HGBF ヴァイスシナンジュの塗装レシピと写真レビュー

今回は、HGBF ヴァイスシナンジュの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

HGBF ヴァイスシナンジュが完成しましたので、塗装レシピと改修・塗装後の写真レビューをご紹介していきます。今回製作したHGBF ヴァイスシナンジュは、各部に細かく手を加え、HGとしてはやや物足りなさを感じる部分を補うように改修してみました。

一見すると普通に塗装のみで仕上げたのとあまり違いはないように見えるかもしれませんが、バーニアや腕部・脚部のアポジをメタルパーツに変更したり、腰部アーマー類の裏打ちパーツを造形したりしています。

塗装に関してはエングレービングの塗り分けや脚部や肩部アーマー、シールド、バックパックスラスターアーマーなどの内側を塗り分けたりして変化を加えています。それではまず塗装後と塗装前の画像からどうぞ。

■改修・塗装後(アフター)

■改修・塗装前(ビフォー)

素組みの場合、エングレービングはシールでの色分けで、ダクト類はクリアーピンクの成形色になっています。このあたりを塗り分けるだけでもだいぶ印象が違ってくるかと思い、今回はそれらに下地シルバー、表面にクリアーレッドを吹いてメタリックレッドに塗装し、少し弱めのつや消しを吹いて派手さが出ないように仕上げてみました。

それでは少し参考画像を御覧頂いてから塗装レシピをご紹介します。画像をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。

モノアイをGEMドームのオーロラを使用し、七色に輝くようにしています。頭部はアンテナの先端を削ってシャープ化し、バルカンは1.5mmのガンマズルに変更しています。アンテナは両端を削ってもう少し薄くしても良かったかも。

胸部や腰部など、各部のエングレービングはメタリックレッド塗装後、エナメルのフラットブラックを吹いて溶剤で落とし、エングレービング模様を塗り分けています。腰部動力パイプはマスキングして塗り分けました。

腰部ダクト類もメタリックレッドで塗装。ダクト内部はエナメルのジャーマングレイで塗り分けています。サイドアーマーのバーニアはメタルパーツに変更しました。

サイドアーマーやフロントアーマー裏は脚部が干渉しないように造形しています。

前腕の合わせ目は後ハメ加工して消しています。ショルダーアーマーは内側を塗り分け、プラ板で裏面をディテールアップ。側面のトゲは先端にプラ板を貼り付けてシャープ化しています。

脚部側面のアーマーは裏面をパテやプラ板で造形し、内側をグレーに塗り分けています。バーニアや膝、側面のアポジはメタルパーツに変更。膝裏のシャフトにはハセガワのチタンフィニッシュシートを貼り付けてディテールアップしています。

バックパック。プロペラントタンクは合わせ目を消してダクト部分を塗り分けています。スラスター内部にはメタルパーツのパワーパイプやSTDバーニアを使用し、メタリックブルーに塗り分けました。

白いシナンジュは違った雰囲気がありますし、純白なので清潔感が感じられていいですね。

それではHGBF ヴァイスシナンジュの塗装レシピです。

■HGBF ヴァイスシナンジュの塗装レシピ

○白色部分:(下地:ホワイトサフ)フラットホワイト(ガイアカラー)
アイアン部分(下地:サフ)フレームメタリック1(ガイアカラー)
グレー部分(外装裏面や内部パーツなど)(下地:サフ)ガンメタル+ジャーマングレー+ホワイト(ガイアカラー)などを適当に。
ダークブルー部分(下地:サフ)マーズダークブルー(ガイアカラー)
メタリックレッド部分(下地:サフの上から艶ありブラック)スターブライトシルバーの上からクリアーレッド98%+クリアーブルー2%くらい(ガイアカラー)
○細かい塗装ジャーマングレイ(タミヤエナメル)
○スミ入れコピックモデラーブラック、タミヤすみ入れ塗料ダークブラウン、タミヤすみ入れ塗料ブラック
○コーティング:Ex-04 Ex-フラットクリアー(ガイアカラー)(エングレービング部分やグレー部分に使用)Mr.スーパークリアーつや消し(Mr.カラー)(※その他の外装パーツ類に使用)

前回製作したMGジャスティスガンダムに比べると、ずいぶんさっぱりとした塗装レシピですね。調色をせずに塗料そのままの色を使ったりしているので塗装としてはラクかも。ですが元がHGシナンジュなので、マスキングやエングレービングの塗り分けなど、手間や細かい作業はどうしても必要です。

それでは引き続きHGBF ヴァイスシナンジュの塗装済み画像をどうぞ。

モーントシュヴェールトのサーベル部。先端にプラ板を貼ってシャープ化し、刃の部分をアイアン色に塗り分けています。グリップの丸モールドにはメタルパーツを埋め込んでいます。

モーントシュヴェールトのシールド部。こちらも各部の先端にプラ板を貼ってシャープ化。シールド裏面は肉抜き穴をごっそりパテで埋めてしまいました。

サーベルとシールドに分離させたフォルモーントフォーム(満月)形態で保持。

サーベル部とシールド部を連結させてモーントシュヴェールトに。

サーベルとシールドを分割させてハルプモントフォーム(半月)形態に。

余剰で付属しているビームライフル。シールドにマウントできるグレネードランチャーを装備しています。左右挟み込みタイプなので合わせ目は消しておきました。

センサー部分はGEMドームオーロラとSPプレート、ウェーブのHアイズ ピンクを接着してディテールアップしています。

シールドは裏面とエングレービング部分を塗り分けています。

それではおなじみのPC版・スマホ版壁紙をご用意しましたので、気に入っていただければ壁紙をダウンロードしてみてくださいね。スマホのみ、2タイプ用意してみました。ダウンロード方法:(①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存

■壁紙(PC版)

1920×1200サイズ

1920×1080サイズ 1600×1200サイズ

■壁紙(スマホ版)

750×1334サイズ

 

640×1138サイズ  

PC用1920×1200サイズとスマホ用750×1334サイズのみ並べています。その他のサイズをご希望の場合は、リンク先をクリックして画像を表示し、上記記載の手順と同じようにしてダウンロードをお願いします。

以上です。やっぱりシナンジュの造形は見事ですね!ドキッとするくらいの造形美で、かなりの秀逸さを感じさせてくれます。 RGのシナンジュも各部が細かく展開したりグロスインジェクションだったりで違った良さはありますけど、全体的な見栄えの良さやポージング時の安定性はHGの方が高いのかな~と思います。

ヴァイスシナンジュ専用の武器であるモーントシュヴェールトは、やっぱりシナンジュとのデザインの相性が今ひとつのような気もしますが、先端をシャープ化したことで少し攻撃性が増した感じになったのでまずまずよかったかと。武器に関してはどうしてもビームライフルやシナンジュ用のシールドの方がデザイン的な相性はいいですね。

HGということで改修や塗装には多少手間がかかりますけど、この造形はやはり作る価値のあるものですし、白い外装とメタリックレッドのエングレービングが赤いシナンジュとは違った印象を感じさせるので、ぜひHGBFヴァイスシナンジュを製作して良さを感じてみてくださいね。

icon

⇒楽天でHGBF ヴァイスシナンジュを探す
⇒駿河屋でHGBF ヴァイスシナンジュを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF ヴァイスシナンジュを探す

コメントを残す