HGUC アッガイのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 MSM-04 アッガイのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は右腕と爪を伸ばすアッガイの姿が掲載。背景はジャブローに潜入し、内部基地を攻撃するアッガイの姿が掲載されています。のちの作品に登場するベアッガイなどの影響か、かわいい印象が強い気がしますが、ファーストや第08MS小隊では強靭なMSとして登場しています。

パッケージサイズは一般的なHGよりも横幅と高さが1cm程度大きめ。頭部や胴体部、四肢など各部が肉厚な形状をしているので、その分大柄なパーツが多くなっている感じですね。

横絵は片面に素立ちアッガイの前後写真とアッガイの機体解説、反対面にはアッガイのギミックが掲載されています。内部フレームの紹介や第08MS小隊仕様の付属パーツなど、ギミック数はそれなり。

開封。

全部で3袋分のランナーです。

説明書表紙はHGUC定番のフォーマットで、黒背景にアッガイの全身画像とスペックが記載されたものになります。この画像、塗装済み・・・?っぽくないですね。個人的にアッガイはタコだと思っていましたが、身内には『モグラみたい・・・』と言われました。言われてみると確かに・・・;

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。胴体内部こそ空洞ですが、頭部や四肢は内部フレームまで造形されるなど、なかなか凝った作りになっていると思います。開発者の熱意を感じるくらいですね。さらに内部フレームの影響か、アッガイを手に掴むとずっしりとした重さがありますし、他キットとはちょっとした違いを感じました。

カラーガイドはレッドブラウンやウッドブラウン、グレー系などかなり地味めのカラーリング。色種も少なく済みそうですし、合わせ目は胴体部周りくらいなので、塗装して仕上げるにも良さそうです。ほとんどパーツによる色分けでマスキングも必要なさそうなのでラクですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。グレー、ブルーグレー、ダークグレー、クリアーのイロプラランナーで、頭部や腕部、バックパックなどの内外パーツ類。

↑Bランナー。レッドブラウン成型色で、頭部や胴体部、腕部、脚部など各部の外装パーツ類。

↑Cランナー。ウッドブラウン成型色で、胴体部や四肢の付け根、ソール部パーツなど。

↑Dランナー。グレー成型色で、胴体部や四肢関節、内部パーツ類。

↑ポリキャップ(PC-123プラス)、ホイルシールです。

以上です。昔小さい頃、父と一緒にアッガイを組んだ記憶がありますが、その時のアッガイは黄色い接着剤で表面がベタベタになったのを覚えています。コックピットの開閉(正確には開いて固定)があったのを記憶してますね。

おそらく四肢もモナカ割の1/144アッガイだったのだと思いますが、今では懐かしい思い出となっています。親と一緒にガンプラを組むというのは子供にとっても思い出深いものになる場合があるので、この自粛のなか、親子でガンプラを楽しむなど思い出づくりをしてみるのもいいのではないでしょうか。

⇒楽天でHGUC アッガイを探す
⇒駿河屋でHGUC アッガイを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC アッガイを探す

コメントを残す