HGBF 忍パルスガンダム レビュー

今回は、HGBF 1/144 忍パルスガンダム のレビューをご紹介します!

HGBF 1/144 忍パルスガンダムは、『ガンダムビルドファイターズ』新プロジェクトに登場するガンプラ『忍パルスガンダム』の1/144スケールモデルキットです。HGフォースインパルスガンダムをベースに、全身を覆うマントのようなバックパックを装備。名前の通り、忍者のようなディテールの異彩を放つ特徴的なキットです。価格は2,160円(税込み)。

全身がブラウンで色分けされ、ところどころゴールドで構成することで、忍者のような印象がより高められています。適度にクリアーパーツが使用されているので、上品さも併せ持つキットになっています。

ベースはHGフォースインパルスガンダムですが、大型の特徴的なバックパックを装備し、別物感を漂わせています。

バックパックが大柄でボリュームがあるため、自立はかなり難しいです。少し前側に倒し気味にしておくとなんとか自立させておくことができました。

バックパックを取り外した状態。関節強度はなかなか高めで、細身ながらも自立は安定しています。ポリキャップはおなじみのPC-002。肩部と首部関節にはPS(スチロール樹脂)パーツが使用されていますが、股関節や足首などには通常通りポリキャップが使用されています。

頭部。兜のようなアンテナを装備。顎もゴールドパーツで再現され、かなり特徴的な印象があります。

頭部は左右挟み込みタイプなので真ん中に合わせ目が出来ます。後方に伸びた形状も特徴的。ゴールドのアンテナを外すとシールを貼り付けた状態が露出します。

バストアップ。胸部中央なクリアーパーツで再現され、エアインテーク周りもゴールドパーツで再現。インパルスガンダムの面影は特徴的な胸部バルカンくらいです。

腰部。シンプルながらも特徴的なフロントアーマーと、インパルスガンダムと同じサイドアーマーが組み合わさった形になっています。

腕部。前腕パーツは新規形状で、付属の幻影胡蝶剣をマウントできるパーツが露出しています。手甲パーツも三角形で特徴的。前腕パーツは左右挟み込みですが前面の合わせ目は目立ちません。後方へは縦中央に合わせ目ができます。

前腕側面には武器類をマウントできそうなダボ穴がありますが、こちらに装備できる武器は付属していません。

ショルダーアーマーもベースはインパルスガンダムですが、ゴールドパーツがついているので違って見えます。

脚部。ほぼインパルスガンダムと同じ。ですがアンクルガードが違っていたり、色も違うので印象が違って見えます。膝にはグリーンのシールを貼るようになっています。

アンクルガードもふくらはぎ部分も左右挟み込みなので、脚部後方やアンクルガード中央には合わせ目ができます。

後部スラスター内部にはスリットが入っています。

足首から下の部分もインパルスガンダムと同じ。色違いなので新鮮です。足裏には適度なモールドと肉抜き穴があります。

バックパックを外した状態の後部。リアアーマーも新規形状で忍者っぽさがあります。

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。サイズは陸戦型ジムと同じですが、角が大きいこともあって、少し大きめのルプスレクスと比較してもあまり差がない感じです。

首の可動はまずまず。顎引きは少しですが、ある程度の見上げるポーズは可能です。

首周りに干渉物がないので左右へもしっかりと可動します。

肩部がスッキリとしていて、ショルダーアーマーも軽装なのでかなり腕部を上げることが出来ます。

肩の付け根パーツが上下に可動するようになっているので、肩部の前後へのスイングは今ひとつと言った感じ。

肘はよく曲がります。

腰やお腹周りの可動箇所がないので、前かがみや胸張りといったポージングは難しい状態。

フロントアーマーなどが干渉するので、腰の回転も少しになっています。

腰部アーマー類の裏にモールドはありません。シンプルなものです。

ランナーレスのクリアースタンドが付属。股関節の穴にマウントさせます。

スタンドにマウント。安定しています。

フロントアーマーが上部にまでしっかりと可動するので、前側にはしっかりと脚部を展開させることができます。肘は細身ですがそこそこの可動域に落ち着いています。

足首の可動は、甲を伸ばすポーズは柔軟性がありますが、かかとを上げた状態はあまり出来ないようになっています。

インパルスガンダムの名残があって、脚の甲はしっかりと折りたたむことが出来ます。

アンクルガードも甲の可動に合わせて広く可動します。

サイドアーマーが干渉するので、開脚はこの程度。これ以上あげるとサイドアーマーが外れてしまいます。

アンクルガードが大きめなので、足首から下の左右への可動はかなり制限されます。

内股は45度程度、がに股は水平にまで可動。

もともと変形機構を持ったインパルスガンダムベースなので、膝の可動は柔軟。立膝も美しく決まります。

バックパックは背中にマウントパーツを取り付けて設置します。

バックパックには大型の翼が4枚、小型の翼が4枚の合計8枚で構成されています。大型の翼は一部クリアーパーツで再現されていて、どの翼にも細かくモールドが入っています。

内側にも適度にモールドがはいっていますが、シンプルなフレームっぽいディテールにしてあります。どの翼も付け根はボールジョイントになっているので、可動にある程度の柔軟性があります。

バックパックは付属のクリアーパーツによってスタンドにマウントさせます。

マウント用のクリアーパーツの穴が少し広いので、スタンドにマウントさせるとクルッと回転してしまうこともあるので注意です。

大小で交互に組み合わさっている翼は、ダボとダボ穴によって連結させることができます。翼の展開時は、各翼が干渉します。翼は固めのパーツになっているのでそれほど破損はないと思いますが、アーム類を破損させないよう注意が必要です。

翼を全て連結させることで天空十字剣に変形します。ダボがしっかりと固定されるので、バラけることはありません。安定してポージングできます。

リング状の中央パーツから、それぞれのマウントパーツを介して翼が組み合わさっています。

大型の翼2枚にはビーム・サーベル柄をマウント可能です。このビーム・サーベル柄用のサーベル刃は付属していません。

このビーム・サーベル柄は顎のゴールドパーツを下げて口元にマウントさせることができ、巻物をくわえているような表現をさせることができます。

天空十字剣にさせた状態でも、付属のマウントパーツでスタンドにディスプレイ可能です。

スタンドのアームの角度を変えることで、ディフェンスシールドのような表現も可能になります。

バックパックは頭部を外して向きを変え、首からバックパックにマウントさせることでマントを装備しているようなスタイルにすることができます。

バックパックをキット本体に装備した状態。他のキットにはない特徴的な形態が楽しめます。

バックパック通常装備状態。この状態でスタンドにディスプレイしても安定しています。

幻影胡蝶剣☓2、剛力圧塵(パワーアックス)、剛力圧塵用クリアーパーツが付属。

HGフォースインパルスガンダム用の余剰パーツも幾つか付属します。ビームライフルはまるごと付属しています。

幻影胡蝶剣(げんえいこちょうけん)。全体がクリアーパーツで出来ています。

幻影胡蝶剣は前腕にマウント可能。展開時に特に他の箇所との干渉はありませんが、画像のように収納しているとバックパックと干渉することがあるので、折れないよう注意が必要です。

幻影胡蝶剣を展開させてトンファーのように楽しめます。

剛力圧塵(パワーアックス)。ゴールドパーツとの色分けがされていて、モールドも細かく入っています。

グリップ部分は折りたたむことができ、リアアーマーにマウント可能です。前腕側面にあるダボ穴には残念ながらマウントできませんでした。

手甲パーツを外して挟み込んで保持させます。しっかりと隙間なくマウントするので保持も安定しています。

剛力圧塵(パワーアックス)には付属のクリアーパーツをマウント可能。槍のようなディテールが楽しめます。

説明書にも記載がありますが、このクリアーパーツは素材の特性上、軽く曲げることができます。あまり曲げすぎると白化したり折れたりすることもあるので注意が必要です。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。全体的にHGフォースインパルスガンダムがベースになっていますが、特徴的なバックパックを換装可能であり、頭部の兜型、武器類、そして色が全く違うこともあってかなり別物感を感じます。ほとんど面影はないですね。

欲を言えばバックパックにもっと表現が欲しかったですが、バックパックをマントのように装備できたり、大型の天空手裏剣に変形したりと、これまでの羽根モノとはまた違ったディテールが楽しめるのも魅力的。

懐かしいところでは、機動戦士ガンダムF91に登場するキット化されていないラフレシアを感じさせるところもありますし、なかなか遊び心をくすぐるガンプラになっていました。

⇒楽天でHGBF 忍パルスガンダムを探す
⇒駿河屋でHGBF 忍パルスガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF 忍パルスガンダムを探す


コメントを残す