントパーツが付属。

その他、イフリート改用の余剰パーツが付属します。パーツが足りないのでイフリート改として組むことはできません。

ヒート・サーベル。HGUCイフリート改に付属していたものと同じです。鍔の部分が左右挟み込みタイプなので合わせ目ができます。そして帯刀時のヒート・サーベル刃を取り付けて。こちらもなかなか味のある仕様。

ショットガン。プレバンホームページでは新規造形と記載されていますが、HGUCケンプファーに付属するものと同じなようです。ガンダムシリーズではあまり見ない武装なので新鮮。本体部分は左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができ、銃口が別パーツです。

ストックはロング形態のものに交換可能。お好みでチョイスできます。

ショットガンはリアアーマーにマウント可能。それほどしっかりと固定されるわけではないので、ロング形態だと少し不安定さがあります。

グリップにダボがなく、手のひらと固定はできませんが、ショットガンは普通に挟み込むだけで問題なく保持できました。ただし武器用ハンドパーツは手首が少し緩いので抜けやすく、比較的分解しやすいです。(個体差があるかもです。)

ヒート・サーベルはハンドパーツに挟み込んでしっかりと保持が可能です。

以上です。原点の機体ということで、これまでのイフリートの中では比較的軽装でシンプルですが、特徴的なショットガンや帯刀時のヒート・サーベル刃が付属するのは、他の機体とのポージングの違いが出せる部分だと思います。

武器類もシンプルなものばかりなのでポージングも楽ですし、先に発売されたピクシーとのバトルシーンはぜひ演出したいところです。イフリート系は種類が増え、どれもそれぞれの良さがあるので、各種を比較して違いを楽しむのもいいのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でHGUCイフリートを探す
⇒駿河屋でHGUCイフリートを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUCイフリートを探す

4 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2018年7月16日 at 01:46 - 返信

    ショットガンと手首は恐らくケンプファーの流用ですね。
    ガンプラの山を崩せさんでも銃持ち手首が緩いと書いてあり、当方は本機は購入してませんが、シュナイドにショットガンを持たせるためケンプファーの手首をはめてみたところユルユルでしたので……

    • nori

      on 2018年7月16日 at 05:48 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ご指摘感謝ですm(_ _)m
      確かにショットガンなどはケンプファーからの流用ですね。
      プレバンホームページには新規造形と記載されていますが、「うそやん・・・・」と思ってしまいました。^_^;
      記事もちょこっと修正を加えておきたいと思います^^

  2. 匿名

    on 2018年7月16日 at 06:11 - 返信

    レビューお疲れ様です。ポーズがめちゃくちゃカッコいいです。本家の宣材写真より素晴らしいと思います

    • nori

      on 2018年7月20日 at 22:35 - 返信

      コメントありがとうございます!
      お褒めいただきありがとうございますm(_ _)m
      ポージングはいろいろと試してみてはいるんですけど、結構難しいですね^_^;
      今後も研究しつつよりカッコいいポージングにできたらと思いますので、楽しみながらご覧いただけると嬉しいです^_^

コメントを残す